ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

三笠・蔵出し・硬キ石ニ覆ワレシ道ノ上現レ出タルイニシエノ壁・其ノ十一

(前略)〜ので、またま(中略)〜で〜すっ(+∀+)!!

今回は〜、一応、イノセラムス特集です。
正直、違うのが混入している気がしております。
間違いを発見された方は速攻でチェックをよろしくです〜。
お名前は...ど〜しても確信を持てないので書きません〜。
過去の記事についても、判明した時点で書き足しておきます〜。

8.5cm
e0290546_1753325.jpg

5cm
e0290546_17533413.jpg

3cn
e0290546_17533673.jpg

2.5cm 2.3cm
e0290546_17533877.jpg

3cm
e0290546_17534074.jpg

2cm
e0290546_17534330.jpg

1cm
e0290546_17534476.jpg

e0290546_17534622.jpg

3.3cm
e0290546_17534883.jpg

2.5cm
e0290546_17534928.jpg

1.5cm
e0290546_1712453.jpg

3.5cm
e0290546_17124125.jpg

なんとなく...このコは怪しい(+∀+;)のですが、小さい上、モサモサしててよくわかりません。
1cm
e0290546_175351100.jpg

[PR]
by motoronron | 2012-12-12 18:21 | 三笠 | Comments(14)
Commented by fossil1129 at 2012-12-12 20:52
ここは、二枚貝・巻貝の宝庫ですね。
でも、分からないものばっかりで、
モノグラフがほしいですね。

apogon2さんのブログには
K師匠がすぐに取り出してくれた文献の記事があったような気がします。
さらに多くの文献が欲しいです。
Commented by もとろん at 2012-12-12 21:00 x
fossil1129さん、どもばんはで〜す(+∀+)!!
覆道上は沢山の化石が出て来て好きなのですが...謎過ぎて悲しいです〜。三笠市立博物館の加納先生に訪ねた所、覆道上で産出する化石をまとめた図などは無いのだそうです〜。田代先生の「化石図鑑」(高知大学のHPで紹介されているアレです)を加納先生が覆道上から産出する貝をピックアップして作製したのがapogon2さんのお持ちの図かと思います。
Commented by アルビアン at 2012-12-12 21:03 x
こんばんは(^-^)vもとろんさん、全部、崖ですかー、素晴らしいです。しっかり数種類を採集されてますね、下部セノマニアンさんのイノセラとなりますね、ややふっくらしたタイプは、名前が浮かびませんね、よく考えると、イノセラも、随分、long間、生息してますね、その地代をアンモナイトみたいに、位置づけてます。チューロの地代は、随分、巨大化してますよね、小平辺りでは、かなり巨大化が散見できますね、こうしたイノセラも、レンジ毎に、しっかりまとめましたら、イノセラをみて、レンジが解り、産出するだろうアンモナイトが想像できます。(^○^)
Commented by ZX9-R at 2012-12-12 21:20 x
このイノセラたちもあの崖からの産出なんですね。産出頻度はどのくらいなんでしょうか?  予想していたより結構保存が良さそうです。イノセラ好きなので俄然興味がわいてきました。私が知っている下部セノマの露頭からは未だにイノセラは見つけていないんです。穂別博物館にはイノセラの詳しい解説書が展示してありました。日本からは05年時点で94種のイノセラ君が確認されているそうです。残念ながらこの解説書は非買です~。欲しい~!!
Commented by もとろん at 2012-12-12 21:21 x
アルビアンさん、超まいどあぃ〜ん(+∀+)!!
化石博愛主義者のワタクシですからして...当然イノセラさんも好きなのですが...。なかなか美品を採取出来ずにおります。大型のものは破片になって転がっているものばかり。難しいものです。遠い未来のお話になるでしょうけれど、ワタクシの様なドシロートの皆様が採取に出かける際や、調べものをする時に参考になる判りやすいページを作りたいと以前より思っております。まずはRyoさんが「ドコに行こうかな〜。あそこではどんな化石を採ったっけ?」とすぐに調べられる様に、写真、分かりやすい解説、資料や地図が掲載されたiPad用の電子書籍を作ろうと思っています。
Commented by Macrowavecat at 2012-12-12 21:22 x
下から二番目の子鬼の角みたいな化石、良いですね。私も採集したいです。
春になったら、半日くらいかけて頑張ってみようかな。
Commented by もとろん at 2012-12-12 21:26 x
ZX9-Rさん、おこんばんばんば〜ん(+∀+)!!!
産出頻度ですか...。ん〜、結構出る気がするです。大きいのはあんまし無かった印象で、今回1枚目に載せたのが一番大きいです。昨日までのカキ化石があまりに酷いので、比べると今日のイノセラさんはキレイに保存されていますよね。イノセラさんの出てこない所ってあるのですか(笑)?ワタクシたち何も出ないときはイノセラ頼みです〜。日本で100種類近くみつかっているのですね。詳細な資料めっさ見たくなりました。とうとう穂別の博物館に行く時が来たかしらん(+∀+)!!
Commented by もとろん at 2012-12-12 21:29 x
Macrowavecatさん、どもどもりんなので〜す(+∀+)!!
あ、このクリンとしたコ、カワイイですよね。とにかくボウズは絶対にない露頭ですし(笑)運が良ければゴイスな化石が採取できますので、是非×2来春行ってみてくださいね〜(+∀+)
Commented by もーりん at 2012-12-12 21:37 x
セノマニアンのイノセラ、まったくわかりません(^_^;)
各階を決めるのに役立つイノセラをひととおり手元においておくこと、私の師Y先生に言われているのですが、置き場所を考えるとブレーキがかかり、なかなかできません。もとろんさんを見習って勉強しなければ・・・。
Commented by もとろん at 2012-12-12 22:32 x
もーりんさん、どもばんはなのです〜(+∀+)!!
ワタクシたちのばやい、皆様と違って、ゴミ集めの様に化石を拾って歩いているだけですので、現時点、イノセラさんが沢山あってもまったく役に立っておりません(涙)。やっぱし、ネット上で簡単に調べものが出来るページを作りたいです...。
Commented by apogon2 at 2012-12-12 23:52 x
イノセラは本当に難しいですね。しかもセノマニアンのイノセラとなると、本当に頭の上に?がいくつも付きます(笑)。
私も崖では数種のイノセラを採取していますが保存が今一つの物が多いです。
イノセラを採集したら、大分地質学会誌の「イノセラムス原色写真集」と見比べてみるのですが・・有名どころ以外はさっぱりです。

