ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

当別・青山・さよなら...当別川

2012年 7月上旬

望来の家庭菜園で、ラディッシュやわさび菜などの初収穫をした後、
久しぶりに当別川へ行く事になりました。
長い間増水していた様ですが、さすがにもう良いでしょう。
厚田から道々11号線で山を越え、当別・青山へと抜けます。

「久しぶりだから、楽しみだね~!!」
「最後に行ったのが...去年の9月末でしたから...9ヶ月ぶりですよ!?」
「こんなに来なかったのって初めてだね」
「最近はどんどん行く所も増えてますしね」
「どんなんなってるか、すっごい楽しみ!!」
Ryoはチャプチャプとペットボトルを振りました。

当別川は望来の崖同様、ワタクシたちが化石採集を始めた頃から親しんでいる産地です。
開放的で気持ちが良く、数も採れます、そして、たまに「おや?」という化石が産出します。
いつだってRyoはどちらかに行きたいと言うのでした。

道々28号線にぶつかり、右折して当別町方面へ向かいます。
目印の橋が見えて来ました。長く、橋の付替え工事中でしたが、すっかり完成した様です。
橋のたもとの横に採取地へと続く林道があり、3km程下流の川岸にシルト層が露出しています。
この奥でもダムに伴う林道の付け替え工事が大々的に行われ
立派なアスファルトの道やピカピカの橋が次々と完成し、誰にも使われず落ち葉に埋もれています。
前回は、重機などの保安からか、かなり手前に大きなゲートが出来てしまい、随分歩いたのです。
お気に入りのポイントに行く為には、この林道を通り川の側までいくか、
道々から土手と野原を延々と歩き、ウェーダーに履き替えて川を渡るかのどちらかです。
しかし、当別川は水量が多く、渇水時でも腰程の深さがあり、渡れるのは限られた時だけです。
この日は休日とあって作業はしていない様ですが、ライトを点け静かに車を進めます。
所々、鋼板が敷き詰められ、轍の跡から未だに頻繁に重機が行き来しているのが窺えました。
「これはゲートはまだありそうですね...。」
「じゃ、結構歩かなきゃダメなんだ」
「まぁ、行けないよりはマシです。でも、段々と面倒な状態になって来ましたね」
「あそこは大好きだから、無くなっちゃうとイヤだな~...」
「本当ですね...あんなに採れる場所はないですもんね...」
「ね〜?川から離れていってるよ」
「あれ?ホントだ...。それに、どんどん高くなっている様な??」
新しい作業道が出来ていたのです。慌てて戻ります。
あろうことか、旧道は土が盛られた上、単管パイプで封鎖されていました。
奥の方は草も伸び始め廃道になりかけています。
e0290546_213267.jpg
「これは...さすがに無理です」
「別に開けておいてくれてもい~のにね!!」
「また、最初の頃の様に川を渡らなきゃいけませんね」
「あ~あ、当別川がどんどんダメになるな~」

仕方が無いので「白い橋のトコ」へ行く事にしました。
道々を青山貯水池方面へと戻ります。左手に目印の看板が現れ、植林した苗木が並ぶのが見えます。
しばらく進むと立派なトイレと休息所があり、続いてナゾの施設が...。
「ん....(+∀+;)??」
「どしたの?」
「目印が無い様な...?」
「あれ?なんだか道も変だよ?」
「もしかして...これは新しい道ですか?」
Uターンし、草むらの奥に平行して走る旧道を見つけました。
幸い林道は封鎖されてはいませんでしたが、しばらく来ないうちに随分と鬱蒼としてしまいました。
今年は草刈りもしなかった様で、草が深く路面の把握が出来ない程です。
3mはあろうかという背の高い草の中を車は左右に揺れながら潜水艦の様にソロソロ進みます。
時折、小枝が車に爪を立てキィキィいわせ、足裏にはザワザワと
車の底を草が撫でている感触が伝わって来ます。
巨木の門を幾つか抜けて右へカーブすると少し視界が開け、白い橋が現れました。
橋も初めて来た頃に比べ、随分とくたびれてきています。
道と橋のつなぎ部分には段差が出来始め、いずれ自分たちで工事をしなければ渡れなくなりそうです。
橋の上には、泥や落ち葉が厚く堆積し、水たまりが出来、草も生えています。
川を覗くと、やや水が多く川岸はすこし狭い様ですが、歩けない事はありません。

