ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

カニが待っている...らしいので、ヤソスケへGo!

久しぶりに九州からRyoが帰ってきました...が、お休みは2日間だけ。

「モーライ行こ!モーライ!!」Ryoは朝から張り切っています。
ワタクシは、望来も良いけれど古譚(こたん)より北に続く厚田層(あつたそう)も
見たいな~と考えながら地質図を眺めていました。
ついでに自分のブログをチェックしたところ、新たなコメントがありました。
「ん、珍しい...新規のお客様ですね~(+∀+).... えっ!? 厚田?カニ!?」
慌てて過去の記事をチェック。そして、アストリアスさんがお書きになったコメントに驚愕!!
「カニ化石がたくさんある崖を知ってますよ」テンション激上がりMAX!!!
「Ryoさ~ん!!安瀬(やそすけ)の崖でカニがイッパイ出るんですって~(+∀+;)!!」
「ヤスケソ....どこそれ?」
「ヤソスケです。厚田の少し北です。厚田層と思いますが、同じ層でも古譚ではカニって採ってないでしょ?」
「モーライのぴかぴかカニみたいのが出るのかな?」
「それは分からないのですが "たくさん" だそうですよ。今日は予定を変更して安瀬に行きましょう」
「よしっ!!カニ採るぞっ!!」
「では、ワタクシは駐車場所や脇道を探しますので、引き続き準備よろしくです」
「了解!!」

googleマップや地形図を見る限り、海岸へ続く道は見当たりません。
かと言って、厚田漁港に駐車して歩くのも難しそうですし、怒られたくありません。
「ど~お、分かった?」
「ん~、思ったよりアクセスが難しそうです。幌内川の砂防ダムへの道は今時期ですと雪の下でしょうし、道路脇に適当な場所があれば良いですが...」
「冬だからね〜。とりあえず行ってみて、だね」
「そうですね...。さて採取ポイントです。厚田出身のアストリアスさんが "安瀬" というのですから、おそらく厚田寄りの大きな露頭ではないでしょう。もちろん、ここも同じ厚田層ですから出る可能性はあります。そして、国道231号線が海と沿いはじめる辺りから先は安山岩の安瀬層で化石は出ません。航空地図を見ると地質図の作製された昭和30年代とは道も変わっている様ですね。おそらく最北の薄い厚田層は道路工事でもう無いと思います。今回チェックする範囲は、幌内川~国道が海に寄り始める手前までです。全て歩ける距離ですが、やたらテトラポッドが多いのが気になります。この青い屋根の家までの間で降りる場所を探しましょう。幌内川を過ぎてから目立つ谷が少なくとも3つ、これらも露頭がある可能性があります」

その後、ストリートビューを使いバーチャルで国道をトコトコ歩き回ります。
「この画像、残雪があるので春ですね。やはり北側はこのワンコのいる辺りまでですね。途中、山菜採りと思しき車が駐車しています。谷からは海へ降りられそうです。それでは...張り切って行って参りましょう(+∀+)!!」
アストリアスさんにお返事を書き、すぐに出発しました。

厚田公園の入口を過ぎました。
「もう少しすると、幌内川と交差するあたりで、道が大きくカーブします」
「あ...止められそうな場所あったのに〜、ユンボがいるよ」
「今回はここは諦めましょう」
「谷は?」
「ん〜、雪があると停車出来ませんね。民家前はいやだし...。あぁ、道が海に近付いています。そろそろ厚田層の最終ポイントですね。仕方がありません、あのワンコハウスの前に止めましょう」
先程、ストリートビューで見たワンコがワタクシたちの動向を胡散臭い顔で見ています。

Ryoが準備をしている間に斜面の状態をチェックします。
「Ryoさ〜ん、この斜面は急ですけど、なんとか降りられます。風が強いので気をつけて下さいね」
e0290546_10345021.jpg
「おやおや、下はテトラだらけだね〜」
「今日は時間があまりないので、全部は見る事が出来ません。何度も通いましょうね」
「どんなのが出るか楽しみだね〜」
「seaamberさんが古譚で拾ったヒタチオビも厚田層からと思っているんです。望来とは少しでも違った化石が出ると嬉しいですね」
下へ降りてみると安山岩の石原でした。ノジュールは見当たりません。
また、ビーチコーミングする程ゴミも多くありません。
思った通り、浜益方面はすぐに護岸がしてあり、厚田層の露頭は消滅していました。
e0290546_2332195.jpg

