ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

小平・達布・その1

ワタクシたちは大抵、前日の夜、トートツに採取の予定をたてます。

7月某日
「さて、明日はどこに行きますか(+∀+)?」
「ん〜...○○や○○は行ったし〜、○○は人が入りすぎてるだろうし..」
「じゃあ、新地開拓ということで、行った事がない所にしますか?」
「じゃあ〜....羽幌!白アンモあるんでしょ?」
「あー、んー、ちょっと、それ遠いな〜(+∀+;)ん〜ん〜...小平でどうです?」
「採れるなら、ドコでもイイよ」
「では、小平ということで...。少し遠いから早く寝ましょうね」

ワタクシの住んでいる町からは、三笠・夕張が行きやすく
小平は憧れつつも、なかなか足を運べないでいました。
第一、三笠や夕張だって、行っていないところが沢山です。
けれど、4年目を迎え、昨年あたりから少しずつ遠出するのにも馴れてきました。
小平は昨秋の初山別の帰りに通った事もあり、とうとう小平行きをケッコー(+∀+)!
いつもより、少々移動時間がかかるだけなのですが
朝の苦手なワタクシたちは移動時間が長いと、ちと困るのでした。

Ryoはさっさとお布団に...ワタクシは下調べやプリントで遅くまでかかってしまいました。
結局、気持ちだけは焦りつつも、いつもとあまり変わらない朝の時間を過ごし、
化石採りの人間にはあり得ない時間に出発。一路ニーナナゴーを北上します。
方向音痴のワタクシでも迷わないニーナナGo!Go!(+∀+)!

「今日、行くところは...スカフィテスがでますよ〜!いつもと時代が違うので
きっと知らないのも出ますよ。あ...でも、有名なところだから、沢山人が入っていると
思うので、そこんところ...御了承下さい(+∀+;)」
「コザコザ系あればイーよ」
「きっとベテランの方は、あまりコザコザ割らないので、大丈夫だと思いますよ...
(そーなのか?そもそも化石あるのか?ドキドキ(+∀+;)」

沼田ダムの横を抜け...山をくねくねと越え...久しぶりの小平に到着。
山頂付近にガーッと岩が露な天狗山が左手に見え、冒険気分を盛り上げてくれます。
小平蘂湖にかかる長い滝見大橋を渡って目的地へ向かいます。
超・有名な川、なにかと記念している川です(+∀+)。
あぁ、ココに本当に採集に来てしまった...。博物館のラベルや本でしか知らない産地...。
ドシロートは、もうそれだけて感慨無量です。

幸い入口にゲートは無く、比較的奇麗な林道が続いています。
しばらくは道から川までが遠く様子が窺えませんでしたが、急に視界が開けました。
工事現場でした。この冬は大雪だったので林道が崩壊したらしく大々的に補修工事が行われていました。
今回は下見でもありますので、降りやすそうな、この場所から下流へと向います。
降りてすぐ、泥岩層に大きなノジュールが"入っていた"のがわかりました。
なぜなら〜...すでに先行者がボカンボカンと割りまくっていたからです。
例によって、片っ端からカチ割りまくっています。
まぁ、ワタクシたちが一番乗りをしたのは、春の上桂橋の露頭の時だけですので、
あまりショックは受けません。ましてや有名産地です。
割跡を観察すると、あまり出ていない様です。
手頃サイズはそのままお持ち帰りかもしれませんので
一概に言えませんが、巨大ノジュールからは出ていない様でした。
「今回も、コザコザ狙いかハイエナですね(笑)」
e0290546_4213915.jpg

暑い日でしたが、歩きやすく気持ちの良い川です。
すぐに小さめのノジュールを幾つか見つけパンパンすると、ちびアンモが覗きます。
大物は期待出来ませんが、ワタクシたちを満足させるくらいは出そうです。
次々と割ってゆきます。パン!パン!!....ワタクシが今まで見た事のない異常巻きが出て来ました。
螺旋になってる...もしかしてユーボさんとかおっしゃる方?
くぅ〜、短いけどウレシイ〜(+∀+;)!!これは幸先良いですよ。
e0290546_4224011.jpg

