ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

地図のはなし

毎度ながら...ベテランの皆様には全く不要な記事です(+∀+;)。
これから化石採集を始めたいと思っている方のお役に立てればと思います。
e0290546_19404178.jpg

方向オンチの上、記憶力の悪いワタクシは採取に行く前、必ず地図をプリントします。
肥後育ちでワタクシ以上に土地勘の無いRyoにも分かり易い地図作る事で
より採取・探検気分を楽しんで欲しいとも考えています。

地形図は日々刻々と書き換えられています。特に川沿いはその頻度が高い様に思います。
先月、見た時にはあったはずの記載が消えていたりします。
「加えられる」だけならまだしも「あるのに消えてしまう」のです。
地図のバージョンアップは、化石採取をする者にとって必ずしも「改良・改善」とは言えません。
化石産地は川沿いに多く、河川工事やダム等出来るとまわりの様子も随分変わってしまいます。
ですから、採取に行った時点での地形図を写真と共に保存しています。
将来、変更があったとしても、幾分予測しやすいと考えています。
e0290546_1937415.jpg

この二つは同じ場所です。下が新しいものです。
より細かく用水路などが描かれていますが、大変見難く、肝心の露頭も分かり難くなっています。
等高線が狭くなっているので状況は推測出来ますが、古い方がすぐに目に入り期待も持てます(笑)
e0290546_19274963.jpg
e0290546_19275229.jpg

古い地質図と現在の地図を照らし合わせるのは案外面倒です。
地質図はカラー印刷され、細かな書き込みが多いため、詳細を読み取ろうとすると苦労します。
古い物は印刷も悪く、折角、地図にない沢が記載されているのに判読出来ない場合もあります。
これなど、もはや妨害とも言える状態です。
e0290546_19472395.jpg


<オリジナル採集地図>
化石採集をはじめた当初は、地質図と地形図をいちいち照らし合わせていたのですが、
現在は、フォトショップを使用して、地形図を合成して広域地図を作ったり、
重ね合わせ、場所の特定の精度上げたり、その時の使用目的に適した
オリジナルの簡易地図を作ったりしています。
地形図と地質図を重ね...
e0290546_19293636.jpg
e0290546_19294942.jpg
e0290546_19295238.jpg
地層を示すカラーと似た色で川や谷をなぞり、
地質図を取り除くと、どこで採取するのがベストか、時代は何かが一目で分かり易くなります。
e0290546_19295434.jpg


<2万5000分の1地形図>
採集を始めた頃、googleやYahoo!の地図は今程詳細でなく、車載地図に比べると遥かにマシとは言え、
物足りなく感じていました。
ある夜、地形図が書店で販売されていたのを思い出しました。
深夜、大型書店へ出かけ、25000分の1地形図を幾枚か購入しました。
店員さんがクルクルと丸めてくれた、青みがかった紙の大きな地図、
なんだか特別なものに感じられワクワクして帰りました。
地図の本を片手にいろいろと勉強してはみたのですが、
残念ながら化石採集にはあまり役立ちませんでした。
地図にブルーのラインで引かれた川の流れの精度は著しく低く、
「何番目のカーブの先に...露頭が...あ...無い...(+∀+;)」となります。
結局、現在位置の把握には大きく地形を読む力が要求されます。
また、如何せんフィールドでも車内で広げるにも大きすぎ、文字や線等は微細すぎ、
使い勝手はよくありませんでした。
さらにショックな事に...国土地理院のHP「ウォッちず」で、
無料で地形図を見る事が出来る様になっていたのです。
当然、最新の状態であり紙の地形図に無かった道も記載されていました。
これ以降、地形図は購入していません。折角「山ヤ折り」なんて覚えたのに..。
e0290546_19324240.jpg


<オリジナル地形図の使い方>
地形図をプリントし、それぞれの同一地点にアルファベットを何カ所か記入して
ルーズリーフタイプのクリアポケットファイルにいれます。
広範囲の地図が複数のページに分割されても、同じアルファベットを探すだけで
つながりを簡単に把握出来ます。全体像を知らないRyoが見てもすぐにわかり、
一切の予備知識無しに、ワタクシに情報を伝える事も出来ます。
これは、基本的にフィールドには持ち出しません。車中、計画をたてたり予習するためのものです。
e0290546_19325757.jpg