厚田方面へ向かって歩き始めました。
最初に見つけたノジュールからは植物化石が出ました。
波打ち際に大きなメノウが埋もれているのを見つけました。
e0290546_2331754.jpg
「Ryoさ〜ん、ほら、メノウですよ」
「でかっ!!それ、メノウなの?石じゃん」
「こっちの方は、この位のサイズがよくあるんですよ。もっと大きいのもありますよ」
以後、見つけたものは全て厚田特有のゴツゴツした大きなサイズばかりでした。

キララガイの鉸歯が覗く4cmほどの小さなノジュールを拾いました。
しばらくしてRyoも何か入っていそうなノジュールを拾いました。
e0290546_2331925.jpg

「あんましノジュールないね〜」
「う〜ん、お日柄もありますし...」
「テトラもあるしな〜」
「これでは更新が遅そうですね。ま、あまりカニにばかりこだわらず、新地ですから、よく観察して歩きましょう。この辺りの露頭からは、いろんな化石が出るんですから」
e0290546_2331577.jpg
しばらくしてテトラに行く手を阻まれてしまいました。
Ryoのサポートをしながら、ゆっくり、ひとつずつ乗り越えて行きます。
すこし歩いてまたテトラ道...。今度は長いので歩き通すのは大変そうです。
「左手の雪の斜面にあがりましょう。とりあえず登るところを作ってきますね」
隠れたテトラの隙間に嵌る危険があるので、用心深く雪を掘り階段を作ります。
行く手に二階建ての小屋が見えました。無塗装の木製の外壁、常時使っている様で奇麗なものです。
小屋の手前に簡易の船着き場があり、その先は、またテトラが続いています。

Ryoがコーヒーを飲んで休んでいる間、ワタクシはテトラを越えて先の様子を探ります。
小さな露頭が見えていますが、海藻に覆われて滑るテトラを越えて行くのは難しい様です。
小屋の土台から露頭の上部へ取り付く事は、なんとか出来そうでした。
ちょっと失礼して、小屋の脇を過ぎます。露頭に足を掛けた時、
二階の窓に安楽椅子の高い背がちらりと見えました。どうやら海へと向いている様です。
「ステキな事してますね...」
「気持ちがイイだろな〜」
雪に閉ざされた小屋で主を待つ椅子が眺める先に目をやると、海は夕刻の薄明光線に照らし出され、
細かな波が硝子の破片を敷き詰めた様に輝いています。
e0290546_2331378.jpg

露頭に沿って怖々横移動をし、斜面を降ります。
よく観察しましたが、残念ながら化石を見つける事は出来ませんでした。
「Ryoさん、大丈夫ですか?」
「ん...ちょっと疲れてきた」
「この先もテトラなんです。今日は、終わりにしましょう...少し辛いと思いますが、雪の斜面を登って国道へ出ましょう」
e0290546_233691.jpg

上がってみると、大して歩いていないのがわかりました。
「え〜!? たったこれだけしか歩いてないの〜」
「500mに2時間...。さすがに障害物が多すぎましたね(笑)また来て、続きをみましょう」
e0290546_2331029.jpg

家に着きパソコンを開くと、アストリアスさんからのコメントが。
「あ、お返事が来てますよ。海に流れ込む小川の崖...。ノジュールの大きさは5~8cm...なるほど...。これは望来とは違う感じですね。種類も違うかもしれません」
「思ったより小さいノジュールだね。幌内層(ぽろないそう)のスナモグリみたいな感じかな?」
「たしかに、望来のカニ化石は大きめのノジュールからが多いですものね。小川というのは幌内川ですかね?それとも途中の谷川でしょうか...」

