ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

三笠・蔵出し・硬キ石ニ覆ワレシ道ノ上現レ出タルイニシエノ壁・其ノ十三

今日も今日とて、ふぅくどぅ〜(中略)〜なるですょ〜(+∀+)!!

本日は二枚貝特集パート1 !! いきま〜す!!
(サイズは殻長です)
5cm
e0290546_21574675.jpg

4cm
e0290546_22205072.jpg

2cm
e0290546_22205460.jpg

2cm
e0290546_22205668.jpg

2.4cm
e0290546_22205743.jpg

1.7cm
e0290546_22205943.jpg

1.2cm
e0290546_2221295.jpg

3cm
e0290546_2221475.jpg

1.5cm
e0290546_2221851.jpg

1.7cm
e0290546_22211251.jpg

3cm
e0290546_22211520.jpg

1.8cm
e0290546_2221178.jpg

2cm
e0290546_22211976.jpg

4.5cm
e0290546_2221224.jpg

このコは、二枚貝ではないような気がしております...(+∀+;)。
1.5cm
e0290546_22212456.jpg

[PR]
by motoronron | 2012-12-14 22:23 | 三笠 | Comments(12)
Commented by ZX9-R at 2012-12-14 22:34 x
こんなに多種多様な二枚貝が出ているのですね。同一ポイントでこんなに出てくるなんて、私の知る産地では思い当たりません。やっばり同定は難しいですかね~。
Commented by もとろん at 2012-12-14 22:41 x
ZX9-Rさん、おこんばんばんちは〜(+∀+)!!おつかれさまです!
ワタクシめも、たった数十メートルの崖で、随分いろいろ出てくるな〜という感想です。二枚貝などは普段、川を歩いていて、そんなに沢山の種類を採取している気がしません〜。冒険気分は味わえないけど、楽しく興味深い産地だと思います〜。ZX9-Rさんも、是非、良いものをゲッチョしてくださいね(+∀+)!!ラストはウロコの様な気がして来ました...。
Commented by apogon2 at 2012-12-14 23:15 x
もとろんさんはもう立派な覆道ハンターですね。
これらの標本や、前の記事の標本でここで産出する二枚貝やウニ等、かなりの種類が揃ったのではないですか。
後は同定ですが・・これは難関ですね。やはり専門の方に聞いた方が良いのでしょうね。○納さん、お願い!ですね^^。
Commented by きこりん@北のほたるや at 2012-12-14 23:48 x
まるで寿司ネタの化石のようでふw
前回はホッキ貝と牡蠣、今回はバカガイとシジミとアサリ・・・
ご先祖様なのでしょうか?

1億5000万年程度では生きてきた痕跡を隠すことができないということに驚きです(@_@;)

現代人の痕跡って、もっと長く残っちゃうんでしょうねぃ・・・
変なもの残さないように生きて行かなくっちゃw

さて、最後のお写真ですが
これこそ間違いなく「オーパーツ」!
昭和19年の1銭錫貨では?

こんな枯れ木のような私でも、山の賑わいということで・・・^^;

相変わらずで失礼しました<m(__)m>

Commented by もとろん at 2012-12-15 12:10 x
apogon2さん、おこんにちわん(+∀+)!!
いえいえいえいえーい(+∀+;)....まだ数回行ったきりで、本来ならば、皆様にお見せするのもどーかと思う様なものばかりですが、先に書いた通り...ドシロートでしか出来ない技かな...と〜(笑)。まずはapogon2さんがブログに掲載された二枚貝資料にのっているのをコツコツ収集&同定できればと思います〜。今回の企画で小さな化石もアップで見る事が出来たのでRyoさんも「おぉ〜!案外いろいろ採ってたね。今までわからなかった細かい模様も見える!」とようやく覆道上に興味を示し始めました〜。。。
Commented by もとろん at 2012-12-15 12:14 x
きこりんさん、まいどあいぃ〜ん(+∀+)!!
はい〜、保存が良い二枚貝はどうしても「美味しそう」に見えるです(笑)。新生代のになるとますますですし、第四紀のは...現生の貝とまぜまぜされたら、ワタクシには絶対に判別出来ないとおもいます〜(+∀+;)。ラストのは謎ですよね〜。もの凄く薄くて、ピカピカしててモヤモヤした模様があります。やっぱウロコかしらん...。人間がいつ絶滅するかは分かりませんが、再び未来に知的生命体が生まれ、研究する事を想像するのは楽しいですね(+∀+)!!
Commented by きこりん@北のほたるや at 2012-12-15 12:45 x
もとろんさん、こにゃにゃつわ~(^_-)-☆

1.5cmの鱗って・・・鯉ぐらいのサイズでしょか?
ピラルクゥだと10cm前後でカルシウム分が多いようなので化石にはなりやすいかと思いますが
殆どの鱗はケラチンなどが主成分かも・・・
となると、髪の毛や爪と似ていると思われ
化石として残っているとすればとても貴重な気がします。

始祖鳥の羽毛化石の発見に匹敵するビッグニュースでは?
Commented by もとろん at 2012-12-15 13:07 x
きこりんさん、どもどぅ〜も(+∀+)!!
あ、ワタクシめのウロコ説は流してくださいませ〜(笑)ちょっと貝には見えなかったのどえす。ノジュールからは、たまにウロコが出て来たりするのですが...なんの種類かは分かりません。後ほど顕微鏡を覗いて何か特徴的な模様など無いかチェックしてみますね。お騒がせしました〜(+∀+;)。ところで、ピラルクって大きいと思っておりましたが、ウロコがそんなに大きいですかっ!?
Commented by アルビアン at 2012-12-15 15:21 x
こんにちはー(^-^)v、いやー、二枚貝類、しっかり集めてますねー、完敗です。薄いのは、イタヤガイ系ですかね、丸いのは、鱗ですか、不思議な化石です。もー崖=もとろんさんという、イメージになり始めました、ストーム、ハンモック堆積の素晴らしい産物です。なんか、崖は、考えますと、沢山の種類の化石が、狭い範囲に大量にあり、面白いですね(^○^)
Commented by もとろん at 2012-12-15 16:38 x
アルビアンさん、どもばんは〜(+∀+)!!
数回行ったきりで、しかも破片ばかり、アルビアンさんの様な素晴らしい化石を採取は出来ていません(+∀+;)。今後の目標です〜。それにしても、こうして並べてみると、沢山の種類が出ているのがわかります。採取している時はそんな気はしていなかったのですが(笑)仰る通り狭い範囲で色々とれるので、これから期待しています。ラストの一枚、アルビアンさんもウロコの様に見えますでしょうか?
Commented by fossil1129 at 2012-12-15 20:05
この産地の化石の種と量には圧倒されますね。

こちらの和泉層群のマストリでも似た二枚貝が出てきます。
エリフィラ、ナノナビス…。

下部白亜の汽水っぽいのにも似ています。
フォラドミア、イソドメラ…。

全部、当てずっぽうですよ~(爆爆)
Commented by motoronron at 2012-12-15 22:11
fossil1129さん、おこばんはちはん〜(+∀+)!!
小さいながらも、結構出ますよね〜。汽水っぽいのお言葉、超気になりました〜。なんだかシジミにしか見えない二枚貝があるのです(笑)実は今日でふくどぅ企画、最終回のはずだったのですが、そのシジミの入った石を昨日ちょびクリしようと持って歩き...どこかに置き忘れたらしく、ただいま捜索中なのです(+∀+;)。毎日、記事を更新されるfossil1129さんは本当に×2ゴイスですね...。2週間やっただけでクラクラしております....。