<GPSロガー>
GPSロガー機能付きのデジカメの導入であらゆる事が激変しました。
例えば、置いてきた化石を迎えに行く際、これまでの様に同じ道程を延々と歩かずとも、
ショートカットしてアクセス出来る様にもなりました。
どの化石がどこで産出したかもメモを残さなくて良くなりました。
短期間であちこちの産地を訪れるワタクシたちは記憶に頼るのが不可能になっていましたので、
このカメラの機能とGoogle Eatrhは本当に助かりました。
e0290546_19362696.jpg
e0290546_20133198.jpg


<地図印刷サービス>
「4x3印刷」というサービスがあります。
広域地図を指定した枚数で分割印刷します。貼り合わせる際のガイドも印字されるので、
面倒な位置の合わせやズレから解放されます。
化石採集には使わないかもしれませんが楽しいサービスと思います。

2008年夏、初めて三笠へ出かける際は、どんな土地か全く知らなかったため、
Yahoo!の地図をプリントし、切り貼りして床を埋め尽くす様な大地図を作りました。
行きたい所を書き込み、林道もペンでなぞりました。
小学生の自由研究の様で、なかなか楽しく、桂沢湖周辺の把握には役立ちました。
当時、このサービスがあったら随分楽だったろうと思います。
e0290546_1940443.jpg

[PR]
by motoronron | 2013-02-26 19:59 | その他 | Comments(20)
Commented by アルビアン at 2013-02-26 20:28 x
こんばんは(^○^)素晴らしいですね、やはり、もとろんさんは、最先端をいく化石ハンターです。昨日、わたしはもとろんさんに、MAILしました、届きましたか~ わたしの10年以上前の、レトロバージョンです。今回の紹介頂いた内容、凄すぎて~ 成る程~を繰り返してますよ(^.^)
Commented by ZX9-R at 2013-02-26 21:08 x
すげ~すげ~スゲンゲ~!! これはもとろんさんが化石採集ガイド本を発刊するときに、ぜひ掲載した方が良いと思います。PCを駆使されていますね~。私はアナログ野郎なので、今でも地形図を購入して、折ったり、貼り合わせたり、色を塗ったりしております。GPSロガーについて教えてください。例えば日毎に記録を表示させることは可能ですか? 例えば別な日に歩いた記録とゴチャマゼニならないか心配なのです。グーグルアース以外の地図でも表示可能ですか? GPS付カメラ、超欲しいです!!
Commented by Macrowavecat at 2013-02-26 21:15 x
すごく参考になりました♪ これまでの記事を拝見して、どうやってポイントを調べているのだろう?と疑問だったのですが、今回のノウハウ大公開でやっと分かりました。素晴らしいです。ところでお宅では猫君も作戦会議に加わっているようですが、ここがポイントだと指さしたりしませんか?(笑)
Commented by fossil1129 at 2013-02-26 21:44
いやぁ~、素晴らしいですね。
「4x3印刷」なんていうサービスも素敵です。