あくる日。望来の崖から帰ってきて、Ryoが「これをクリーニングする〜」と
ワタクシに5cm程のノジュールを手渡し、支度を始めました。
端に3mm程の白い化石が覗いています。断面からして小さな巻貝か、
折れたうえ潰れたツノガイが入っている様でした。
「ま〜た、こんなビミョ〜な化石を持ってきて...」と思いながら、
クリーニングしやすくするため、ミニハンマーで荒削りをしていると、
いきなり半分に割れ、パラッと白い化石の破片がこぼれ落ちました。
中を見て驚きました。カニの爪だったのです。
e0290546_233139.jpg
「ちょっと、Ryoさん...これ....カニッ!!」
「おぉ〜、本当だ!!イボイボがあってカッコイイね」
「...これ、望来のですよね?」
「ん、違うよ。昨日ひらったヤツ」
「あっ...これ安瀬のなんですか?」
「そうだよ」
「な〜んだ(笑)ちゃんとカニ化石ゲットしてたんですね」
「ね〜、ビミョ〜でも持ってきて良かったでしょ?」
「ホントですね〜」
「また、こんなの持ってきてとか思ってたでしょ...?」
「え、まぁ...(+∀+;)」
「実はアタシも壊れた貝化石かな〜って思ってたんだ(笑)」
「2個しか採ってないノジュールのひとつがカニ化石だったなんて、運が良いです。おかげで、ちゃんとしたブログ記事になりそうですよ(笑)」
「それにしても白くてキレイだね。幌内層のスナモグリより大きいしカッコイイよ。これ、はやくクリーニングしてみせてよ。アタシ他のするから」
バラバラになったパーツを接着し、周りを掘り込んでみました。
思いの外ツメの先は厚みがありしっかりしたものでした。
e0290546_948234.jpg

朝、食事をする二人の間にはコースターにコロンと乗ったカニの爪。
指先でツンツンしながら、イボが...色が...大きさが...形が...と、愛でます。
「カニの本体って出ないのかな?」
「どうなんでしょうね?もしあるとしたら、望来のカニ化石よりずっと大きいですよ」
「これくらいかな?」Ryoは指で毛蟹くらいの大きさを作ってみせました。
「そんなにあるワケないでしょっ(+∀+;)!!爪の大きさからして5,6cmくらいじゃないですか?」
「そっか〜。逆に小さいのかな?爪がすっごく大きいカニもいるじゃない。重くってズリズリ...引きずって歩いてたりして」
「そりゃ、立派な爪なのに使えませんね〜(笑)」

いつだって、初めての山地、初めての化石は嬉しいものです。
まもなく春です。安瀬から厚田までずっと歩きたいと思います。
きっと、新しい出会いや発見や驚きがあることでしょう。
望来の崖の様に、どんな時でも行きたくなる様な場所になるでしょうか...。
[PR]
by motoronron | 2013-03-08 23:10 | 石狩 | Comments(29)
Commented by アストリアス at 2013-03-09 09:50 x
カニ化石有ったんですね^^; 読みながら自分なりに記憶の海岸地図を辿ってたんですが、海から上がった崖あたりが言ってる崖の近くだと思います。車を停めた場所から厚田よりに距離で500メートル位かと思われます。春のリベンジ頑張って下さい。
Commented by もとろん at 2013-03-09 10:09 x
アストリアスさん、おぱようございまする〜(+∀+)!!