いつもの場所に駐車し、橋の下にハチの巣がないか注意しながら降りて行きます。
「うわ~...毎度ながら、ココは滑りますね。ワタクシの長靴滑るんですよね~」
「アタシはスパイクついてるから平気」
相変わらず、Ryoはスタスタと先に行ってしまいます。
その後ろをワタクシはアワアワとバランスを崩しながら付いて行きます。
e0290546_21321165.jpg
川全体を眺めてみると、数年のうちにやはり侵蝕は進んでいる様です。
見慣れていたはずの巨大ノジュールはいつのまにか姿を消し、
シュロの様に頭に草を乗せて立っていた古い橋桁は、
どの辺りに立っていたかも思い出せない程キレイに無くなり、
確実に、時が過ぎているのを感じました。
e0290546_21321698.jpg
「今日はノジュール少ないね。化石入ってないのばっかだし」
「もともと、あまり沢山出る所ではないですからね...」
「また、ニコイチ・ウニみたいのでないかな〜?」
ワタクシも幾つか割ってみましたが、たしかに、いつもより少なく感じました。
採取品は二枚貝を少しだけでした。
「今日はイマイチだな~。つり橋のトコに行く?」
「そうですね..いつもの所もダメ、ここもダメとなると、あそこしかないですものね」
「大丈夫かな~...」

再び、当別方面へ向けて走ります。
月形へ抜ける道を横目に過ぎ、目印を探せないまま、知らない橋を渡りました。
「ちょちょちょちょ....!!(+∀+;)なんだかヘンです!!」
「大分、過ぎちゃったんじゃない?」
「それもそうですし、道が違います...。とりあえず、T字路まで戻りましょう」
「あ~...この道、全部新しいんだ...」
「じゃ、旧道は...?」
「あれ、じゃないかな~...?」
Ryoが指をさしたのは、随分下の方の草むらの向うでした。
旧道へは車で入る事が出来なくなっているので、歩いて行く事になりました。
いつも駐車していた場所までは500m程、なんとも遠くなってしまいました。
それに、今後、ここに簡単に来る事が出来るかすら怪しいです。
旧道はすっかり荒れてしまい、なんだか頼りなく感じ、
いつも、この道を通っていたのが信じられませんでした。
この日、最初に行こうとした産地は、前述の様に林道で直接アクセスするか、
ここから野原を突っ切り、川を渡らなければなりません。
その上、さらに500m加わってしまい、ワタクシは暗澹たる気持ちになりました。

「つり橋のトコ」と言ってはいますが、ワタクシたちが初めて訪れた2008年頃には
既に片側のケーブルが切れ、歩行面が垂直になってぶら下がっていました。
その後、橋は落ち、今は前後のアンカーが残っているだけです。
すこし土手を歩き、笹をかき分け、橋のアンカーの所からロープを伝って降りて行きます。
e0290546_21322042.jpg
降り立って直ぐ、Ryoがポカンとした顔で辺りを見回し
「....なんだか....違うね...」
と言いました。
川岸には大小の流木が散らばり、数cmの厚さで泥が堆積し、干涸び割れています。
e0290546_21403341.jpg
川縁の木々の枝先にはゴミがぶら下がり、土手の高さギリギリまで水位が上昇したのが窺えます。
長きに渡り水流に削られた泥岩層の複雑な造形は、簡素な形に変わっていました。
明るく瑞々しい川だったのに、今は荒涼とした雰囲気すら湛えています。
しばらく会わないうちに、別人の様になってしまった....。そう思いました。
e0290546_21323192.jpg

「今年は雪が多かったから、凄く増水したんでしょうかね...」
「それにしても、随分、変わっちゃったね...」
化石を探すよりも、あまりの変わり様に驚き、二人、ウロウロするばかりでした。
しばらくして、泥の溜まり方が、以前、恵岱別ダム上流で見たものと同様だと感じました。
「Ryoさん...これ、ダムが完成したからですよ。増水して激しく流れたんでしたら、こんな風に溜まることはないでしょ?」
「まだ作っている最中じゃないの?」
「最終的な完成はまだかもしれませんが、一度、試験的に水を貯めたはずなんです」
「それだけで、こんなになっちゃうの?」
「そうなんでしょうね...。当別川は流れが強いので雪融け水がある程度流してくれると良いですが...。高い位置の分厚い部分までは水が来ないかもしれませんね。そのうち草が生えたりすると、露出している泥岩層は狭まるでしょうね」
「いつものところは大丈夫かな?」
「水面からの位置が低いので、もっと酷いかもしれませんね...」

