ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

夕張・真冬のダイスキノ川

4日間のRyoのお休みも最終日になってしまいました。
少しでも時間を有効にと思っても、あっと言う間に過ぎてしまいます。
最近、ワタクシは体調が優れず、この日も珍しく軽い胃痛がありました。
大した痛みではなかったですし、折角のお休みを寝て過ごす訳にはいきません...。

「Ryoさん、今日はどうしましょうか?」
「イイお天気だから望来行くか?」
「行ったばかりですし、まだ変わってないんじゃないでしょうか(笑)」
「浦河は?」
「時間的に絶対にムリでしょう(+∀+;)!!!それに今日潮が引くのは夜だったはずです。博物館はどうですか?」
「博物館か〜。アレはいつでもイイ....まだツブレないでしょ?川、行こっか?」
「リニューアルしたばっかりですからねっ(+∀+;)!!  川ですか?イイですけど埋まってても文句言わないで下さいよ...」
「ダイジョブ×2、ちょっと、どんなか見に行くだけだから(^ ^)」
「ドライブって感じで...ですね」
「そう。ドライブ。やっぱり川には行っておかないとね」
「いつもならオーバー・ザ・ユーバリですけど、今回はダイスキノ川にしましょう。あそこなら手前に民家があるので除雪が少しはいっていると思います。砂防より下は見た事ないですしね。きっと幌内層(古第三紀)が出てますよ」
「よしっ!スナモグリッ!! 行くぞ(^ ^)!!」

真冬のダイスキノ川へ行くのは初めてです。
2月上旬だというのに春の様な日差しで暑いくらいです。
アスファルトは殆ど露出し安心して運転できます。
真っ白な栗山の丘陵を登ったり下ったり、越えて行きます。
「お天気が良くて気持ちが良いですね」
「冬らしい風景が好きだけど、たまにはこんなのもイイね。いつもより雪も少ないみたいだから川も出てるよ」

e0290546_19185491.jpg
おなじみの夕張のセイコーマートでお昼ご飯を購入。
ワタクシはお腹の調子を心配しながら、恐る恐る食べます。
目の前を通り過ぎる珍しい除雪機にRyoは歓声をあげ、あんなトミカが欲しいと言いました。
どこも道は良好でしたので、夏と変わらない時間で到着しました。
除雪は思った通り民家奥にある施設の手前まで入っていました。

降りて支度を始めると急に雪が降り始めました。
「あら...ここにきて降り始めましたか...」
「山の天気は変わりやすいからね〜、こうでなくちゃ!!」とRyoは元気です。
e0290546_19185825.jpg
深い雪を漕ぎながら橋の上へ向かいますが10mほど歩いただけで汗ばみます。
下を覗くと川の流れが見えました。
「これなら大丈夫ですね。さて...どこから降りるかです。下まで4mくらいでしょうか?」
橋の袂から川に近づこうとするのですが、いよいよ雪は深く、腰まで埋まり、なかなか進めません。
先頭を歩くワタクシは、僅か数mで汗だくになり息があがってしまいました。
ようやく辿り着いたポイントは落差がありすぎて難しいと判断し、泣く泣く対岸へ移動します。
e0290546_1919261.jpg

再びあえぎながら川へ近づきます。目指す木に辿り着いた所でダウン。しばし休憩をとります。
「雪の中を歩くって大変だね〜」
「ホントですね〜(+∀+;)よく雪山なんかに登りますよね〜。はぁぁ」
「足に付けんのなんていうんだっけ?」
「カンジキですか?ふぅ...」
「それそれ。それあったら埋まんないでしょ?」
「たぶん、だいぶマシだと思いますよ。げほげほ」
「今後、アレはいるな!!」
「...なんか、Ryoさん、やる気まんまんですね(+∀+;)はぁはぁ...」

息を整え、川へ張り出した木にロープを巻き付け降りてみます。
雪の足場は頼りなく、ロープにぶら下がったまま足をジタバタさせ
踏み場を作りながら、少しずつ降りて行きます。
e0290546_19193739.jpg
ようやく川へ辿り着きましたが、これではRyoにはとても無理です。
e0290546_19194061.jpg

