ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

ときどき望来通信・Vol.5(+∀+)その3

今回は3連チャ〜ン(+∀+)!!!

先の記事からの続きです。。。

ときどき望来通信・Vol.5(+∀+)その1
ときどき望来通信・Vol.5(+∀+)その2

<<<おことわり>>>
まだまだ、海の生き物が出て来ます(+∀+)。
お嫌いな方はこの辺りで読むのをあきらめるか、数メートル離れてご覧下さい。


あ〜...この行間では手遅れかも....(+∀+;)。。。ちゃんちゃん。


キッチンに収穫物を並べてみます。
e0290546_18595447.jpg
「ん〜、今日はバラエティに富んでますな〜」
「海の幸です(+∀+)」
「(笑)写真アップしたら、ブログ大変なコトになるんじゃないの?」
「海の生き物なんて全てキモチワルイのです。見慣れて、味を知って感覚が麻痺しているだけなのです。高価だとなおさらなのです(+∀+)」
「それは言えてる(笑)」

さて...調理開始。

『ツメタガイの旨煮』
e0290546_18595857.jpg

「大きいね〜。これ美味しそうだな〜。ツブとかアワビみたいな感じだよ、きっと」
と言いながら、Ryoは突きまくっています。
フタは深い飴色でとても美しかったのでコレクションに。
e0290546_190225.jpg

一度下茹でしアクとぬめりを洗い流し、タレの味をしませるために鹿の子切り、
昆布、鰹だし、砂糖、みりん、醤油、山椒、輪切りトウガラシ
圧力鍋で15分加圧後自然減圧。小さな鍋に移し替え、強火で汁を煮詰めたら完成です。
適度な柔かさになり、ムッチリと美味しく、ご飯が進みます。
もう少し味付けを淡くし、薄切りにしても美味しいかもしれません。
使いやすいのでいくらでも料理のアイディアが浮かびます。
e0290546_190964.jpg
(器はイモートさん作)

『カキとエゾヒバリガイの天ぷら』
ツメタガイを煮込んでいる間に天ぷらの用意です。
シフォンナイフ(シフォンケーキを型から取り出す薄手ナイフ)で貝柱をカット。
「おぉ!身がたっぷりじゃないですか」
「メチャデカ〜!こんなに大きいのって珍しいね」
「プクプクしてて美味しそうです」
ヒバリガイを処理します。
殻の端をニッパーで少し切り、カキ同様にシフォンナイフで開きます。
殻の隙間からモサモサと長く伸びる足糸は根元をキッチンバサミでカット。
「この貝は大きくて身が白いのより、小さくて身の赤い方が美味しいんですよね」
「オレンジの方が甘みがあるんだよね~」
e0290546_190554.jpg
極軽く塩をし、サクッと軽〜く揚げます。ジューシーで旨味たっぷりで美味です。
e0290546_1901632.jpg


『ユムシとキュウリのポン酢和え』
ユムシの仲間と思うのですが正確な名前が分かりません。
「ん〜...ご飯の時間近いしな〜...後で調べればいっか(+∀+)!」
と言う事で、フツーに調理することに。
頭とお尻をトンと切り落とすと体色よりやや鮮やかな赤いお汁が出ます。
中からはコノワタの様な細くて驚く程長い内蔵器官がツーッと出て来ます。
縦に半分にカットした後、切片をそのまま食べてみました。
クセも生臭さも皆無、キクラゲそっくりの歯ごたえは大変良いです。
しかし...風味に関しては潮の香り&さわやかを期待していたので少々残念。
旨味が少なく、極々うっすら甘みを感じる程度です。Ryoの口に入れると
「ん〜...この食感はクラゲだな...味が無い...」と同様の感想でした。
刺身の様に醤油とワサビにあわせると一発KOの淡さです。
しばらく昆布の上に乗せて味を移し、軽い塩味で酒肴などにイイかもです。
または、食感のみと割り切れば全くクセが無いので何にでも使えると思います。
今回は時間が無いので簡単に、キュウリの薄切りと和え、少し甘めのポン酢をかけました。
色がとても奇麗です。冷蔵庫で良く冷やし味を馴染ませます。
e0290546_1901295.jpg