しばらくして、Ryoがワタクシに割ったノジュールを差し出しました。
今回の目的とも言えるアンモでした。
e0290546_4231095.jpg

「おぉーーー(+∀+;)!!やったじゃないですか!スカフィテスです!」
「すかひてす」
「ス・カ・フィ・テ・ス」
「...すかひてす」
「...(+∀+;)...まぁ、いいです...。はやくも初めてのスカフィテスをゲットですね!!」
何となく冷遇されている気もしますが、ワタクシはスカフィテスのカワイイ形がお気に入りで
いつも図鑑でイイな〜...と思っていたのでした。

「ねー、コレ...」またRyoが何かを見つけて来ました。
「あれ...これサンゴ(+∀+)?」
「だよねー!イッパイ入ってるよ」

ドシロートは何でもウレシイ。ましてや全方位型採集しているワタクシたちは何でもウレシイ。
e0290546_4242834.jpg

e0290546_4234884.jpg

e0290546_424256.jpg

「巻貝もでましたよ」
「やや、知らない異常巻きが出た〜!」
「コレも、すかひてすかな?」
「伸びてるトコが無いとわからないもんですね...」

ふたり、ホクホクと川を下り、これ以上進めないところまで来てしまいました。

初めての産地で初めての化石。今後の期待も膨らみ、ワタクシたちにとって良い一日でした。
Ryoもすっかり気に入った様子で、またココに来ようと嬉しそうです。
e0290546_4245178.jpg

スタート地点まで戻り、上流の方も少し見てから帰る事にしました。
こちらは、同じ泥岩層が続いている様ですが、ぐっと化石が減ってしまいました。
そして、それまでなかった巨大な岩がゴロゴロあります。
それでも、相変わらず先行者の割跡は眼につきます。
大分歩いたのですが、下流ほど採れないと判断し戻る事にしました。
帰るとなると、ますますキョロキョロと熱心に探してしまいます。

泥岩層をジロジロ見ていたワタクシ...
「あ....(+∀+;)こ、コレ....アンモ....たぶん...アンモの背中!!」
「どれ...?」
「コレコレ、白いところ」
靴底で水苔を落とします。状態は悪い様ですが縫合線が浮き出ました。
「ね!?アンモでしょ?これ、かなり大きいですよ...この丸さの延長なら
50cmくらい?どうします?持てるかな?状態悪いのでドコまであるかわからないけど、
とりあえず掘ってみますね。Ryoさんは、採取済みを一度車に置いて、新聞紙を沢山持って来て下さい....」
e0290546_4262461.jpg

勢い良く掘り始めましたが作業は全くはかどりません。道具はチゼルハンマーと大きめのチスだけ。
ひび割れてアンモは何分割かになっているようで、各パーツがグラグラと不安定に動きます。
さらに悪い事に、アンモの埋まっている高さが川の水位より低く水が入って来ます。
流れが速ければ、穴の中の濁った水や泥を流してくれるのでしょうが、
マターとした流れは、ただただ作業を邪魔するばかりです。
e0290546_426572.jpg

手で水をザブザブ掻き出しては、一瞬見えた底の様子を眼に焼き付け、手探りで掘り進めます。
全身ずぶ濡れ泥だらけです。
予想通り、状態はあまり良くなく大きさの割に端は潰れて極端に薄く、殻の境も不明瞭に見えます。
2時間近くかかりましたが、結局、丸ごと取り出すのは難しく
バラバラにして運ぶ事に。最下部は完全に泥水の中、今、崩してしまうより
いつか渇水の時に来たら回収しようという事になりました。
e0290546_4271315.jpg

破片をふたりで分け、リュックに詰め込みます。背負うと...ミシッ!!ミリミリミリミリ...!!!
リュックが危なっかしい音を立てます。重い...重すぎる...(+∀+;)!!
ふたり、膝に手をつきながらヨロヨロと歩きます。
Ryoは重過ぎて護岸を上がってくる事が出来ないほどでした。