水没前に、ひとつでも多くのノジュールを救出しようと、二人で、時にはイモートさんと三人で、
暑い日も雨や雪の日も、夕暮れまで一生懸命ノジュールを集めた事を回想しながら、
下流の方へと歩いて行きました。
いくつか痕跡はありましたが、どれも採取する程の状態ではありませんでした。
100m程下流の川縁には大きなオウナガイが密集して産出する場所がありました。
望来よりも大型で保存も良く、地層に直接入っているため採取もし易かったのです。
連続する川縁の2m程の狭い範囲にのみオウナガイが産出するのでした。
Ryoのお気に入りの場所で、狭い窪地にしゃがみ込んで、顔を泥だらけにして
一生懸命掘っていました。そこも完全に消え、まったく分からなくなってしまいました。

これ以上進めない所まで行き、全体的な被害状況を確認してから、Ryoのところへ戻る途中、
泥の中に石と雰囲気の違うものが埋もれているのを見つけ掘り出しました。
枯れ草の束をタワシ代わりに、川の水で泥を洗い流すと骨特有の模様が現れました。
12cm程の摩耗したクジラの骨の一部でした。
e0290546_21322568.jpg
当別川流域でクジラの骨は珍しくはありません。
ワタクシも「新撰組副長の沢」でメートル級のノジュールに大きなクジラの骨が入って
いるのを見た事があります。しかし、この場所で見つけたのは初めてでした。
すっかり感傷的な気分になっているワタクシには、この場所が最後にくれたプレゼントに思え、
とても寂しい気持ちになってしまいました。
「Ryoさん、これ...」
「ん~...ホネだな」
「ね。ココでは珍しいでしょ?」
「初めてだね」

「あの...今日は、もう、帰りますか」
「そだね...また、今度こよう」

新しい橋を幾つか渡りました。
眼下で草に埋もれて霞む様に見える道は、いつも期待に胸を膨らませて川へ向かった道、
帰りには新発見にドキドキしながら満ち足りた気持ちで車を飛ばした道...。
二人とも自ずと言葉が少なくなりました。

完成したダムをしばらく眺め、写真も撮りました。
別段、憎しみなどは湧きませんが、ただ、やるせない気持ちでした。
当別川はワタクシたちに化石採集の楽しさの全てを教えてくれた川でした。

これで最後とは思いたくありませんが、確かに川は大きく変わってしまいました。
大きな自然の力は、どこまで回復力があるものでしょうか?
100年、200年といった遠い未来の事はわかりませんが、
ワタクシが訪れる事が出来る間に、かつての流れは甦るでしょうか?
常態的に湛水する桂沢湖や小平蘂湖の様に全く別な風景になってしまうのでしょうか?
ワタクシの鬱々とした気持ちは今だけのもので、
次回、訪れた時には、何事も無かったかの様に川が迎えてくれたら嬉しいと思います。
「さようなら」ではなく、いつまでも「やぁ、ひさしぶり、元気してた?」と言葉を交わしたいと
心の底から思っています。

ダムを過ぎてからの風景は、なんだか怖いくらいに、いつもと変わらず、
今、見て来たもの全てが悪い夢だった様に思えました。
山の向うへ重たげに沈みかけている太陽は黒みを帯びた朱色です。
夕映えに染る山々や雲や空...そしてRyoの横顔を見ながら、車を走らせました。
[PR]
by motoronron | 2012-09-30 22:09 | 当別 | Comments(27)
Commented at 2012-09-30 23:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-09-30 23:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-10-01 08:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by motoronron at 2012-10-01 08:40
ナゾナゾさん、いらっさ〜い(+∀+)!!!
すんばらしい計画を考えていらっしゃるのですね〜。
焼き物に適した土か分かりませんが...道々527を五の沢方面へ向かう途中、材木沢にかかる上当別橋を過ぎたあたり、右手に大きな採土場があります。層も各種取り揃えているので、もしかすると、使える土があるかもしれません〜(+∀+;)作業されている方もいらっしゃるので、是非、聞いてみて下さいませ〜。ココだけの話ですけど化石も出ますよん(+∀+)。
Commented by motoronron at 2012-10-01 08:41
続・ナゾナゾさん、いらっさ〜い(+∀+)!!

