ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

夕張・ダイスキノ川・よく歩いた日

10月下旬

今年は長い長い残暑でしたが、それでも紅葉はすすみ、
朝晩は寒くなって来ました。暖房をいれ、再び"ぬくぬく"生活です。
Ryoは明日から兵庫へ行くので「何が何でもダイスキノ川へ行く!!」と言い出しました。
つい先日、行ったばかりで、あまり変わっていないでしょうし、
秋は落葉で河原が埋もれてしまい、化石を見つけ難いので、
どうしようかと思案していると「じゃ小平でもイイ」と言い始めたので、
それならば近い方で勘弁して下さい...(+∀+;)。という事で、ダイスキノ川へ行きました。

「魔法の鍵」を入手したばかりなので、もう入口のチェーンも怖くありません。
鮮やかな色彩の光に包まれた林道を進みます。最近、天候の優れない日が続いていましたが、
補修もされ、落石も除去され心配無用です。いつもの砂防ダムから降りました。
谷間に降りると樹々の香りが一層強く感じられ、冷たい空気と共に胸の奥に沁み渡りました。
e0290546_21363039.jpg

「今日は出来るだけ早く歩きましょう」
...と言うまでもなく、案の定、落ち葉は石を隠し、化石は少なく、
歩くペースはいつもよりずっと早いのでした。
「今日は無いな〜」
「やっぱり、この時期は難しいですね。ま、気楽に行きましょう」
しかし、化石が少ないまま、どんどん進んでしまいます...。
カメラのメモリには、キノコの写真ばかり増えてゆきます。
「今年は、熊の足跡が少ないですね」と話した途端、
親子熊の足跡を見つけました。写真では分かり難いですが、
時折、母熊の足跡を踏む様に子熊が歩いている様です。
近くの川岸に爪をかけて登った跡が微かにありました。
e0290546_21364877.jpg

やや離れた林道を車が通り、少し先で停車したようでした。
「なんか、あそこで止まったみたいだよ。化石採取の人かな?」
「だけど、あんなところから降りられますかね?」
カーブを曲がると車が見えました。あちらもワタクシたちを見つけたのか降りて来て、
見下ろしています。あまり人に会わないワタクシたちは、
少しドギマギしながら近づいて行きます。逆光で表情はよく見えません。
「何か採れましたか〜?」
声をかけられました。これまでフィールドで出会った方とは違う親しみやすい口調にホッ。
「ん〜、今日はあまり無いみたいです〜(+∀+;)」
「そうでしょう。地元の人はもっと上の砂防のあたりで採るみたいだよ」
「はい〜、これから、そこまで行く予定です〜」
「えっ!?あそこまで歩いて行くの?」
「そ〜で〜す」
「そう...頑張ってね」
その後、おじさまは他の川など教えて下さり、上流の方へと行ってしまいました。
「ん〜、あの人は学校の先生とか学芸員とか、そんな感じだね」
「あ、ワタクシもそんな印象を受けました。また、お会いすることがあるかもですね(+∀+)」
e0290546_2234036.jpg

早くも第一ポイントの支流との合流に到着。
「もちろん、先に行きますよね?」
「行く。だって、殆ど採ってないもん」
「支流も少しだけ見て行きましょう」
数百メートル進みますが、先行者の割跡が多く見られます。
引き返す途中でRyoが川の中からスレパキを見つけました。
「おぉ〜(+∀+)イイ感じですよ。今日一番の収穫かもしれませんね」
「イイねよ!?カワイイな〜...。ちゃんとおヘソあるとイイな〜」
幾枚か記念写真を撮ります。
「18cmですね。大分スレていますが、裏はあまり傷んでないのでギリギリ大丈夫かと思います」
「あ〜あ、やっとリュックが重くなった!!」
「い〜ですね...ワタクシ、あり得ない程カルカルですよ...(+∀+;)」
「大っきいハンマー持ってくれば良かったのに」

