ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

当別・青山・初冬の当別川へ

2009年 12月上旬

良く晴れた寒い午後。
ワタクシたちは澄んだ青空の下、雪に覆われはじめた広い湿地を渡っていました。
当別川で一番お気に入りの場所へと向かっているのです。
e0290546_17134918.jpg

「いつも草が高い上、足元グジュグジュですから今日は楽チンですね」
「今が一番イイ時かもね。一昨日は酷い目にあったからな〜....」
「あれにはホント参りました...(+∀+;)」
ワタクシたちは、二日前にも当別川の違う場所へ行ったのですが、
降りしきる雪の中、延々と笹やぶを漕ぎ、疲れ果てショートカットしようと対岸に渡ったつもりが
中洲だったり、ビーバーの巣の様に堆積した流木を橋に川を渡ったりと散々だったのです。

ようやく川岸に到着しました。産地へは川を渡らなければなりません。
早速ウェーダーに着替え、腰まで浸かって慎重に渡りました。

「ここに冬来るのは初めてですね」
「結構、凍ってるな〜...」
e0290546_16594174.jpg

e0290546_16585210.jpg

「ほら、化石が氷から透けて見えてますよ」
「採っていい?」
「どうぞ、足元気をつけて下さいね。今日の川に落ちたら冷たいですよ〜(+∀+)」
Ryoはタガネを地面に突き立て、勢いよくハンマーを振るいますが、なかなか刺さりません。
e0290546_16591654.jpg
「凍ったら、割れやすくなるのかと思ったら逆みたい」
ワタクシも試してみました。たしかに硬いだけでなく粘る様な感触もあります。
「本当ですね...いつもみたいにポロッとは取れないです」
「でしょ〜。こりゃ、周りをぐるっと掘らなきゃダメか〜」
普段なら、チゼルで突くだけで採取出来る二枚貝ひとつに大変な手間です。
「今回は泥岩からでなく、ノジュールを割った方が早いかもしれませんね」
雪に覆われていない場所を求め、下流へ移動しました。
e0290546_1705834.jpg
e0290546_1782655.jpg

下流も状況は似た様なものでしたが、若干傾斜があるため水がたまり難く
氷層は薄く、地面の露出もやや多い様でした。
ワタクシが氷や枯れ草の写真を撮っている後ろでRyoは必死でハンマーを振るっていました。
しばらくして「やった〜!!採れた〜!!」の声。
振り向くとRyoが深く大きな穴を掘りあげていました。
「おぉ〜スゴイですね、一体何が採れたんですか(+∀+)!?」
「ん、マコマ」
「......(+∀+;)。。。」

川の中に大きめのノジュールをみつけ、大ハンマーで割ると真ん中に真っ白なウニが入っていました。
「Ryoさ〜ん、ウニですよ〜(+∀+;)!!」
「お、白ウニじゃん。やったね。その調子でジャンジャン割って〜」
e0290546_1711535.jpg

e0290546_1711924.jpg
当別川のウニ化石は泥岩層に直接埋まっているか、
この様にやや大きいノジュール中に一つだけ入っている事が多いです。
前者は風化していたり破損している事が多く完品を得るのは難しく、
後者は砂岩質のノジュールが割れ難く大変です。
夕張のノジュールの様にガラス質を思わせる割れ方はしません。
割れ易い「目」の様な方向性もありません。
ガスガスしている割に硬く、割るというより叩き壊すという感じです。
化石自体の保存状態は素晴らしいのですが、非常に分離が悪いため良い標本にはなり難いです。

大八木さんの本では「ウニが多産」という記述がありますが、
ワタクシたちの印象では少ないです。
また、ウニがノジュールからはみ出している写真が掲載されていますが、
残念ながら、この様なウニもあまり見た事がありません。
大八木さんが採取したという砕石工場はとうに無くなり、
辺り一帯は新しいダム建設のため、あらゆる所を大きく掘り返していました。
今後、採取が困難どころか、水の底となってしまうことでしょう。
それを危惧していたからこそ、この日もワタクシたちはここにいたのでした。

「あー、疲れた。全然掘れないよ」
「休みながらやってください。でも、動いていないと寒いでしょ(笑)?」
「寒くないけどさ、なかなか出てこないからイライラするんだよね〜」
「(笑)難しいものです...」
「ね、氷の模様がどれもおもしろいね」
e0290546_1722890.jpg

e0290546_1723714.jpg

「見て下さい。こっちの水が滴っているところの氷は小さなニョロニョロみたいですよ」
「あ、ホントだ。氷の下に水が流れるとウネウネ動いて見えるね」
e0290546_172594.jpg

e0290546_1723362.jpg
薄氷を踏むと、乾いた音をたてて割れます。
その薄く美しい模様を壊すのは心地良さと同時に禁忌的感覚もあり、ちょっとドキドキします。
「あー! キレイな氷割ったらダメよ!! それアタシが割るヤツなんだから! アッチのは割ってもイイよ」
「.......あれ割ったら川に落っこちるでしょうがっ(+∀+;)!!!!」