当別化石についてですが、小学生の頃、授業で採取した事があるという方が知り合いにいますので、知っている方はいるかもです。クジラ骨はかつて旧公民館のあたりにあった気もいたします。また、今でこそ殆ど採れませんがヒルズの東あたりは古くから超有名化石スポットでした。当別川本流はブログで書いた通り、ダム工事に伴い採取し難くなっております。支流ですと1〜4番までは確実に化石があるです。ダム工事で大物が出たとの情報もありますし、作業員の方が貝の化石を拾ったとお話されていました。
ひょうたん石は御推察の通りノジュールで一番川に限らずあります。本流にもゴロンゴロンと溜まっている所があります。運が良ければ中心から真っ白なウニや大きな巻貝の化石が出て来ます。ちなみに8月17日の記事の最初の方の写真の沢は、きっと、きこりんさんのお住まいから歩いて行ける距離です。自転車ならすぐですよん(+∀+)!!
今後、これまで、当別川で採取して来たお話を記事にいたします。どんな化石が出るのか、ほんの一端ですが興味をもたれた方の参考になればと思います〜。今後ともよろしくお願い申し上げます〜(+∀+)。
Commented by motoronron at 2012-10-01 08:55
うげろん(+∀+;)。
ログインしていて気付きませんでしたが、非公開コメントでしたか〜(汗)え〜と、手遅れかもしれませんが、お名前をナゾナゾさんにさせて頂きました。上記情報の公開に関してですが、掲載される前に、一度、間違いが無いかご自分でお調べになってからお願いいたします〜(+∀+;)正確な情報であるか自信がありません〜。もし、ワタクシのブログで間違いがあった場合、ビシバシチェック入れて下さるとウレシ〜です〜。あと、ワタクシが紹介する場所は知っている人は知っているトコだと思いますが、ナゾナゾさんのブログはめっさ沢山の方が読まれていると思います。なので、読まれた方が簡単には行けない様、本当に行きたい方だけが行ける様、ちょっとだけハードルを上げておいてくださいませ〜。多くの方が訪れると、きっと、笑っちゃうくらいゴミが増えますので〜(+∀+;)。すんばらしい計画、是非、実現させて下さいね。きっとワタクシたちも、見に行くと思います。ありがとうございました〜。
Commented at 2012-10-01 11:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-10-01 11:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-10-01 11:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-10-01 11:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-10-01 11:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-10-01 11:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by アルビアン at 2012-10-01 18:27 x
こんばんは(^○^)、何時もながら、素晴らしい内容です。当別地域は、段々、産地に限りがでてますね、寂しいです。でも、まだまだ、ありますから、大丈夫ですよね、私も近いので、よく採集に行きましたが、段々、変わりゆく、寂しさ、山々が泣いてる感じがしました、北海道は、沢山の化石産地がダムの建設で、サヨナラをしてます。太古の贈り物を、また、消し去る事、今一度、考えて欲しいですね(^_-)
Commented by ZX9-R at 2012-10-01 20:56 x
親しんだ産地が変わってしまうのを目の当たりにすると、ちょっと寂しくなりますね。私の最初に親しんだ産地も、採集は可能ですが、今では姿を変えてしまいました。やっぱり橋の下に下りるときはハチの巣を確認しますか? 自分もまったく同じなので笑えました。
今回のコメント数はもの凄いですね。私も真似して書いてみよう!
”ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
”(笑)
Commented by fossil1129 at 2012-10-01 22:02
ダムの建設、宅地開発、道路工事、擁壁工事…。
そんな理由で、化石産地がどんどん無くなっていく様子を見続けてきました。