本流に戻り、しばらく歩きました。
ワタクシはサンゴの化石と金色のポリプチコセラスと植物の種子を見つけました。
e0290546_21364497.jpg

草の根の下から20cm程のノジュールを掘り出し、パーンと割ると...
白っぽいネオフィロセラスがパーンと真っ二つ...(+∀+;)うげろん。
大好きなアンモなのに...大きめ持ってないのに...。
Ryoが覗き込み「あ〜あ、やっちゃった〜。頑張って直すんだよ」と言いながら過ぎて行きました。
e0290546_2219479.jpg

第二ポイントの広場到着。
「どうします?もう少し時間がありますが、疲れたなら、ここで上がりますよ」
「まだダイジョブよ。それに、あれから全然っ採ってない」
上流に近づき、大きなアンモの破片が散見されますが、
ノジュールにも露頭にも何も無く、殆ど採取するべきものを見つけられないまま
第三ポイントへ着いてしまいました。これより先は大きな砂防を越えなければならず、
また、その先は狩猟可能区域のため諦めました。
e0290546_2219128.jpg

「ココまで来たのは久しぶりだね〜」
「2回目ですね。ほら、去年、雨の日に斜面から這い上がって来たら、丁度通りかかった工事の人が車に乗せてくれたでしょ?」
「そうか〜、なかなかここまでは来れないもんね」
「今度からは鍵があるので、来ようと思えばいつでも来れますよ(+∀+)」
「そうだね。今度は山越えしよう!!もっと奥まで白亜紀なんでしょ?」
「ええ。きっと、これまでとは年代も変わるでしょうから、何が出るか楽しみですね」
「12月に来る?」
「えっ(+∀+;)!? それは...ど〜かな〜...もし雪が無かったらですね」
e0290546_22223812.jpg

帰りは林道をずっと歩いて行きます。
「疲れた〜」
「さすがに遠いですね..。いつもより荷物が軽いのが救いです」
「コザコザもないんだもんな〜」
「コザコザがあると、手持ち無沙汰にならなくて良いんですよね〜」
新調したばかりのウェーダーは靴底が硬く歩くのには疲れます。
歩けど歩けど、終点が近づいて来ません。
「ねぇ〜...こんな遠かったっけ?」
「今日は往復で少なくとも7km以上はありますからね...」
二人とも無言で"当り鐘"を振りながら林道を歩きます。

すっかり日は傾き、随分暗くなってきました。遠く東の空は宵の青に変わり始めています。
もうすぐ車という所で、力強いエンジン音を響かせて白いジープがこちらへ来ました。
ハンターの様です。サングラスをして助手席には犬。キマッていてカッコイイのですが...
さすがにこの時間にサングラスは危ないのでは...?と心配になってしまいました。

帰宅後、Ryoはキッチンでザブザブゴシゴシ....。
e0290546_213716.jpg

e0290546_21365821.jpg

e0290546_2136546.jpg

e0290546_2137510.jpg

そして、逸る気持ちを抑えられず、早速スレパキをクリーニグ。
最後の方はワタクシもお手伝いしてヘソを出してみました。
「スレてる部分も含め、なかなか面白いカンジに仕上がったじゃないですか〜(+∀+)」
「思ったより良くなったね〜。やっぱりヘソ出して良かった(^_^)」
「スレまくって薄くなっているので、なんだか別のアンモみたいですね〜(笑)」
「お部屋が、ひとつずつ違った感じなのが楽しいね」
「タコブネに続いて、良いRyoさんコレクションになりましたね」
e0290546_22253358.jpg

