ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

ときどき望来通信・Vol.4(+∀+)

クリスマスの日
e0290546_21452775.jpg

良く晴れた朝で外はとっても冷えていました。
寝室の窓から見えるシラカバの枝は全て水晶の結晶で覆われた様です。
ダイヤモンドダストが宙を舞い、何もかもが輝いている朝でした。
10時頃でマイナス14度、Tシャツの上にオーバーを羽織って、庭の写真を撮ってまわりました。
あちこちの家からボイラーや暖房の排気の湯気がいつもより濃く重そうに立ち上っています。
車が走り去った後には、乾いてサラサラの粉雪が巻き上げられます。

「お日様昇ったのに、全然融けないね」
「随分、冷えてましたもの。雪を踏みしめる音もキュッとしてましたよ」
「ねー、お休み、明日しかないからさ、モーライ行ってこようよ」
「イイですよ。でも、きこりんさんのブログによると、イマイチの状態のようですから、あまり期待しないでくださいね」
「いいよ。モーライは行くだけで楽しいんだから....」

朝食を食べ終え、例によって熱々のコーヒーを用意して早速出かけました。
「ちょうど、一ヶ月ぶりかな?」
「そうですね。それにしても、まだ12月なのに、すっかり真冬の風景になりましたね」
「去年も大雪だったけど、今年はどうなるかな?」
「この調子で続くと大変ですね(笑)」
「今度帰ってきたら何して遊ぼうか」
「久しぶりに"かまくら"を作りましょう」
「イイね、焼き肉!!」
「だから、それムリですってば....タレにつけた段階で冷しゃぶみたくなります〜(+∀+;)。
e0290546_21452465.jpg

駐車スペースはちゃんと除雪してありました。今日は誰も海に来ていないようてす。
e0290546_21451952.jpg

風は海へ向かっていたので、波はさほど高くありませんでした。
しかし、昼頃になっても、あまり気温は上がらず、
一瞬も止む事無く頬を切る冷たい風が吹いていました。
e0290546_21451631.jpg

e0290546_21455435.jpg

砂浜はアスファルトの様に硬く、少しも沈みません。転んだら怪我をしそうなくらいです。
石ころは全て分厚い氷に包まれてました。
奇麗な貝殻を見つけて拾おうとしても、凍った砂をチゼルハンマーで
何度も叩いて掘り出さないとなりません。
水たまりの底にある貝やメノウも砂と氷にすっかり固定されています。
きっと、上に溜まっている水は塩分濃度の高いものなのでしょう。
e0290546_21451362.jpg

e0290546_2145921.jpg

波打ち際、段差が出来て少しだけ深くなっているところに、
"ノジュール溜まり"があるのが見えているのですが(上の写真、波がたっている辺り)
長靴ではどうしてもそこまで近寄れず、悔しい思いをしました。
e0290546_21451177.jpg

それでも、Ryoは果敢に何度も海に入り、ノジュールを拾っては
ポンポンと陸へ投げ、それを片っ端から割っていました。
e0290546_2145716.jpg

e0290546_2145548.jpg

「どうです、何か出ましたか(+∀+)?」
「ん〜、入ってるんだけどさ〜、どれも状態がイマイチなんだよね〜」
「こっちはウニみたいですが、続きは無いでしょうね...」
「今日、そんなの多いんだよね〜。キヌタレとかパカン!! って出てこないかな〜」
「ノジュールが見えているのに採れないというのが残念ですよね〜」
「ホントだよ〜....」
「明後日あたりから大潮で狙い目かもしれませんね...」
「明後日!?ダメダメだな〜、明後日はアタシ熊本だもん」

コーヒーを飲みながら、風景を楽しみます。
石狩方面は海の上に濃い緑色の霧の様なものがたゆたっていました。
厚田方面は蒼い山々の連なりと海岸沿いの崖がクッキリと見え、
心做しか、普段より近く感じました。

「さて、のんびり、歩きながら帰りますか。今日はコンプレッサーが届きますよ」
「そうだね。クリーニング、楽しみだな〜(^ ^)」

Ryoは、ワタクシからは大分遅れて、ゆっくりと石を叩いたり、
何かを突っついたり、拾ったりしながら歩いて来ます。
e0290546_21445693.jpg

ワタクシは、時折立ち止まり、遠くのRyoを眺め、見慣れた崖を何度も仰ぎました。
思いっきり冷えた空気を吸い込むと、肺の奥の末端までがシンと凍り
透明で無機的なものに変わってゆき、心が微かに震えました。
幸福でも不幸でもない気持ち、今、ストンと命が終わっても惜しくない....そんな感覚でした。

Ryoは、マサリカップ川の河口手前でようやく追いついてきました。
「あ〜ぁ、アタシ、今年はこれで最後だな〜...」

e0290546_21444489.jpg

[PR]
by motoronron | 2012-12-28 22:01 | 石狩 | Comments(10)
Commented by きこりん@北のほたるや at 2012-12-28 23:50 x
こんばんにゃー^^

誰かが綺麗にかっさらって行った後のような海岸でしたねー^^;
私が行った翌日ですから、大き目の岩を叩きつけて割った残骸など転がっていませんでしたかぁ?w

そもそも、行った時間が遅かったので
ノジュール溜まりの辺りは暗くて、あまり観察もせず
すぐに河口まで戻って花火撮影の準備に入ったのですが^^;
http://blog.livedoor.jp/kitanohotaruya/archives/6825796.html

久しぶりの三脚とカメラを担いでの往復は、肩が凝りました^^;