3時間程、思い思いの場所で採取を続けました。
マコマ、タマガイ、ウニ、巻貝数種....少ないながらも収穫はありました。
冬の川の風景や自然の造形も楽しめました。

「採りにくいのはイヤだけど、冬の川ってイイね〜」
「気持ちが良かったですね〜(+∀+)」
「虫もいないし(笑)!」
「汗もかかないし(笑)!」
「明日、テント持って来て泊まろっか?」
「ん〜....(+∀+;)。。。あったか寝袋買ってからにしましょう」

e0290546_175122.jpg

4時を過ぎ、すっかり薄暗くなってきました。
Ryoは足早にスタスタとワタクシの先を歩いています。
e0290546_17533100.jpg

Rryo越しに遠くピンネシリ、待根山、隈根尻山。いずれも夕映えに輝き美しかったです。
e0290546_17281878.jpg


2013年現在、水没のため同地での採取は困難と思われます。
[PR]
by motoronron | 2013-02-15 17:38 | 当別 | Comments(16)
Commented by アルビアン at 2013-02-15 18:53 x
こんばんは(^○^) 迫りくる水没の前にアタックされ、画像からは、氷の造形の美しさや、夕暮れの山々の美しさ、何やら、歌が作詞出来そうです。この当別地域は、北竜のかえり等に、必ず寄りました~、てっとり早いのは、以前、採石場だった場所ですね、道民の森の曲がり角の大採石場は、素晴らしい化石が有りました~
民家斜め裏採石場は、鯨と巨大ウニが有りました~ あの私の歩いた時代には、今はない、河原に採石プラントが有りました、でも、当時から、少し寂しさが漂う地域、私は好きでした~寒い時期は、確かに、汗や虫の心配がなくよいですね、正に冬の化石ハンターです。(^○^)
Commented by トシプ at 2013-02-15 21:18 x
もとろんさんおばんです!
冬の採取大変そうですがもう慣れっこですか?
一つ気付いたことがあったのですがRyoさんのハンマー土牛のですよね。
多分同じ物かと(笑)
今はエスティングのハンマーか何かに変わっていると思いますが。
寒さに弱い私は冬の採取は無理かもです。
Commented by fossil1129 at 2013-02-15 22:41
水の固体って、いろんな結晶系があることにもよるのでしょうか?
過冷却した水の液体が凝固するときの条件も重なって
すばらしい造形と光の世界が繰り広げられているように思えます。

寒さに強いと自負していた私ですが、
寄る年波で画像を拝見しただけで
ビビってしまっています。
Commented by もとろん at 2013-02-15 23:23 x
アルビアンさん、どっもで〜す(+∀+)!!!
朝日の崖情報、おありがとうございました(涙)カニが出ると知り涙々です。あとでRyoさんにも伝えておきます。モチベーション上がりMAXかと思います〜。当別はアルビアンさんのおなじみ産地でしたから、めっさお詳しいですよね〜(笑)でもでも、たった数年で随分変わってしまいました。ウニウニ特集はいずれまたしますです〜(+∀+)。。。冬探検はインナー長靴をゲッチョしてから全く辛くなくなりました。どんな時もあったかです。インナーはプロノの「もこ助」を愛用しております(笑)暑がりなワタクシにとっては夏探検の方が何倍も辛いです〜(+∀+;)溶けちゃう。
Commented by もとろん at 2013-02-15 23:23 x
トシプさん、めっさぶり〜(+∀+)!!おばんちは!!
冬探検はぜ〜んぜん平気ですよん。上でも書きましたが暑がりなので夏より気持ちがイイです。あ、ハンマーは今でもふたりともドギュ〜ですよ。いずれエスティングとは思いますが、以前、夕張でお会いした方に使わせて頂いたところ、鉱物用ですから、なんとなく柔らかい感じがして「コクはあるけど、キレが悪い(+∀+;)???」なんて思っちゃいました。とは言え...ワタクシすぐに頭を飛ばしちゃうので、やはり一体型のエスティングになるかと思います(笑)
Commented by もとろん at 2013-02-15 23:28 x
fossil1129さん、どもばんは〜(+∀+)!!
氷は不思議ですよね。自然は常に一定の条件ではないので、どんどこ面白い事になってしまいます。たまに「何故にっ(+∀+;)!!??」という氷もあります。キノコと一緒ですぐ写真を撮ってしまいます(笑)連日、寒そうな写真ばかりですびばてん。でも...写真ほど寒くはないのですよん。暑いの超キライなワタクシですが、一般的なホッカイロ〜人なので寒いのもニガテです(笑)ポイントは「もこ助」ですよ〜(+∀+)もこもこ。。。
Commented by もーりん at 2013-02-16 02:22 x
こんばんは。もとろんさんの情緒あふれるホームグラウンドでの写真と紀行文に心いやされます。いつも感心しているのですが、目に浮かぶような、情景描写はどちらの作家の影響を受けていらっしゃるのでしょうか? かなり文学作品をお読みになっているのでしょうか。(*^_^*)
私もすこし文章に磨きをかけたいと、常々思っています。
今回の私のネタ、「ワタクシ」「イモートさん」・・・もとろんさんの文章表現が乗り移っていることに気づきました。
すみません<m(__)m>
Commented by kitanohotaruya at 2013-02-16 09:30
おはにちわ~^^/