ふふふふふふふ...激裏情報でちゃ〜んとカニさんに出会えたのでした〜(+∀+)おありがとうございました〜!! お家に帰るまで気付かなかったですが〜。。。(汗)海岸線の厚田層の最北端で採取したノジュールですので、密集しての産出は望めなくても、一応、ゲッチョは出来る様で嬉しいです。今年は陸側の厚田層も調べたいと思います。ワタクシが見たいと思っていた谷間には後僅かというところで到達出来ませんでした。かならず近日行って参ります〜。あ...そだ。。。イマサラナニサラな質問なのですが、アストリアスさんが採取したカニ化石はツメのみでしたでしょか?それとも胴体もありましたでしょか(+∀+;)?
Commented by アストリアス at 2013-03-09 10:31 x
カニの化石の記憶が鮮明でカニの全体が有ったかどうか…微妙な記憶…^^;でもあれだけのノジュールが有れば必ずや見事な標本カニの化石が出ると思います。^^; 絶対あるある(-"-;)全てのノジュールがカニの化石だったからカニの化石のデフレが起こるでしょうね^^; 頑張ってたくさん採って下さい。
Commented by アルビアン at 2013-03-09 10:44 x
こんにちは(^○^)、素晴らしい情報ですね、そして、実際にアタックされる、お二人は、尊敬します、私は、厚田より北側は、火山系が多く、厚田層の露出が少ないと思いました、しかし、今回のお話は大変興味深いですね~発足層、厚田層、盤の沢層とありますが、厚田層から、爪が多産する地域が有るのですね、画像の爪は、スナモグリの特徴がありますね、スナモグリが多産でしたら、完全体はなかなか難しいですね、三笠の幌内層に、似る化石産出状態、確かに、幌内層からは、スナモグリが優勢ですが、蟹も小さいのが採集出来ました、素晴らしい化石です。
Commented by もとろん at 2013-03-09 11:34 x
アストリアスさん、つづきましてはどぅーもにちは〜(+∀+)!!
う〜...そんなにカニ化石が出るのですか〜。想像しただけでテンション上がりMAX!!!ですよ〜。胴体部分の化石もゲッチョ出来たらウレシいな〜。目指せカニ化石デフレ(+∀+)!!30年以上経った今、まだ、ワタクシたちを待っている事を願いまする〜。。。
Commented by もとろん at 2013-03-09 11:43 x
アルビアンさん、どぅもにちは〜(+∀+)!!
うっ....。この時間に...ワタクシめのブログをチェケラッチョなさってコメラッチョして下さったということは...もしかして、もーりんさんともーらいさんが出来なかったのでしょか〜(+∀+;)。。。 カニさんを求めて初安瀬してまいりました〜。なんとか無事一個ゲッチョで、ワタクシたちのモットー「ボーズで帰らんぜよ!」を守る事が出来ました。地道にトコトコがワタクシたちには似合っていると思います。少しずつ、何度も通って厚田層がどんなトコなのか知りたいと思います。陸側の厚田層、発足層、盤の沢層は化石採集当初より探しているのですが、なかなか良さそうな所に近付く事が出来ず、ダメダメ涙の記憶しかありません。毎年の課題となっています。今回採取のツメ化石、何コちゃんかまだ全然調べてないですが、スナモグリっぽいですか〜(+∀+;)。幌内層からのカニ化石というのもめっさっ気になります〜。いつも夢イッパイ。おありがとうございます〜。
Commented by アルビアン at 2013-03-09 13:38 x
こんにちは(^○^) 本日は吹雪ですね~はい、本日はビーチコが中止になりました~悲しい~楽しみにしてたのに~空のバカ野郎~と、早朝から叫びました(^.^)また、次回、頑張ります(^.^)
Commented by 菊石侍 at 2013-03-09 15:36 x
こんにちは、厚田層の化石群、注目されて、素晴らしい