降り易そうな場所を探して歩くと、すこし離れた対岸に太い木があり、
その下は垂直ではないのでどうにかなりそうでした。
途中までラッセルし道をつけてから戻ります。上がって来たワタクシは既にグロッキー。
雪上で寝込みそうでした。再び対岸へ向かいロープで降ります。
「なんか、同じトコを行ったり来たりだね〜」
「こりゃ、遭難ごっこですね〜(+∀+;)はぁはぁ...」
「雪が深すぎて、一度座ったら立てないよ」

到着から1時間、ようやく下に降りる事が出来ました。
e0290546_19194314.jpg

枯れた水草はとても滑り、ウェーダーの靴底のフェルトもまったく効きません。
慎重に足を進めないと即転倒です。特に今回はロープで降りたので挫く訳にはいきません。

降りて早々、水中にノジュールらしき石を発見、
気軽にパーンとハンマーを打ちつけると何かが出ました。
川底から拾い上げるとアンモの痕跡がみえます。
「やった〜!! ぅうっ!?...こ、これはハウエリさん(+∀+;)!?やってしまったのか....」
まさかのアンモ...。これまでダイスキノ川でハウエリセラスを採った事がないので、
嬉しさと割ってしまったショックが交錯しました。
e0290546_19194626.jpg
「Ryoさ〜ん、アンモが出ましたよ〜(+∀+;)ハウエリ〜」
「え〜っ、ココで?」
「上流から流れてきたんだと思います。でも割っちゃいました〜....」
「あ〜らら」
e0290546_1919593.jpg

何度も足を滑らせながらヨロヨロ進みます。白亜紀ノジュールは落ちていませんが、
泥岩層にはポコッと幌内ノジュールがはまっています。
e0290546_19194793.jpg

割ると二枚貝が出て来ました。
e0290546_19195026.jpg

凍結し脆くなった川縁の泥岩層の下には小さなノジュールがこぼれ落ちていました。
e0290546_19195296.jpg

e0290546_19195452.jpg

苦労して降りたのに、目的の砂防ダムどころか4〜500mしか歩く事が出来ませんでした。
天候も悪くなって来ました。一応、成果もあったので帰る事になりました。
e0290546_1920164.jpg

川から上がると、いよいよ雪は激しく降り始めました。
e0290546_19203012.jpg

e0290546_20391195.jpg
Ryoの実家の庭の栗だけで作った「栗あんぱん」を食べながら、
「やっぱり雪はいいね〜」なんてノンキなことを話しながら出発したのですが、
夕張を抜け、家に近づく程ひどくなり、ホワイトアウトする中、怖々帰りました。

帰り道、ずっとイヤな寒気を感じていたので、すぐに温かいお風呂に入りましたが...手遅れ。
ビールとブタスキを「後で勿体ない事にならぬか...」と怯えながらもたらふく食べ、
ヨロヨロのフラフラのモーローで、朝のパンだけをどうにか焼いて寝込みました...。

家が揺れる程の猛吹雪は朝まで続きました。あまりの具合いの悪さに寝付けず、
窓を激しく叩く雪の音を聞きながら、明日Ryoの飛行機は飛ぶのだろうかと心配していましたが、
朝には青空が見えていました。車を出すため除雪をし、Ryoを駅まで送ります。
「あんなヒドイ吹雪だったのに、毎度ながらスゴイ強運ですね...(+∀+;)」
「ま、アタシは心配してなかったけどね〜。じゃ、ちゃんと寝てなきゃダメよ?」と九州へ旅立ってゆきました。
帰宅は一ヶ月後...春の遅い北海道、花の季節はまだ遠いでしょうが、
今は黒々とした山々も芽吹きを控えて明るい色へと変わり、
運ばれてくる風の香りもグっと春らしくなっていることでしょう...。

