ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

今年最後のダイスキノ川

12月上旬

Ryoは明後日からお仕事、それに魔法の鍵をお返ししなければならないので、
今年最後のダイスキノ川へ行きました。
今年の冬は雪がはやく、家のまわりでも雪が深くなっていました。

「川、どうかな?」
「まだ、伐採作業中と思うんですが...林道が荒れている可能性がありますね」
「作業車はどんな道でも大丈夫だからね〜」
「今日は前回入った支流か、まだ行った事の無い上流を見たいんです」

案の定、青白い雪に覆われた林道に黒々と深い轍が山奥へと続いていました。
雪下の地面も掘れているので車の腹を幾度も擦り「キャーキャー」言いながら怖々進みます。
「やっぱ、川濁ってるね」
「上で作業していますね。第一ポイントの支流に行きましょう」
e0290546_15495598.jpg

しかし、第1ポイントも複数台の重機が作業をしている真っ最中でした。
「これでは車も置けません...もっと上流に行きましょう」
第2ポイントにも作業車が...。そして道の状態は最悪です。
「これは確実にスタックしちゃいますね...」
「今なら、すぐ助けてもらえるよ」
「イヤイヤ(+∀+;)!!!そうかもですけど...。では、ここに車を置いて遡上しますか」
e0290546_15495756.jpg

雪を漕ぎながら、濁った川に降りて行きます。
「うわ〜...全然見えないや」
「河原も雪で埋まっていますし、水は泥水ですし...はやく、このゾーンを抜けましょう」
e0290546_15495956.jpg

e0290546_1550364.jpg

時折、小さなノジュールをみつけ割ってみますが、なかなか良いものは出て来ません。
作業している場所を過ぎてもまだ水が濁っています。
「もしかすると、もっと上流でも作業しているのかも...(+∀+;)」
「え〜、じゃ、だめじゃん」
「上流の砂防ダムを過ぎてから川が分岐するので、その先は大丈夫だと思います。暗くなるのが早いですからドンドン行きましょう」
e0290546_1550144.jpg

作業している重機の頭が見えてきました。
「あ〜、ちょうど分岐のところですね」
「もう、ここまで来ちゃったんだ」
「な〜んにも採るモノなかったですもの...早いわけです(苦笑)」
e0290546_1550647.jpg

一度、林道に上がり二つ砂防ダムを越え、再び川へ降ります。
ここからは初めてゾーンです。良い季節とは言えませんが、
未知の場所はいつもドキドキと期待がイッパイです。
「すぐ下流では、大きなアンモの破片も多かったですし、パキもよく出ていると思います」
こないだみたいの採れるかな?」
「ん〜...大きさは分かりませんが、きっと何かありますよ。頑張って探して下さいね。ワタクシ的には川の流れがどうなっているのか、とても興味があります。これで地図に新しい流れを書き込めます」
川は想像していたよりも細かく分岐していました。
あちこちをウロウロしながらチェックしてゆきます。
e0290546_1550434.jpg

「化石無いね〜...」
「やっぱり時期が悪いですね」
「草や葉も無くなって見通しは良いんだけどな〜」
「見て下さい、川幅1m程度で、すぐ縁までオオイタドリですよ。今は枯れてますが、これが夏だったら、酷く鬱蒼とした草のトンネルの中を歩かなきゃです...」
「とても気が進まないね...」
「この上流は草丈が伸びる前か雪の降る少し前に来た方が良いみたいですね」

しばらくして、30cm程のノジュールを見つけ、割ってみました。
プゾシアがいくつか入っていたのですが、見事にバラバラになりました。
今日は採取品が少ないので、とりあえずお持ち帰り...。
どうも、プゾシアはバラバラになる事が多い気がします...。
e0290546_1550736.jpg

川幅はさらに細くなり、雪雲はますます厚さを増し辺りが暗くなって来ました。
なんだかRyoの元気が無いので訊いてみると「今日はスゴく疲れた...」とのこと。
雪漕ぎが続き、その上分厚いマスクの所為で息苦しく、いつもより早くバテた様でした。
「では、引き返しますか...ここは林道がないので、とにかく砂防まで戻りましょう」
e0290546_1550860.jpg