化石産出頻度から、甲殻類は、比較的に少ないとされます。

堆積環境により、地層から得られる化石に差があります。

画像の標本は、スナモグリ類でしょう。

安瀬は、マグマが吹き出て形成した岩脈を観察でき

素晴らしい地域です。そうした地域に、化石を採集に

いかれ、しっかり標本を、素晴らしい探究心です。

地層からの、ノジュール採集が、大切になる地域です。
Commented by ZX9-R at 2013-03-09 15:57 x
Ryoさんは相変わらず、お忙しいようですね。でも久々に帰宅してたった2日間しかない休日に巡検に出かけるなんてよっぽど化石好きなんですね~。カニ化石の巡検紀、興味深く拝見しましたよ~。アルビアンさんのネタとコラボですね。冬に海岸の露頭に出るのは結構怖そうです。う~んダメだったかな~と思ったら、お見事!ノジュールから採集されましたね。カニの爪化石はメタプラセンチセラスの産地からも出ると聞いたことがあります。私は未だ甲羅が一つ。情報を頼りに新たな産地を開拓されるお二人の行動力は素晴らしいですね!!
Commented by Macrowavecat at 2013-03-09 19:08 x
今回のお話、驚きでした。いつも歩いている厚田川南の崖では保存の悪い二枚貝の化石しか見なかったので、まさか北側でノジュールインのしっかりした化石が出るとは思っていませんでした。思いこみはだめですねぇ。私もお二人を見習って、未知の場所に挑戦しようと思います。
Commented by はにわ at 2013-03-09 20:25 x
すご~いですね、カニ爪とても綺麗ですよ
クリーニングお上手です。
海岸は探しながらだと数百メートルでも時間かかるし歩くの疲れますね。戻るときにこんなに歩いたのかとため息つきます。北海道はアンモが有名すぎますが、色んな化石ありなのですね。おもしろいです
カニカニいいですね、もっと採集してください
Commented by apogon2 at 2013-03-09 22:08 x
う~ん、凄い記事です。
それにもとろんさんとRyoさんの探究心には本当に頭が下がる思いです。
私も厚田川南側の崖近くしか行った事はないので今回のもとろんさんの記事には興味津々です。
カニ爪化石、良い物をゲットされましたね。クリーニングもお見事です。今度は是非本体も採って下さい^^。
Commented by もーりん at 2013-03-10 11:53 x
こんにちは、カニツメ美しいです。身もしっかり詰まって美味だった印象です。きのうアルビアンとのBCを中止したことを、もとろんさんに告げずに、家でぼーっとしていました。あやうく吹雪で遭難の犠牲者としてもとろんさんを追加するところでした。
(*_*; 大変、失礼しました。くわばらくわばら。
Commented by もとろん at 2013-03-10 12:41 x
アルビアンさん、どももももーん(+∀+)!!
ビーチコ中止残念でしたですね〜。強行してもあの雪では浜も埋まってしまったかもです。化石狙いでしたら、波打ち際のノジュールを探せるのですが...。最強メンバーのビーチコ、新発見があるのでは...と期待しておりました〜(笑)
Commented by もとろん at 2013-03-10 12:42 x
菊石侍さん、いらっさいませ〜(+∀+)!!!
いつも、アルビアンさんのブログにて、菊石侍さんの造詣と見識にビビリまくっておりますです〜(+∀+;)。石狩の海岸は、拙宅から比較的近く、厚田層は以前より気になっておりました。今回はアストリアスさんのピンポイント情報を頂戴したので急行した次第です。やはり、スナモグリさんの化石ですか。他にどのような化石が産出するか、今後とても期待しています。これからも、アドバイスやツッコミ等よろしくお願い申し上げます〜(+∀+)。
Commented by もとろん at 2013-03-10 12:43 x
ZX9-Rさん、どょもでぃょーす(+∀+)!!!
Ryoさんは、日本中アッチヘーコッチヘーと忙しいです。それでもお休みには化石採集に行くのですから驚いてしまいます。今回も2日とも出かけました。ワタクシたちは皆様の様な知的な部分がゴソッと欠落していますが、それでも、いつも楽しく化石採集をしてます〜。アルビアンさんのブログのカニさんは超ゴイスでしたね(笑)状態の良さと種類と数に目ん玉飛び出ました〜。甲殻類はとても魅力的なので今後も各時代のものをゲッチョしたいです〜。
Commented by もとろん at 2013-03-10 12:43 x
Macrowavecatさん、どもにちわんわん(+∀+)!!catさんですから...にゃんにゃん。
てっきり、こちらの地は、Macrowavecatさんの庭と思っていました〜(笑)古潭から厚田の間ではワタクシも、モスっとした感じの二枚貝が多い印象があります。ただ、望来とは違った感じなので出来るだけ詳しくみたいと思っていました〜。メノウにお詳しいMacrowavecatさん、是非、幌内川を遡り「油メノウ」も調べちゃってみてくださいませ〜。ぬるぬる。
Commented by もとろん at 2013-03-10 12:44 x
はにわさん、どもにわわ〜ん(+∀+)!!!
海岸化石採取は、足場が悪い所為もあってミョ〜に疲れますが、いろんな楽しみがあって大好きです。行きに無かったブツが帰りにあったりします(+∀+;)!!以前、土器を拾った時がそうで、2,3時間して戻ってくると、スタート地点に二つ落ちていました。海からやってきたか、砂の中から洗い出されたのか...。海は更新が早いのでいつも楽しみです。ヘンテコ生物もいますしね〜(笑)。
Commented by もとろん at 2013-03-10 12:44 x
apogon2さん、どひょにょひょは(+∀+)!!
いやーん。褒めないで下さいませ〜(+∀+;)恥死します。ワタクシたち、皆様と比べたら探究心とか殊勝なココロもちは4.68%程しか無いです〜。「えっ!!厚田!!カニ!!?(+∀+;)」「マジかっ!? 行くぜ!!!早く車だせ〜!」みたいな、ノリです。でも、今回はゲッチョ出来て良かったとです。本体も期待しているのですが、スナモグリとのことで、難易度が急に上がってしまいました(涙)。
Commented by もとろん at 2013-03-10 12:46 x
もーりんさん、どもーにちは〜(+∀+)!!!
カニ爪は美味ですよね〜、しゃぷしゃぷ、フライ...(+∀+)ハフハフ。昨日はゴイス天気でしたね〜。イモート夫を送り届けた後も、電車が運休したり遅れたりで大変だったそうです。ビーチコ、あのくらいの天気ならたぶん平気です〜。以前は、もっとゴイス日に波打ち際で雪だるまになりながらノジュール拾いしてました〜(笑)今思うとオイオイ...という成果でしたが、当時は見知らぬ化石が出てくるのが楽しくって止まらなかったのでした。。。
Commented by Macrowavecat at 2013-03-10 17:43 x
幌内川という名前は知らなかったのですが、連れられて沢をさかのぼって歩いたことがあります。でかいメノウがゴロゴロでした。後から聞いた話によると、熊がウロウロする場所だとか(冷汗)
Commented by fossil1129 at 2013-03-10 18:01
北と関西で
同じような時期に同じような化石をげっちょしていました(笑)