『ワタリガニのみそ汁』
拾ってから三年経ち、日々旨味が増す望来昆布で出汁をとったゴボウとニンジンのお味噌汁へ、
カニさんをバーーン!!と真っ二つにしてドボーーン!!
ついでに、ヒバリガイから生えていた昆布も細切りにして入れます。
仕上げにネギをパラリで完成。カニは生きていたのだから最高に新鮮、
少しの臭みも無く、濃厚かつ上品な大変美味しいお味噌汁になりました〜。
e0290546_1901985.jpg

楽しい休日....。どれも、おいしゅうございました(+∀+)。。。
[PR]
by motoronron | 2013-02-07 19:05 | 石狩 | Comments(17)
Commented by アルビアン at 2013-02-07 19:36 x
こんばんは(^○^)~もとろんさん、Ryoさん~、こうした生物大好きですから、画像を拡大し過ぎて、ボケて見えました、私はキモ生物大好き、もとろんさん~、生物レシピは、素晴らしいですね、この趣旨のレシピ本、作れば、楽しいです。も~勝てないな~、画像からは、凄く美味しそうですね、ツメタガイは、凄く珍味にもなりそうですね、アオイガイやツメタガイ等、食材に仕上げる、お二人は、素晴らしいです。続くのですね、楽しみです。(^○^)
Commented by motoronron at 2013-02-07 20:03
アルビアンさん、どっもばんは〜(+∀+)。
あ「その3」からお読みになったのですね〜(笑)。すでに、その1〜その2がアップされておりますです。是非、ご覧下さいませ〜。初見ではリアルキャーな生き物達ですが...。一度、調理し、食べた後では、もはや食材にしか見えなくなるので人間っコワイです〜(+∀+;)。ツメタガイはビックリしない味ですよ〜。養殖したり市場で売買するのが大変だから食べないのかな〜?と思ったり。
Commented by アルビアン at 2013-02-07 20:27 x
こんばんは(^○^)~アチャ~私はやっちゃいましたか~、失礼しました、今すぐ行きます~アムロ行きます。早まりました(^○^)
Commented by fossil1129 at 2013-02-07 20:41
私は、きちんと時系列で読みましたよ(爆爆)

でっかいツメタガイやエゾヒバリガイは素晴らしい獲物ですね。
ユムシ、かつてテレビで食材になっているのを見たことがありますが、
食する勇気はありません。

調理の仕方は、プロの料理人さながらです。
びっくりです。
Commented by Macrowavecat at 2013-02-07 21:14 x
ユムシ食ったんですか♪ 尊敬します(笑)
Commented at 2013-02-07 21:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by もーりん at 2013-02-07 22:31 x
こんばんは。怒涛の写真展、すばらしいです!
ツメタガイ、私はぜったい食べようと思わない生物です。
もとろん&Ryoさんの原始的というか、究極の自然体に
ただただ、感動しています。
夕日に輝くオレンジメノウ・たくさんの奇怪生物
本当に素敵です。
よくこれほどの写真をアップしてくれましたね。
感謝。<(_ _)>
冬のうちにもう一度望来に行こうっと!(*^_^*)

感動
Commented by きこりん@北のほたるや at 2013-02-07 23:26 x
1から順番に拝見させていただきましたー^^

ツメタガイが食べられるのは知りませんでした^^;
ツブの中に混ざっている物を親たちがよけているのを見ていたので
非売品だと思い込んでいましたw

それにしても
この料理の技はタダ者ではないですねぃ(@_@;)