あんまり地形図や地質図を見ない私と比べると
情報量は格段に豊富ですね。

ZX-Rさんの読図能力には、及びもつきませんし
野生の勘だけで行動するしかなさそうです(笑)
Commented at 2013-02-26 21:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by P at 2013-02-26 21:52 x
すごいマメな方なんですね。ビックラこきました。
よく研究者の方々は、自分のルートマップ作成して使っているようです。
一生の宝!!と言っていました。
最近、自分なりのルートマップを作成しようかなって思ってます。
Commented by もーりん at 2013-02-26 22:33 x
こんばんは。あまりのスゴさに唖然としています。
北海道地図株式会社のようです。(^_^;)
私は完全にアナログ方式です。GPSデジカメ、購入決定です。
本当にためになりました。目の前がパッと明るくなりました。
今回の記事、完全保存版にさせていただきます。
手伝ってくれたニャンコ先生にもよろしくお伝えください。
(^-^)v
Commented by はにわ at 2013-02-26 23:47 x
今回の地図話記事とてもおもしろく拝見しました
地形図しか見てないので参考になりました
4×3印刷なんてのもあるんですね。今度使おうかと思います。GPSロガーというのもハイテクすぎて私に理解できるものかどうか?ですがいいな~~ほしいな~とウズウズしとります
最近はスマホのアプリで地図ロイドというやつを使ってます。yahoo地図とGoogle地図と地形図に表示がかえられます。GPS追尾で化石発見場所でチェックいれてます。動作が遅いのが難点ですけど
地質図とあわせて色塗りおもしろそうですね、そういう作業があるのが化石探しの楽しみのひとつでもあるかと思います、記録も残るし思い出も残ります
Commented by もとろん at 2013-02-27 10:36 x
アルビアンさん、どぅもももです〜(+∀+)!!!
昨日は失礼致しました〜&スペシャルサンクスです〜!!!めっさ感動致しました〜(涙)。ワタクシのバヤイ手描きですとコ汚くなる可能性があるのでパソコンを使う方が良いのです。特に書き込みの文字等...1時間もすれば自分でも何と書いたか分からなくなってしまいます〜(+∀+;)。
Commented by もとろん at 2013-02-27 10:57 x
ZX9-Rさん、どもにちわ〜んわん(+∀+)!!!
あんまし褒めないで下さい...(+∀+;)手抜きでやっている事ですのでめっさ恥ずかしいどえす。とにかく手法にこだわらず、お手軽で使い勝手が良い事を優先紙し臨機応変にやっとります〜。ただGPSロガー付きのカメラはたしかに便利でオススメです。GPSのログの取得の開始停止は好きな時に出来ます。タイマーで指定した時間作動させることも可能です。各ポイントに時間が記録されているので写真と位置をつきあわせる事が可能です。ログの形式は「.KML」というもので、調べた所、google以外のサービスでの使用も可能の様ですが、マップソフトとの連携はやはりgoogleなのかなと思いました。
Commented by もとろん at 2013-02-27 10:59 x
Macrowavecatさん、どもものにちは〜(+∀+)!!
褒められるとマジんこで恥ずかしいのですが〜(汗)。もし1μでもお役に立てたのでしたら嬉しいです〜。地質図では化石の出そうな地層がドバーッと塗られているのですが、実際は川しか歩かないので、川沿いにのみ示した方が見やすいと思ったのです〜。
Commented by もとろん at 2013-02-27 11:05 x
fossil1129さん、どももももももももものうち(+∀+)!!!
昨晩はおありがとうございました&失礼致しました。わざわざ非公開コメで書いて下さったのに...ログインしていた所為でフツーに読んでお返事してしまいました〜(+∀+;)Ryoさんに「非公開の人いたね」と言われ始めて気付きました。勝手にやっちゃって下さっても良かったのに〜...めっさ光栄です(+∀+)。地図を見ずに行くのは頭にインプットされているべテラン様の証。そして最後は野生の勘が素晴らしいアンモをゲッチョするのだと思うです〜。
Commented by もとろん at 2013-02-27 11:09 x
Pさん、まいどあぃーんぃーんーん(+∀+)!!!
Pさんまで〜...。マメではなくってめんどくさがりなのです(汗)あとは〜、記事でも書きましたがRyoさんが一目で理解してくれるとイイなと思っています。研究者の方々のノートやメモや地図...どんな感じなのでしょうね?「一生の宝」という言葉に、熱い思いを感じます。ワタクシなぞ可能であればネットで全公開しても良いくらいの情報です〜(笑)。ノーサンキュ〜って言われそう(+∀+;)
Commented by もとろん at 2013-02-27 11:13 x
もーりんさん、どーもーりーんさん(+∀+)!!
ぐへは!!もーりんさんまで〜(+∀+;)。おまけに保存しちゃうとか悪い冗談はおやめになって下さいませ〜(涙)いずれバージョンアップさせてより良いものにしたいと思います〜。新しいペンタのGPSカメラお買い上げ〜!!ですか(+∀+)?レポ楽しみにしております。にゃんこは普段と何か違うせいか、アッチウロウロコッチウロウロ...切れっ端をチョイチョイでした。
Commented by もとろん at 2013-02-27 11:41 x
はにわさん、どっもで〜す(+∀+)ひんべ〜!!!はにまるさま〜!!
地形図しか見ないで化石採集に行かれるというのもゴイスです〜(汗)。カメラのGPSの使い方はめっさ簡単ですよ〜。ワタクシにも使えるのですからして〜。GPS開始&停止の2回のボタンプッシュのみです。写真をパソコンに読み込む際にGPSフォルダに書類が出来ているのでそれを保存し開くだけでGoogleアースが起動し、地球がクルクルまわりなが、歩いた道程にズームインしましす。この瞬間がカッチョコイイのです
Commented by apogon2 at 2013-02-28 09:47 x
す、凄い・・言葉がありません。
SIS(M16)も真っ青な情報収集力ですね。
特にフォトショップを使用して、地形図を合成してオリジナル地図を作るくだりは大変勉強になりました。真似しよ(笑)。
私の化石採集はほぼ行き当たりばったりです。ちらっと地図は見ますが、そこに行くまでの道路を見るだけ・・ちゃんとした情報収集と地形図・地質図とを見比べるのがいかに大事な事なんだと改めて理解しました。