私が師匠から頂いた図は加納先生が田代先生の「化石図鑑」の物をピックアップして作ったものだったんですね(^_^;)、もとろんさん、よくお調べになりましたね、凄いです。
きっと何かの講演のときに資料として配布したものなんでしょうね。
A3のコピーがまだありますので、もしご必要でしたらお譲りしますよ^^。
Commented by motoronron at 2012-12-13 01:05
apogon2さん、どもどぅえ〜す(+∀+)!!
ワタクシの様なむっちんぷりんにとってイノセラさんは激ムズです〜(涙)いつも、左右の殻どちらも欲しいと思うのですが、なかなかそうもいきません。「イノセラムス原色写真集」イイですね(+∀+;)!でも...きっと入手困難ですね。三笠崖の資料については、加納先生から頂戴したメールに編集云々の記載があり、あ、あれの事かしらん?と思ったのでした。田代先生は絵が超ウマで、しかも...現物を見ないで描いていたそうです(汗)加納先生にしても、頭のなかにしっかりとしたイメージが出来上がっているので同定するのも的確なのでしょうね。さすがプロ!!とおののきました〜。以前、apogon2さんのブログにアップされた資料を勝手にダウンロードして拝見していて「白亜紀二枚貝図鑑」の絵と似てるな〜...と思っていたので、納得でした。ありがとうございました〜。
Commented by はにわ at 2012-12-15 00:14 x
北海道ではイノセラさんたくさんでてくるので、やっぱり皆さん少し採集したらもう集めないですかね。よほど形がよければ持って帰るといった具合でしょうか。
Commented by もとろん at 2012-12-15 12:17 x
はにわさん、どもどもでぃ〜す(+∀+)!!
四国ではあんましイノセラさん出ないですか??確かに北海道ではめっさでるです。も〜め〜ちゃ〜く〜ちゃ〜出てきます。でも、ある程度の大きさで美品となると...とたんに少ない様です。本当に大きなものもよく見かけますが、残念ながらどれも破片です。イノセラさんも好きなのでチェックして歩いているのですが、以前apogon2さんがゲッチョされた様な素晴らしいものとは出会う事が出来ないでいます。