「どすん!!」
車体が沈みますが、心はウキウキです。
「今日は良い日であった...」
「ホントですね(+∀+)...目的のアンモも採れた上、でっかいオマケまで...」
「今日は...もう帰りましょう...」
e0290546_427266.jpg

車もヨロヨロとお尻を降りながら走ります。帰りの会話はいつも以上に弾みました。

帰ってからキッチンに運ぶのも洗うのも、一苦労でした。
デカアンモさん、50cmで、55kg。重いはずです(+∀+;)。
あまりに状態は悪いですが、短いワタクシたちの化石人生で初の大物です。
これまで「おーきなアンモを見つけちゃったらどうする?」は、あくまで笑い話であって、
本当に採取するなんて思いもしませんでした。

上桂橋の20kgに続いて、55kg今年は大物づいているかも(+∀+)。。。

中はキレイなマルッとしたのが入っていたので、コレを残したい気もするし...。
やっぱりデカイのがどーん...がイイ気もするし...。とりあえず、一体化してみる事に。
只今、接着作業中で〜す。
e0290546_4284392.jpg

e0290546_427529.jpg


サンゴ
e0290546_4283177.jpg

巻貝
e0290546_429281.jpg


コレを機に、ワタクシ背負子とツルハンマーを注文しました...。
[PR]
by motoronron | 2012-08-12 23:58 | 小平 | Comments(6)
Commented by apogon2 at 2012-08-13 10:10 x
巡検記、楽しく読まさせて貰いました^^。
デカアンモ、凄いですね~。一部残してこられたのことですが、それが揃うと本当に立派なアンモになりますね。サンゴ、巻貝も美しい!こういう標本は貴重ですね。

Commented by ZX9-R at 2012-08-13 20:46 x
初めまして、ZX9-Rです。よろしくお願いいたします。憧れの産地に行かれたのですね。その気持ちよ~くわかります。〇〇産というラベルだけで、3杯飯が食えそうです(笑) 異常巻の欠片もいいですね。欠片分野では私も負けませんよ~。最後のデカアンモは凄いですね。付近の採集品を見るとチューロニアンの化け物のようです。どんな仕上がりなるか楽しみですが、お家の床は大切にしてください。私が同じ事をしたら、確実に妻に殺されます!(爆)
Commented by motoronron at 2012-08-14 00:42
apogon2さん、まいどあり〜です〜(+∀+)!! 残して来てしまったのは心残りなのですが、どうしても採れませんでした...(涙)第三紀では貝類が多いですが、白亜紀となると急に少なくなってしまう気がします。だから、たまにでると嬉しい〜です(+∀+)。
Commented by motoronron at 2012-08-14 00:47
ZX9-Rさん、いらっしゃいませ〜(+∀+)!!
先ほどは、たいそう驚かせて頂きました。チューロニアン...イイ響きです...。コレまで一度も採取していない時代でした。チューロニアン...イイデス(+∀+)お家の床(笑)たしかにそうですよね〜。でも、うちではRyoさんの方がヒドイと思います。いきなり床に正座してミニハンマーでカチコン始めます。あたりに飛び散る石の破片。衝動を押さえられない様です。。。カキコミありがとうございました。今後ともよろしくおねがいもうしあげます〜。
Commented by アルビアン at 2012-08-14 08:59 x
こんにちは、昨日は焼肉で飲みすぎましたー、まー頑張って沢山採集されてますね、大型のは、パキデスモセラスですかね、素晴らしいです。アポライズや珊瑚も良いですねー大好きな、スカフィも採集できましたし、フィールドで学べば、まだまだ楽しむが増えますね(^○^)
Commented by もとろん at 2012-08-14 19:09 x
アルビアンさん、いつもコメントをおありがとうございます〜(+∀+)!!楽しそうなパーティーでしたね〜。パキデスモセラス・パキディスコイデという子でしょうか(わからない〜...)おかげさまで、すっかり小平が気に入ってしまいました(笑)。