さぁ、次回のお休みは何処へ行きましょうね。
[PR]
by motoronron | 2013-02-10 19:37 | 夕張 | Comments(14)
Commented by アルビアン at 2013-02-10 20:12 x
こんばんは(^○^) 真冬のアタック、お疲れ様です。素晴らしいです。まさに、秘境アタックですね、私も、真冬の初山別や北竜を思いだします。もとろんさんは、Ryoさんをしっかりサポートしながら、伝わります。化石採集の中での、お互いの気持ち、羨ましいです。こうした採集は、やはり、ある時期に行いますから、年齢が増すと、段々減りますね、私も、本音はあの頃に戻りたいです。仕事が嫌で、胃痛でした、しかし、休みの日は、大好きな事をして過ごしたいと、多少無理しても、採集に行きました、不思議に、採集中は胃痛は治ります。もとろんさんの記事は物語性があり、大変大好きです。(^○^)
Commented by はにわ at 2013-02-10 20:19 x
すげ~~採集魂ですね。腰まで雪に埋まってますけど
さすがに北の人でもまだ採集行かないんじゃあないですか!?ロープで降りるというのもなかなかサバイバルですよ。お気をつけ下さい
ryoさんは九州行きですか いいですねえ
Commented by fossil1129 at 2013-02-10 21:07
命がけ!
私は、行きたくない冬のダイスキノ川。
あまりにハードすぎますよ。

