ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

標本箱・カブトガニ

先日、アルビアンさんのブログでカブトガニが紹介されていました。
ワタクシも小さなカブトガニの殻を持っているのですが、
これまで、むき出しで引き出しの中に保管してありました。
もろいモノなので、このままでは壊れちゃうかな?と標本箱を作る事に...。

ずっと保管していた家具をバラした際の廃材が、とうとう役立つ時が来ました。
物置に放置された木、食器棚のガラス、タンスの裏のベニヤ、
仏壇の扉を張り替えた際の残り紙...。
塗装は、博物館にある古い箱の様なアンティーク調が好きなので、
ニスを刷毛塗りし、まったり仕上げにしてみました。
ニスの匂いは、子供の頃の図工の時間を思い出す懐かしい匂いでした。
e0290546_15402558.jpg

今夜、カイロウドウケツの長めの箱の塗装が完成します...。

いずれ、小さなアンモ等を入れた豆標本箱も作りたいと思っています。
[PR]
by motoronron | 2013-01-31 15:41 | その他 | Comments(20)
Commented by きこりん@北のほたるや at 2013-01-31 16:01 x
お見事でっす!
まるで、このままハンズあたりで販売されているかのようです^^

ガラスの加工までされたのですね。
私もガラス切りを使いますが
時折うまく切れなかったりで一苦労しています^^;

ビーチコの陶器片やアオイガイなども、こんな標本箱があると素敵かもしれませんね^^
Commented by ZX9-R at 2013-01-31 21:47 x
なんという器用さ! いろいろ技を持っている臭気がブログを通してプンプンしていましたが、ここまでの技の持ち主とは恐れ入りやした! だんだんもとろんさんの正体が見えてきましたよ(笑)
カブトガニと完全にマッチしていますね。値札を付けてもいいくらいです。ぜひ全ての化石にこのような箱を作って・・・流石に無理ですね。
Commented by fossil1129 at 2013-01-31 22:03
拙ブログへいただいたコメントにリンクが張ってあったので
もしやと思ってクリック!

やっぱりでした!!