ずぅ~っとブログを拝見していて
もうもうもうもう、この「クレイジー」とも思える探究心に脱帽です><

様々なチャレンジの数々・・・
同じフィールドにご一緒させていただいたような錯覚すら覚える文章・・・
痒い所に手が届くほど詳細なお写真・・・

私のようなド素人はコメントするのも憚れるほど
どの記事も圧倒的なパワーで迫ってきます。
Commented by もとろん at 2013-02-16 13:18 x
もーりんさん、おこぬつは〜(+∀+)!!!
ココは本当に×2大好きな場所でした。いつか復活してくれる事を願っております(涙)。高校の頃は読書好きと思っていましたが最近は全くどえす。もーりんさんのブログに出現したのはたぶんワタクシの生霊の悪戯です。ここのところ風邪気味でアチコチ意識が彷徨っておりましたので〜(+∀+;)。もーりんさんと奥様のやりとりめっさ爆笑でした〜(+∀+)!!!何度も読み返してしまいました〜。
Commented by もとろん at 2013-02-16 13:26 x
きこりんさん、どもにちは〜(+∀+)!!
先日はきこりんさんの他のブログにまでお邪魔し失礼致しました〜(+∀+;)。んも〜、そんなにクレージーではないのですってば〜。のほ〜と探検ごっこしております。いつも皆様のコメントを読んで「みんなより全然ぬるいのにね〜」ってRyoさんが笑ってますよ〜。...いや!エンタメブログを自認しているのだから、過激に書かなければ!!え〜と、我々の探検は過酷さを極めた...。とうに飲料水は尽き泥水を啜りながら進む。野獣や山賊が潜む密林では尺五寸の山刀を片時も離せない。崩落に巻き込まれ額を割った時には蔓草で縫合せざるを得なかった...で〜す(+∀+)!!!
Commented by Macrowavecat at 2013-02-16 20:04 x
溜息が出るような綺麗な風景ですねぇ。水没するまで一度行ってみたかったです。
Commented by ZX9-R at 2013-02-16 20:15 x
冬巡検のスペシャリストですね。”今が一番いい時期かも”なんてセリフはもとろんさん夫婦以外は絶対に言えませんよ~。冬の渡渉は超寒そうです。氷の写真たちは芸術作品ですね。同じものには二度と出会えません。○○カメラに投稿されてはいかがでしょうか。美しい写真を見ていたらなんだか化石なんて取れなくてもい~やって感じちゃいました。
Commented by apogon2 at 2013-02-17 00:41 x
流れるような素晴らしい文章と写真に癒されました。
美しく氷が張った川の様子や、夕闇に見える山々の情景は自然に親しむ物が見る事の出来る特権ですよね。
そのような自然の中で化石採集が出来る私たちは幸せだと感じます。
Commented by もとろん at 2013-02-17 01:33 x
Macrwavecatさん、どもばんは〜(+∀+)!!
今年も当別川の情報はアップすると思うです。素晴らしい産地が復活している事を心より願っているのですが...。その際は、Macrowavecatさんも、是非一度行ってみて下さいね〜(+∀+)!!
Commented by もとろん at 2013-02-17 01:36 x
ZX9-Rさん、まいどもあり〜(+∀+)んす!!!
写真程サムサムではないですよ〜。意外にフツーに行動出来ます。氷の造形は本当に面白くて、ついあれもこれもと写真を撮ってしまいます。今回も枚数制限があるので紹介出来なかった写真が多く残念です。ワタクシたちは「ボウズで帰らん」がモットーなので景色がキレイでも必ず何か探す様にしています〜(笑)何にもないとRyoさん無言になっちゃうし...(+∀+;)。
Commented by もとろん at 2013-02-17 01:49 x
apogon2さん、おぼんで〜す(+∀+)こぼんで〜す(+∀+)。。。
仰る通り、自然のまっただ中にいないと体験出来ない事ってイッパイあると思うです。ワタクシにとって自然は癒しというより尽きる事の無い強烈な刺激です。精神や意識も収斂の真逆でブワーッと拡散する感じです。山籠りで精神統一なんて...どんだけハードル高いのかと思うです。マクドナルドのベンチの方がよほど内省的になれそうです〜(笑)。