昨日行った産地では白亜紀のスナモグリの鋏脚は
いくらでも採集できたのですが
なかなか出会えなくなってきていました。

私は、甲殻類(^ω^)モエ~なので
楽しい1日でした。
Commented by きこりん@北のほたるや at 2013-03-10 21:06 x
おこんばんにわ~♪

カニツメカニツメー^^/
これはもちろんフライで召し上がられたんでしょか?w

冗談はさておきw
国道と海が近くなる所では、夏にはサーファーがいた記憶があります。
この先の送毛へ写真を撮りに行く際によく見かけました。

あの黒いワンコのいる周辺の海への道路は
民家までの専用道路のようで
夏に海へ降りて写真を撮りたかったのですが断念したです^^;

サーファーたちがどこから海へ降りたのかがわかれば
雪が無ければ、近くまでは車で行けそうです^^
Commented by もとろん at 2013-03-11 10:35 x
Macrowavecatさん、どもようございます〜(+∀+)!!
幌内川、遡った事がありましたか〜(笑)さすがどえす。やっぱしメノウがイッパイの川なのですね〜。今春、ワタクシたちも化石を探しに行ってみますね〜。熊タンは、ドコでもいますね(笑)札幌の街を駆け抜ける時代ですから〜(+∀+)。
Commented by もとろん at 2013-03-11 10:38 x
fossil1129さん、どぅもももには〜(+∀+)!!にわにはにわにやにやしたとりがいる。
fossil1129さんのブログがパッと表示されて、笑ってしまいました〜。色々なところで爪化石が〜(笑)淡路の爪も白くて綺麗なものですね。やはり、土採り場では、産出数が減ってしまうのでしょね...。逆に大当たりもあるのかもですが〜(+∀+)!!地元の土採り場は、な〜んにも出てこなくなってしまいました(涙)。
Commented by もとろん at 2013-03-11 10:45 x
きこりんさん、どもどもどーーーーん(+∀+)!!
もちろん、フライにしたり、叩き潰してビスクにしたり、美味しく堪能しました〜(笑)実際は食卓に乗っているので、しばらく眺め、すこしわいた唾液で冷えた麦飯を飲み込む毎日です(涙)。サーファーさんはワタクシたちが降りた辺りから海に出ているのではないかと思うです。ワンコはキャラメル色で柴犬さん系だったと思うので、きこりんさんのお話の黒ワンコのもう少し北かと思うです。何度も通って、詳細を知りたいです(+∀+)。
Commented by もーりん at 2013-04-07 00:22 x
こんばんは。お元気でしょうか? 年度始めで忙がしいのでしょうか? それとも崖から滑落(^_^;)?  ちょっと心配です。
Commented by もとろん at 2013-04-07 18:04 x
もーりんさん、どもどもなので〜す(+∀+)!!
元気っ子ではあるのですが〜...忙しいのもあるのでしたが〜...餅餅ション(もちべいしょん)が下がり気味どえす...。ワタクシ瞬発力のみで書くので勢いが必要なのです〜。でもでも、本日ちょっこし発見がありましたので、近々ブロげようかと思うです。ご心配おかけしました〜。おありがとうございます。
Commented by もーりん at 2013-04-07 23:59 x
無事でなによりです。(^_^)
前回の地図の話題、今回の新天地の話題、文も写真もとってもゴージャスです。ケチな私なら、それぞれ4つか5つに区切ってアップします。(^_^;)