北海道でも
他の化石ハンターの追随を許しませんね。
Commented by P at 2013-02-10 21:55 x
相変わらず凄いことしますね!!
冬だと熊さんに会うことがないので、それだけが救いですね。
あんまり自然をなめるとヤバイっすよ!
自分も何回かヤバイことがあり、なるべく無理しないようにしています。
Commented by もとろん at 2013-02-10 22:27 x
アルビアンさん、どもばんは〜(+∀+)!!
最終日、Ryoさんに楽しんで欲しかったのですが、結果はビミョ〜な採取品と風邪ひきでした〜(涙)。アルビアンさんが行かれた冬の初山別はなんとなく想像できるのですが、冬の北竜というのは...かなし厳しいのではないかと...(+∀+;)??数々のワイルドな伝説をお持ちのアルビアンさんならではと思うです〜。採取中は集中力アップなのか冷たいの痛いの飛んでいってしまいます(笑)始めた頃、真冬のモーライで素手で何時間もノジュールを拾っていました。端から見ると苦行の様ですが無心で平気でした〜(+∀+)。ただ、採れないと俄然辛さばかりなのです〜(汗)いつまでも元気で採取したいですが、ワタクシたちには時間が少ないのが残念です。
Commented by もとろん at 2013-02-10 22:34 x
はにわさん、どもっで〜す(+∀+)!!
ワタクシたちは中途半端な化石好きなので...採取魂ではないのです〜。今回も他のハンターの方を出し抜く為に冬に行ったのではなく、殆どレクリエーションなのです〜(+∀+;)。皆様程体力は無いですし、辛いこと、汗をかくことキライです...(笑)そして、ず〜っと臆病です。一人で山に入るなんて、とても×2。はにわさんも、実際にワタクシたちの横におられたら「な〜んだ(笑)」って仰ると思うですよ(+∀+)。
Commented by もとろん at 2013-02-10 22:43 x
fossil1129さん、どもどもで〜す(+∀+)!!
ん〜、盛り上げて下さりおありがとうございます〜(笑)既に御存知かとは思いますが....このブログは日記というよりもエンタメの割合が強いのです。「嘘」は書きませんが、事実をワタクシの感覚でマシマシで書くため、ある種のフィクションだと思っています。真実はRyoさんとワタクシしか知りませんが、それでも、Ryoさんの感じた事、思った事、気付いた事はワタクシには分かりません。その意味でも不完全であり真実ではないと、いつも感じているのです(+∀+)。。。
Commented by apogon2 at 2013-02-10 23:49 x
真冬の巡検、お疲れ様でした。
それにしても凄いアタックですね。木にロープをかけ、川に降りるなんて・・私は無理(^_^;)。木が折れるか、ロープが切れるかどちらかでしょう(笑)。
でもそこそこの収穫があって良かったですね。
Ryoさん、一か月の出張ですか・・寂しくなりますね。
Commented at 2013-02-10 23:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by もとろん at 2013-02-11 00:27 x
Pさん、どもどすえ〜(+∀+)!!
上で書いた皆様へのお返事と同様になってしまうかもですがお許し下さい(+∀+;)「お外がアブナイ」とは思っております。臆病なワタクシはいつもコワイと思い、Ryoさんに危険が無いかを何より心配しております。だから自分も怪我をしてはいけません。「では何故今回の記事の様なことをするのか!?」と思われるかと。実際の現場を見て頂くのが一番なのですが...。普段、アウトドアや特別な事をしていない女性でも躊躇無く出来る程度の事だからです。もし、文章をお読みになって、辛さや苦しさや恐怖を感じたとしたら、それは身体能力が低いワタクシが感じ、書いたコトだからです(笑)これからも、皆様程ハードな事はワタクシには絶対出来ませんので、どうか御安心してお読み下さるとウレシイです〜(+∀+)。
Commented by もとろん at 2013-02-11 00:38 x
apogon2さん、どもばんは〜(+∀+)!!!
お天気よかったのに帰り道は激吹雪で戦きました〜(+∀+;)!ロープは案外丈夫みたいです。外国の大きな方がガシガシ使っているのを見ると安心しちゃいます(笑)ロープを使う様になってから行動範囲が広がり、安心感もUPです。熊タンに出会った時も昔のアイヌの人の様に「ヘロヘロ」ヘビみたいに揺らすと逃げて行くかもですよ(+∀+)!
どんな時でも「ボウズで帰らん!!」がモットーのワタクシたち、しょ〜もない化石でもお持ち帰りします〜(笑)1ヶ月は長過ぎますが〜、今回はRyoさんに風邪が伝染る前に出発してくれて良かったです〜。
Commented by もとろん at 2013-02-11 01:04 x
非公開コメットさん、どっもで〜す(+∀+)!!!
おありがとうな情報おありがとうございます〜(涙)こりゃRyoさんは残念な時に旅立ちましたね...(涙)。是非、非公開コメットさんがキラーン!!とナイスなゲッチョをよろしくで〜す(+∀+)!!!
Commented by もーりん at 2013-02-11 15:31 x
こんにちは。カゼ大丈夫ですか?
節々が痛んだり、頭痛がしたりだとインフルエンザA型ですよ。早目に病院に行って、診てもらったほうがいいですよ。今の医療の進歩、すごいと感じました。目薬のような容器の中に魔法の粉が入っていて、口から吸引すると直接、気管や肺?にまで届いて、一発でラクチンになりました。(*^_^*)
ロープを使っての冒険、すごいです。もとろんさんのブログ開設当時の記事で、冬の桂沢のガケを降りるお話、本当にチン寒(さむ)になりました。
今回のロープ作戦、そのときの学習の成果ですね。
少し安心しました。(^_^;)
ワタクシはきのう、妻子・愛犬・妻のイモートの4人+1匹で望来で楽しい一日を過ごしました。
みんなの合計はメノウ300個+あるふぁです。そんなに拾ってドースルの?・・・(^_^;)
温かくして、睡眠をたっぷり取ってくださいね。
Commented by もとろん at 2013-02-11 15:46 x
もーりんさん、どもどもでぇ〜す(+∀+)!!
ご心配おかけしました〜。風邪は皆様ほど酷くはないと思うのですが...やはりつらいものがあるです(+∀+;)。コメントのお薬って喘息薬の様なものでしょか〜。子供の頃、従弟や友達がメカメカしいお薬をヒュンヒュンしているのをみて羨ましく思いました(笑)ワタクシ丈夫ではないですが、病院...10年以上行ってないです〜。ロープはいつもリュックに入っていて、楽チンしたい時に使うです。たかが紐一本、便利なモノだと思います。望来ではメノウいっぱいゲッチョなさったのですね(笑)たしかに、拾いまくってしまうの分かります(+∀+;)。望来メノウはたぶん新しい層にまざっているのだと思うです。付近の山の土採り場や当別からも、上の方から出て来ます。ステキな連休を過ごされましたね〜。Macrowavecatさんは浦河に行かれたみたいですよ〜(+∀+;)!!