それにしても素晴らしく器用ですね。
私にはゼッタイ無理な出来映えです。
Commented by P at 2013-01-31 22:10 x
はじめまして、Pというものです。
いつも楽しく拝見しております。
無造作にポロっと置いてあるよりも標本箱入ってるとカックイイです。
Commented by Macrowavecat at 2013-01-31 23:11 x
これは見事な細工ですねぇ。繋ぎ目がぴったりです♪ なんとも多彩な才能で、私にはもとろんさんの正体がまったく分かりません。
Commented by アルビアン at 2013-01-31 23:29 x
こんばんは(^○^)、1ヶ月更新ですね、待ちました~もとろんさんは職人ですね、素晴らしい標本箱ですよ、カブトガニの標本のサイズが生かされるサイズの標本箱です。凄いな~とみいってました、同じ脱皮殻ですかね、裏側はリアルキャーですか、こうした職人技が有りましたら、色々、楽しめます。アオイガイも恐らく標本箱に飾りましたら、引き立ちますね、私もやってみます。参考になりました(^○^)
Commented by もとろん at 2013-02-01 08:38 x
きこりんさん、おぱろ〜ございます〜(+∀+)!!
ハンズ、もう何年も行っておりませんが、今はどんな感じなのでしょね〜。インターネット全盛の今、ハンズの魅力も少し薄れたでしょか...。ガラス切り、これは比較的薄手なのでうまくいったのかもしれません。どのコも標本箱に収蔵できるとカッチョイイのですが...難しいですね〜(涙)。
Commented by もとろん at 2013-02-01 08:44 x
ZX9-Rさん、おはどもで〜す(+∀+)!!
木工はやっているのですが〜「箱」みたいのを作るのは初めてで、やたら時間がかかってしまいました〜(涙)特に45度で合わせる留め継ぎは、激ムズ〜(+∀+;)。。。ガラス切りは「もし、サイズ合わないで切れちゃったらどーしよ〜...」とドキドキでしたが、こちらはパキン!とあっけなく切れ、小学校の頃、通学路にあったガラス屋さんのお仕事を思い出しました。ワタクシ、正体知られたら消えちゃいますのでよろすく〜(+∀+)。
Commented by もとろん at 2013-02-01 08:49 x
fossil1129さん、どもぱようございます〜(+∀+)!!
「リンク!?張った記憶ござらんちん...?」と思っておりましたら...。ブログにログインしたままの状態でfossil1129さんのブログにコメントしたからなのですね。素晴らしい推理力!!標本箱、試験的に作ってみたので、実はまだまだアラが多いのです。改良を重ねて、もっと気軽に作れる様にしたいです〜(+∀+;)。
Commented by もとろん at 2013-02-01 09:18 x
Pさん、いらっさ〜いませ〜(+∀+)!!!!
この方向性と情報の無いブログを読んで下さっていたのですね〜!!おありがとうございます〜(涙)!!たしかPさんは北海道で採取されているのでしたよね〜?ワタクシの様なあほあほブログもございます...かる〜い気持ちでブログ開設なんて如何でしょか〜(+∀+)??これからもよろしくお願い申し上げまするるる〜!!!
Commented by もとろん at 2013-02-01 09:38 x
Macrowavecatさん、おはも〜に〜んです〜(+∀+)!!!
Macrowavecatさんのマネっこをして、ゔんだ〜かんま〜的な事をしてみました〜(笑)上でも書きましたが写真なのでよく見えるのです〜。上手に出来る様になったら、簡易箱や多角形の箱を作ってみたいと思ってます〜(+∀+)。
Commented by もとろん at 2013-02-01 09:56 x
アルビアンさん、どもどもで〜す(+∀+)!!
今日はお休み...ですが、アルビアンさんのことですから、朝から活動的にいろいろされてるかも〜(笑)いつも、お嬢様達は本当に幸せだと思っています。今回はアルビアンさんの記事にちょびコラボさせて頂きました〜。大きなカブトガニの標本がほっし〜ですが、意外に無いものですね...。食べている国もあるので、もう少し手に入りやすい気もするのですが...。裏側リアルキャー(笑)たしかに節足動物全開です〜。購入した時はちょっと干しえびの様な匂いでしたが、最近は匂いも無くなりました。アオイガイやタコブネも標本箱に入れてみたいのですが...あの優美な形を四方から見れないのもつまらないかな〜?と悩んでおります。ガラスだけですと継ぎ目がかっこわるいですし...。
Commented at 2013-02-01 17:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by もとろん at 2013-02-01 21:37 x
Pさん〜(+∀+)。
Pさんのブログ、めっさ知ってました(笑)!!それどころか何度も×2拝読しております〜。一昨年末、初山別への行き帰りの際「これが、かの有名な〜〜〜!!!」と...(+∀+;)。。。おありがとうございました〜。
Commented by apogon2 at 2013-02-01 22:07 x
むむむむ・・本当に職人技ですね。枠の色といい、底板の雰囲気とラベルが素晴らしい、何と言ったって凄いのは標本本体ですね。
抜け殻との事ですが、一体どのようにして脱皮するのでしょうね。きっと調べれば動画とか出てくるのでしょうが・・リアルキャーになる様な気がして探していません(笑)。
レアなアンモもこの様に標本箱に入れればとても際立つのでしょうね^^。
Commented by もとろん at 2013-02-01 22:28 x
apogon2さん、どもばんは〜(+∀+)!!!
カブトガニはそーとーカワイイ系の甲殻類ですよね〜。でも、裏側はリアルキャー(笑)これ系、apogon2さんはニガテでしたよね〜。実は...ワタクシの小学6年の自由研究...札幌のゴキブリでしたよ〜(+∀+)。先生方のウケは良く、見本として使いたいので、学校にちょーだいって言われました。10年後。従弟が見せられてビビったそうです〜(笑)ゴキブリの化石もほっし〜かも。
Commented by トシプ at 2013-02-02 12:14 x
もとろんさんこんにちは!
美術センスがあるもとろんさんならではの作品ですね。
廃材で制作してしまうとはECOですね。
いろんな作品を紹介して下さいね!
Commented by motoronron at 2013-02-02 13:43
トシプさん、どっもでぃ〜す(+∀+)!!!
春の様な日々ですが...明日から下り坂とのこと。普段なら喜ぶところですが、ちと風邪気味で不安しかごじゃりませぬ...(涙)標本箱、廃材ばかりですから、めっさエコですよね〜(笑)まだまだ、タンスのパーツなどあるので作れそうですが、思いの外時間がかかります〜。慣れてきましたら、規格サイズ(笑)で作ってみたいものです〜。
Commented by もーりん at 2013-02-02 18:24 x
こんばんは。アンティーク調の標本箱、超スバラシイです!
仏壇の材料まで使ったところに、高貴さが漂っています。
高橋武美さん宅のコレクションを見学させていただいたときに、武美さんもこれと同じ色調のガラス付き木箱に標本を入れて展示していました。弟さんの手作りの木箱でした。
Commented by もとろん at 2013-02-02 20:48 x
もーりんさん、どもばんは〜(+∀+)!!!
インフルさんは去り始めましたでしょか〜。ワタクシは風邪のひきはじめでドキドキです〜(汗)。標本箱、本当は紙やプラスチックが軽くて便利で良いのだと思います。ワタクシのは懐古趣味だと思うのですが、きっと「博物学」の時代への憧れがあるのですね(+∀+)。。。