さて、料理店でも開きますかぁ・・・
お手伝いいたしますよん(^_-)-☆

何でも食べちゃうもとろんさんとRyoさん・・・
きっと、初めてナマコやタコを食べた子孫なのかも・・・(V)o¥o(V)
Commented by apogon2 at 2013-02-07 23:54 x
お料理の腕前、流石ですね。
盛り付けなんかプロレベルです。十分に小料理屋さん、開業出来ますね。
採ってきた食材を余すことなく使うのは本当に好感が持てます。
貝もカニさんももとろんさんとRyoさんに拾われて、食べられて本望なのではないでしょうか^^。
Commented by ZX9-R at 2013-02-09 20:10 x
ヒャーッ!! もとろんさん!! 食べちゃったのですか!!
私も子供の頃、浜育ち(でも泳げない)だったので、海岸でウネウネ、ヌタヌタ達をいろいろ見ましたが、食べようなどど思ったことは
一度もありません。でも料理の腕前もすごいですね。ちょっと美味しそうに見えました(笑)
Commented by もとろん at 2013-02-10 11:43 x
アルビアンさん、ともともで〜す(+∀+)。
今回は分かり難い記事の書き方で失礼致しました〜。
写真の枚数制限が無ければ一本の記事にまとめられるのですが...。最後まで読んで下さりありがとうございました〜。
Commented by もとろん at 2013-02-10 11:47 x
fossil1129さん、どもももも〜ん、の、も〜ん(+∀+)!!
ぐちゃぐちゃした記事構成に惑わされず無事最終記事にたどりつき、おめでとうございます。商品としてユムシ1ケース差し上げまする〜(+∀+)。上にも書きましたが、一度、調理して食すると、もう食材にしか見えないものです〜(笑)。
Commented by もとろん at 2013-02-10 11:49 x
Macrowavecatさん、どっもにちは〜ん(+∀+)!!
ユムシ頂きました〜。最初は「ん〜...どうかな〜...??」と思ったのですが(特に鮮度問題)いざ調理を開始してしまえば、そんな心配は微塵も無いものです。ワタクシ的に美味いか不味いかが全てどえす(+∀+)。ワタクシは不味いのは豚でも鶏でも喉を通らないです〜(涙)。
Commented by もとろん at 2013-02-10 11:53 x
もーりんさん、どっもでぃ〜すんすん(+∀+)!!
全部頂きました〜。あり〜(+∀+;)??ツメタガイもダメですか〜(笑)?フツ〜の貝のお味でしたよん。ワタクシめも内心「Ryoさんはよく付き合って食べてくれるな〜...」とは思っております(+∀+;)。ユムシさん、想像ではこりゃビックリ!美味の予定だったので、ちょっと残念でした〜。是非またモーライに来て下さいね〜!!
Commented by もとろん at 2013-02-10 12:01 x
きこりんさん、どゅもどゅもで〜す(+∀+)!!
最初からお読み下さったきこりんさんにも...ユムシ1ダース差し上げまーす。海近くの方もツメタガイ食べなかったですか〜。美味が豊富にあるとさらに扱い悪くなるかな〜とも思うです(笑)「初めてナマコを食べた人は〜...」話、ワタクシも「余程ひもじかったのでは?」と思っておりましたが、そんなにハードルの高いものではない事を身を以て知りました。
Commented by もとろん at 2013-02-10 12:06 x
apogon2さん、どもんじゅ〜る(+∀+)こまんたれゔ!!
「獲った」だとカッチョコイイのですが、ワタクシたちのバヤイ「拾った」ですものね〜(笑)しかも、いちいち鮮度チェックをしながらという恐ろしさ。貝もカニもユムシも不本意だったとは思いますが...ワタクシたちに掴まってしまったのです...パクパク...ちーん(+∀+)ごちそうさまてす。。。
Commented by もとろん at 2013-02-10 12:17 x
ZX9-Rさん、どもんじょ〜るの(+∀+)こめすた!!
ZX9-Rさんは海っ子ですものね〜。きっと沢山の興味深い体験をされた事と思います。ワタクシと余市、石狩にも住んでいましたが、子供の足では海が超近という程でもなかったのが残念です。もし、ちょっとでも美味しそうに見えたのでしたら良かったです。ネットではいかにもグロく汚らしく食す記事ばかり、内容に笑っちゃう反面少々違うな〜とも思っていたのです。どんな高級お肉だって屠殺シーンはある種のグロ。湯気の立つ内蔵を顔中血まみれにして食べているイヌイットの子供の笑顔はある種の幸福と美...とか思ったりもするです(+∀+)。