実はGPS機能の付いたカメラを購入予定だったのですが、ちょっと魔がさして先日CA〇ON 7Dを買ってしまいましたw。オプションでGPSレシーバーも付ける事が出来るのですが、良く考えたら重くて化石採集には持っていけない事に気が付きました(爆)。
Commented by もとろん at 2013-02-28 10:44 x
apogon2さん、どもようございます〜(+∀+)!!!
ふふふ...ワタクシがイギリス人であるのはトップシークレットですよん。へろーはーわーゆーでいすいずあんあぽー(+∀+)。フォトショ合成は簡単な割に有効と思うです〜。イキバタで採れちゃうのがベテラン様の証。逆説的ですが一生懸命調べてもapogon2さんの様な成果を得られないのですから〜(+∀+;)!!!も、もしかしてCIAの化石情報部の方ですか?ちょ!!7Dゲッチョなのですか〜(汗)?是非、ブログでイッパイ自慢していろいろ見せて下さいませ〜。GPSロガーは如何でしょ?フィルムと同じ位の大きさで軽くてお手軽と思うです。
Commented by 腕足小僧 at 2013-02-28 11:18 x
みなさんおっしゃるように、これは凄い!
完全脱帽です!
北海道のような広い地域、とりわけ白亜系では有効な手法でしょうね。

そして、もとろんさんがこのような作業に打ち込まれるのも、良く理解できます。
ここからが、すでに楽しいですよね。
小僧も文献やら地質図をひっくり返して産地を調べて地形図にプロットしたり、採集計画をあれこれ立てたりするのが大好きです。
「化石採集は、計画の時からすでに始まっている」(by 腕足小僧)

ところで、いつも思っています。
もとろんさんのチョー軽な文体と、ブログのシリアスな内容の落差は、いったい何なのだ?
Commented by もとろん at 2013-02-28 21:19 x
腕足小僧さん、こんちまたまた御機嫌うるわしゅ〜(+∀+)!!
腕足小僧さんの格言通り、計画している時には川や沢を妄想したり、地質とあわせて、アレがいるかな?なんて想像しちゃって楽しいです。予想通り出会いがあればめっさ嬉しいですが「あ、全然違う(+∀+;)!?...そして沢はドコ?」という事もたまにあります(涙)。緻密な腕足小僧さんが作製された採取地図はゴイスそうです〜。文体の差...は、元がふざけた人間なので〜そうなっちゃうのどえす(+∀+;)!!!
Commented at 2013-03-08 17:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。