相方が花火を気に入ったらしく、大量に注文したそうなので
今度、モーライで花火オフでも・・・w
Commented by もとろん at 2012-12-29 10:06 x
きこりんさん、もはようごさいにます〜(+∀+)!!!
本当に綺麗な状態でした〜。ゴミなどもすっかり無くなっていました〜。モーライのノジュールをちょっと割るくらいなら、ホームセンターの数百円のハンマーでもダイジョブなので、ぜひ携帯なさってください〜。気になるのを見つけちゃった時に割れないのはストレスなので〜。ハンマーを持っていない時にかぎって見つけちゃう。ナントカの法則の様なものです...(+∀+;)。。。
Commented by きこりん@北のほたるや at 2012-12-29 11:53 x
おはちんこにわ~^^/
一応、ハンマーは携帯して行ってますが
コンコンするほどの小さ目のが非常に少なく
小さ目のは相方に任せて、オイラは怪力っぷりを猛アピールしてますたwww
次には「ドでかハンマー」担いで行きそうな勢いでつw
崖によじ登って、ドでかノジュールを叩き割りそうw
Commented by もとろん at 2012-12-29 13:58 x
きこりんさん、こおんにちは〜(+∀+)!!
あ、やっぱし、そ〜ですよね〜!!ハンマーお持ちですよね(笑)失礼致しました。モーライノジュール、絶対とは言えませんが、超デカのノジュールからはなかなか化石が出てこない印象があります〜。メロンくらいのサイズからは大きめの巻貝が出る事が多いですので、ワタクシたちの様に、力一杯真っ二つにしちゃわぬ様、お気をつけ下さいませ〜。補修はかなし大変かと〜(+∀+;)。
Commented by fossil1129 at 2012-12-29 14:18
連日、連続と一気に投稿ペースが上がっていますね(笑)

北の冬の海は、全く未体験ゾーンなので、想像すらつきません。
おまけに、本文がしびれる表現です。
最後から2枚目、
海岸の真っ白い露頭を背にRyoさんが歩いているショットと、
「思いっきり冷えた空気を吸い込むと…」
というくだりは、芥川賞作家もとろんさんです。
Commented by もとろん at 2012-12-29 15:05 x
fossil1129さん、どっもで〜しゅるるるる(+∀+)!!
連投すると、気付かれず埋もれ記事が出るかもかもと思いましたが...ワタクシのバヤイ、ノリが大事なので(+∀+;)仕方ありません。是非×2、真冬の猛吹雪のモーライを体験してほっし〜です〜。ソーゼツ(+∀+;)!!な時がたまにあるです。フツーに山にいてすら人間ちっぽけな自然の欠片...と思うのに、激悪天気の厳冬の海では塵に等しいです〜。いつぞや、波打ち際を歩いていたのに、風に吹かれてヨロヨロ...浜を横切り、自ら露頭に頭突きをしてしまいました〜。是非、いらっさ〜い(+∀+;)!!
Commented by アルビアン at 2012-12-29 16:26 x
こんにちは(^○^)、しばれますねー、朝は、布団からなかなか出れませんが、みにしみる寒さは、起きれば、シャキーンとなります。X'masの海岸、なんか、良いですね、海は生き物みたいですから、絶えず繰り返す波で、新たな瑪瑙やノジュールが現れます。寒い中でも、巻き貝の化石や瑪瑙、二枚貝なんか、採集されてますから、やはり、楽しめますね、アオイガイで騒いだ日々が、何だか懐かしいです。私も、冬の海は必ず行きたいです。(^○^)
Commented by もとろん at 2012-12-30 00:31 x
アルビアンさん、おこんばんは〜(+∀+)!!
寒い日が続きますね〜。一ヶ月はやく冬を先取りしちゃった感じです〜。年末〜年始にかけて大雪になるかも...とのこと。除雪をしながら年明けを迎えそうです〜(+∀+;)。海は生き物、本当にワタクシもそう思っております〜。歩いていても、行きと帰りで、ちょっと変わっていたりしますしね。また、御家族で冬の海を楽しんでくださいませ〜(+∀+)!!
Commented by もーりん at 2013-01-02 22:00 x
モーライのようす、とてもよくわかりました。
1月中旬、妻と行こうかと考えていました。
妻が怯む様子が目に浮かんでいるところです。
いつもみごとな文章力に感心していましたが、
今日の海食崖とRyoさんモデルの写真、
構図も決まっていて秀逸です。
いつか「夫唱婦随の化石採集」出版してくださいね。
本当に情感たっぷりの美しいブログに感動しています。
Commented by もとろん at 2013-01-03 12:36 x
もーりんさん、つぎの駅はどっもで〜す(+∀+)!!!オリグチヒダリガワニカワリマ〜ス!!
モーライは化石採集を始めた地です。思い入れタップし、ドコよりも通っています。写真やおもしろ生き物発見伝めっさイッパイあるですが、紹介しきれないのが残念です〜。1月に来られるですか〜(+∀+)!!完全防備ですと、めちゃ吹雪でもちっとも辛くないです〜。美味しいお菓子とあったかコーヒー、インスタントラーメン...で厳寒の海と崖をお楽しみくださいませ〜!!超絶荒れた海がオススメですが奥様も御一緒でしたら平和なのがベストですね(+∀+;)。腰掛けた石はウニがイッパイ入っているノジュールかもです〜!!記事を楽しみにお待ちしております〜。本は出してみたいです〜。。。如何せん...購入される方が「ぉおっ!」と思われる化石を紹介する事が出来ませんが〜(+∀+;)。。。