砂防ダムを過ぎると木材運搬車が激しいエンジン音を立て山の中から出て来て、
私達の横を通り過ぎて行きました。
マフラーがシッポの様に真ん中から出ていて妙にかわいいデザインです。
「全部がシンメトリーだと、動物っぽいですね」
「うんうん。カワイイ(^ ^)」
運搬車が停まると、山陰からヒョイとクレーンのアームが出て来て、
荷台から器用に木材をつまみ出し積んでてゆきます。
"働く車"大好きのRyoは頭に雪が積もる程長い間、興味津々で見ていました。

「今日はあまり無かったですけど楽しかったですね(+∀+)」
「初めてゾーンも見るコト出来たしね〜」
「来年もダイスキノ川は見所イッパイですね」
「春が楽しみだな〜」
「採取出来るのは半年後なんですけどね(+∀+;)」
「げ〜っ!!!」
[PR]
by motoronron | 2012-12-28 16:08 | 夕張 | Comments(6)
Commented by アルビアン at 2012-12-28 17:47 x
こんばんは(^-^)v、12月のアタック、素晴らしいです。大分、積雪も有りますね、木々が葉を落とした、少し寂しい山の中は、私は案外好きです。春と風景が全く違いますから、冬山も良いですねー、働く車が好きなの解りますよ、私も仕事柄、重機に乗りますが、トラックより、楽しいです。何度も重機で崖アタックしたいなーと思いました、山行きたいです。(^○^)
Commented by もとろん at 2012-12-28 19:14 x
アルビアンさん、どもばんは〜(+∀+)!!
冬の化石採集は汗をかかないので気持ちが良いです。空気も澄んでいますし〜。Ryoさんと「秋の山もイイけど、やっぱし冬のモノトーンが一番キレ〜だよね〜」と話しています。これで、もっと化石が出て来てくれるという事なしなのですが〜(+∀+;)。重機での化石採集...ワイルド・アルビアンさんが仰ると冗談に聞こえないです〜。。。
Commented by ZX9-R at 2012-12-28 19:31 x
相変わらずハードな巡検をされおりますね~。流石に今年最後の巡検収めだったとは思いますが。この時期の沢の様子がわかる貴重な写真を興味深く眺めました。やっぱり水が濁っていたのは工事のせいでしょうかね~。
昨日のエアチゼルの記事は大興奮で拝見しました。動画は感動です! 初めて動くところを見ました。できれば
30分くらい眺めていたかったです。それにしてもシャチョーさんは職人気質なのでしょうか? エアチゼルを使うときのリスクの一つとして覚えておくといいかもしれません(笑) でもエアチゼルは超~うらやましいです!!
Commented by もとろん at 2012-12-28 19:47 x
ZX9-Rさん、どっでもで〜(+∀+)!!!
いえいえ〜...ZX9-Rさんの山登りに比べたら1/1000000くらいの気力体力消費です〜(+∀+;)。Ryoさんがいたら、まだまだ行ったと思います。水が澄んでいれば、もう少しゲッチョ出来たかも...と残念です。おかげで、めずらしく熊タンの痕跡少なめ巡検でした。エアチゼル動画、いずれ、もう少し長めでアップしますね。まだ使い始めたばかりでRyoさんも慎重にしている感じです。ん〜...しゃちょさん、どうなのでしょうね(笑)少々問題も感じるのですが、守銭奴でも悪人でも無いです(+∀+;)。。。とにかく〜、エアチゼル良いです!!
Commented by fossil1129 at 2012-12-28 20:13
ダイスキノ川冬巡検、お疲れさまです。
さすが12月にアンモ採りに行かれる方は少ないでしょう。

落ち葉も少なくなり、見通しもいいのでしょうが、
やっぱり石は見づらいのでしょうね。

木材運搬者、ウォンバットのようなイメージでしょうか?
働く車、私も呆けて眺めてしまいます。
Commented by もとろん at 2012-12-28 20:16 x
fossil1129さん、つづけてどもどもなのです〜(+∀+)!!
たしかに冬に化石採集をされる方は少ないと思います。晩秋は落ち葉に埋もれ、冬は雪に埋もれ...。とっても見難いです。これからは海系ですね!! やっぱしfossil1129さんも、働く車好きですか〜(笑)なんでしょうね、あのカワユサは...(+∀+)。