採れるときに採ってしまうことが、化石への供養だと思っています。
Commented by apogon2 at 2012-10-02 00:07 x
夕張地区も新ダムの完成で、いままで入れた沢が入れなくなってしまいますね^^。産地が水没するというのは、我々アンモハンターにとっては寂しい限りですが、将来ダムの用が無くなり、水を貯める事を止めるかもしれません。何年後~何十年後になるかは分かりませんが、その時までアンモは待っていてくれると信じています。私たちがいなくてもきっと将来の化石マニアが採ってくれることでしょう^^。
Commented by としぷ at 2012-10-02 00:20 x
新規開拓で白亜紀の層が入っている川などが丸ごと護岸整備されているのを見ると腹立たしくなりますと共に寂しさも。
都会に隣接する地域は開発の速度が早いのでしょうね。
温故知新と言う言葉が好きです。
Commented by もとろん at 2012-10-02 10:28 x
ナゾナゾさん(+∀+)。
真剣に町の将来を、ひいては日本の事をお考えなのですね...。
熱意と情熱に敬服いたしました〜。
あ、そだ...大した事ではないのですが、誤解を与えてしまいましたので、
タイトルちょこっと直しました。ワタクシの記事のタイトルは基本的に
「町名・産地名・タイトル」という形式にしてありますので、
今回のタイトルは「さよなら...当別川」です~。
コレまでの思い、そして...いつか「復活! 当別川」の記事が書けたらという願いを込めました。当別には本流程ではないですが、他にも産地がありますから、まだまだ期待していますよ~(+∀+)。
Commented by もとろん at 2012-10-02 10:28 x
アルビアンさん、どもはろ〜ございます〜(+∀+)!!
今日はひさしびり〜のお晴れ!!お外に行きたい気分ですが、そうは行きませんよね〜(涙)。本当、化石ある所ダムと施設あり。というほどです。地盤が古い方が安定していて良いのでしょかね〜。当別は圧倒的な数が採れる場所が消えつつあるので残念です。支流はどうしても少数です。いま作っている林道が全て完成して、開放してくれるのでしたら、少しはマシかな?とも思っておりますが、どうでしょうか?
Commented by もとろん at 2012-10-02 10:28 x
ZX9-Rさん、おはろ〜ございます〜(+∀+)!!
本当に、何とも言えない悲しさと寂しさでした。帰って来てから、同じ場所の写真を見返しました。4年前、初めて行った時は、あたりに木々も生え、河床も美しいものでした。徐々に木は倒され、対岸にブルドーザーが現れ、背後にはショベルカーやダンプが行き交い...。その音にせかされる様に化石採集をしてきました。ハチの巣はよく見かけるので、そーとー気をつけてますよ〜(+∀+)。空き家で完品なら持ち帰りますが〜。
"このコメントはZX9-Rさんだけに見える非公開コメントです"
Commented by もとろん at 2012-10-02 10:29 x
fossil1129さん、まいどあぃ〜ん(+∀+)!!
やはり、長く採取を続けていらっしゃると、その様な状況を目の当たりにする事が多いのですね...。なんともカナシ〜ことです。当然、北海道よりも都会であるので、なおさらかもですね〜。イモートさんが茨城周辺で採取する際も、北海道ならば、気にしなくても良い様な事が障害となって難しい様です。
Commented by もとろん at 2012-10-02 10:29 x
apogon2さん、おはにちは〜(+∀+)!!!
夕張の新しい道路にもビツクリ峠でした!!「えっ!?何?風景が違う!!」って。あの道、めったに通らないので驚きました。白金の方が随分下になってしまいましたね〜。ダムの底になるから急がなければと言いながら、結局ワタクシたちはたどりつけなかったです〜。代わりにもっと優秀な皆様が採取して下さった事と思います〜(+∀+)...がっ!!!化石は自分で採ってナンボだと思うがですよ(+∀+;)!!!アンモたんは寝るのには慣れていると思いますが〜、文字通り叩き起こしに行くです!!
Commented by もとろん at 2012-10-02 10:30 x
としぷさん、おぱろんございます〜(+∀+)!!
まったく、超同感です〜。地質図を見て喜んで行ってみると護岸の嵐、怒濤の砂防ダム(+∀+)!!もぉズコー!!!ですよ〜(涙)あのガッカリ感ははかり知れません。よくこんな山奥にこれほどのものを作った...と感心する事もありますが、それでも、個人的にはヤメテほし〜ですね〜。最近は人工物に阻まれる可能性を考えてプランをたてる様になりました〜。それでも予想以上の数に翻弄されるのですが〜(+∀+;)。いずれ、砂防にコテンパンにやられた記事を書くです〜。
Commented by もとろん at 2012-10-02 10:47 x
この春、当別ダムはほぼ完成しました。
ダムの建設目的は
1.洪水対策
2.かんがい(当別用)
3.水道水(当別・札幌・石狩・小樽)
4.河川環境保全(動植物の暮らしと生命を守るため)
Commented by もとろん at 2012-10-02 10:48 x
1の洪水への効果はわかりませんが、2のかんがいは現在不足し今後さらに必要なのでしょうか?
3の水道水は人口増加が前提ですが、この先も増加し続けるのでしょうか?
4の環境保全に至っては超余計なお世話どえす。ワタクシが何年間も見てきた限り、動植物は激減し、川は超コキタナクなりましたけど?

ダム・プロジェクトのチラシにはこんな文言も...。
「~明るい陽光のもと、きらびやかに○(判読出来ず)る木々のみどりや、静かな風に優美壮麗に湖面が揺れる様はどこか懐かしく、安らぎを与えてくれるでしょう。」

フンパン(+∀+)!!イロイロ建てちゃった昭和もあったので、その意味ナツいと言えますが...。放っといてくれた方がさらに懐かしいと思うのですが〜。
盛り盛りの美辞麗句が胡散臭くてステキです。4は蛇足と思いますよ。

言うまでもなく、ワタクシは私利私欲の為に反対しておりますが(笑)
これ程の大工事、誰かさん達の私利私欲からでないといーなーと思ってまーす(+∀+)はは。
雇用創出というお話もありましょ~が工事以外にもお仕事って沢山あると思うですけど~。
Commented at 2012-10-29 18:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by abcマート プーマ at 2013-10-24 13:22 x
puma 靴