驚く程、収穫は少なかったですが、楽しい晩秋のダイスキノ川でした。。。
[PR]
by motoronron | 2012-11-22 22:27 | 夕張 | Comments(8)
Commented by apogon2 at 2012-11-22 23:23 x
巡検、お疲れ様でした^^。
それにしても紅葉が綺麗ですね~。この時期は落ち葉も多く、化石も見つけづらいですが、こんな綺麗な紅葉の中を歩くだけで気持ちが落ち着きますね。
球果の化石も素晴らしいですが、スレパキ、最高です!
ヘソまでしっかりあって・・収穫は少なかったと仰いますが、これ1つ採れただけで私だったら大満足です。
Ryoさんの素敵なお宝になりましたね^^。
Commented by トシプ at 2012-11-23 00:23 x
しばらくご無沙汰してました!
年末になり仕事上忙しさにかまけてなかなかブログに手が行かず久々のコメントになりました。
もとろんさん達はオフシーズン無しですもんね。
暫く更新が止まっていたので再開しうれしいです。
年が明けたら仕事も落ち着くのでクリーニングしたアンモ君をぼちぼちUPして行きたいと思います。
Commented by もとろん at 2012-11-23 09:45 x
apogon2さん、どっもで〜す(+∀+)!!!
紅葉、一番のピークはこの後だったと思うのですが仕方がありません...(涙)先日、雪がふる中、モーライへ行って来ましたが、車中、二人で「紅葉も奇麗だけど、雪のあるモノクロっぽい方かどちらかというとスキ」と話していました。道が危なすぎて良い写真は全く撮れていませんが〜(+∀+;)スレパキさん、カワイイですよね。Ryoさんも化石コーナーに行ってはひとりで「うんうん(^_^)」と満足そうに頷いています。
Commented by もとろん at 2012-11-23 09:47 x
トシプさん、めっさぶり〜(+∀+)!!!!
毎日、トシプさんのプログはチェックしていましたよ〜。でも、年末は激忙しいとのことでしたから、きっと大変なのだろ〜な〜...(+∀+;)と思っておりました。来年になったら、怒濤のゴイス化石がアップされるのでしょか〜?超楽しみにしていますです〜。お忙しい中、コメントをありがとうございました(+∀+)。
Commented by アルビアン at 2012-11-23 10:40 x
こんにちは(^○^)、うぁー綺麗な紅葉アーケードですね、それだけでも癒されます。山での出会いも、案外良いですよね、何時もながらの物語り系ですから、読んでましても、伝わります。しっかり良いアンモナイトを採集されてます。パキは1巻目がかなりスレて縫合線もゴニアタイトみたいです。しかし、2巻目からは結晶して美しいです。単体珊瑚ですかね、ハッキリした可愛らしい標本ですね、ここの化石君は、一部パイライト化がありますよね、雪が積もる前に、アンモナイトを救助されましたから、パキ君も幸せですね(^○^)
Commented by もとろん at 2012-11-23 15:49 x
アルビアンさん、まいどさまどえす〜(+∀+)!!!
スレパキさんのすれっぷり、なかなかですよね〜(汗)でもでも、おヘソが無事で良かったです。パイライト化石はよくあるのですが、お見せ出来るほどすっごくイイ(+∀+)!!!というのをなかなか採取出来ずにおりますです〜。
Commented by fossil1129 at 2012-11-24 21:21
( ´_ゝ`)ノポンジュース♪
コメント、遅くなってしまいました○┓ペコッ

キレイなヘソ美人のパキが採れれば、この1日は大満足ですね。
スレの具合で、隔壁が複雑になっていく様子がよく分かります。

素晴らしい紅葉の中、お二人様巡検は楽しかったことでしょう。
ryoさん兵庫なら、淡路でプラビト三昧という選択もありますよ(爆爆)
Commented by もとろん at 2012-11-25 14:03 x
fossil1129さん、おこんぬつは〜(+∀+)!!
毎日、お忙しそうですね。はやくお酒と化石で、落ち着いた一時を〜になるとイイですね。ダイスキノ川は何かしら採れるので、今回の様に無いと焦りながらも、グテ〜っとしてしまいます(笑)Ryoさんが見つけてくれて良かったです。淡路のプラビト...多産しますでしょか?Ryoさんはイッパイ出てこないトコはキライです(笑)。