ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

木彫りのアンモ

岩見沢にある空知森林管理署に魔法の鍵を返却しました。
対応して下さったのは、いつものおねいさんではなく、
めっさ親切で優しいおじさまでした〜(+∀+)。鍵の再貸与をお願いしたところ
「10月から入林可能箇所は全てダイヤル錠に変更しました」とのこと。
「番号が知れ渡る」より「鍵やゲートを壊される」方がリスク大と考えたのでしょうか。
しかし、あのダイヤル錠は後から番号の変更が出来るタイプではないかと…。
もし、入林中に誰かがイタズラされたら…と思うとカナテコ恐怖(+∀+;)。。。

この鍵が...
e0290546_21184335.jpg
こんなのに変わります
e0290546_21184749.jpg

怪しげな風体にも関わらず、無事、審査も通り、狩猟シーズン故、一通りの説明を受けました。
「ところで…小さな沢の名前を知りたいのです(+∀+)北海道森林管理局にメールしたら"施業実施計画図"というのを見せて貰って。と言われました」
「あ〜、ハイハイ。機密情報ではないのでイイですよ。どこら辺を見たいですか?」
「全部です(+∀+)」
「え…。全部となると沢山あるので…ちょっと(^ ^;)」
「…ス、スミマテン…(+∀+;)じゃ、とりあえず○○あたりで…」

見せて頂いた地図は極細の線でチマチマと区切られ、一見、普通の地形図より詳細に見えましたが、
沢の名前は殆ど記載されていませんでした。
「お仕事に携わる方は、名無しの沢をどう呼んでいるのですか?」
「我々は場所を林班番号で呼びます。沢があったら、そこの名前をつけるし、複数ある場合は連番を振ったりもします。昔なら先輩の名前をつけたり…まぁ、そんな感じで適当につけてました。もちろん一般には全く通用しませんが(笑)」
「…そ、そういうものだったのですね(+∀+;)!!!」
「そういうものなのです(^ ^)」

今でこそ、ワタクシは地形図をじっくり見て、未記載の沢を予想してから出発しますが、
最初の頃は簡単なgoogleマップを見て行っていました。
すると…現地では予想外の沢が、どんどん出てくるのです。
なんとなく「■△一の沢」や「○○三の沢」と名をつけました。
後日、未踏地域を歩くと、まだまだ小沢がありました…(+∀+;)。
「○○四の沢改め○○六の沢」と、改訂します。
しかし、大雨の後に行くと、見知らぬ沢が出現…(+∀+;:)キャー!!!!!
すぐに消滅するならまだしも、数ヶ月は流れていたりするので無視するわけにもいかず、
「■△ニの沢改め三の沢改め四の沢」いや…臨時だから「■△一の沢改め三・五の沢にしようか?」
と、なんだか、とてもメンドーな事になってきました。

「あれ〜??Ryoさん、あそこの崩落した橋を過ぎて左にある沢は、何番の沢でしたっけ(+∀+;)?なんだか数が合わない気がするのです」
「ん? 知らないよ〜。だってアタシ、気にした事ないもん」
「…(+∀+;)。。。」

今は、帰宅後、地形図に小沢の流れを書き込み、オリジナル・マップを作っています。
沢に番号をつけることもやめ、適当な名前で覚えています。
「奇麗なプゾシアを必ず粉々にする沢」
「割れたデカパキしか落ちていない沢」
「インターの抜け殻しかない沢」
「いつも誰かに先を越されている沢」
「何か出そうで何も出た事の無い沢」 等々…

今回、さらにお願いしたい事があり、カメラ持参で乗り込んでいたのです。
書類を書くテーブルの左手には署長室があり、いつもドアが開け放たれているのです。
その奥に木彫りのアンモナイトがチラっと見えていて、行く度に気になっていました。

「あの〜…署長さんのお部屋に飾ってある、木彫りのアンモを見せて頂けませんでしょか(+∀+)?出来れば写真も...」
「え(^ ^)?アンモナイト?ドコ?」
「あそこに見えているのです…」ワタクシはビシッ!!と指差しましたが、
署員さんは、記憶に無いらしく、部屋に入ってからも、しばらくキョロキョロしていました。
やがて、大きな木彫りのアンモナイトを重そうに抱えて出てきて、
玄関の木工製品が飾られたガラスケースの上にドカンと乗せて下さいました。
木彫アンモを間近に見て驚きました、台座の両端には樹皮が残され、
二体のアンモと一体化していたのです。これらは、一本の木から削り出されたものでした。
e0290546_21185544.jpg
「素晴らしい技術ですね。何方が作られたのですか?」
「ん〜。正確な事は分かりませんが、営林署時代、冬に仕事が少なくなると、木工をして販売したのです。 その頃、先輩の中にアンモナイトの木彫りが、とても上手な方がいたのを覚えています。たぶん、その方かな〜…と」
「職人技ですね〜。 アンモナイトをよく知っている方ならではの作です。さすが空知の森林管理署ですね(+∀+)」
e0290546_21185275.jpg

帰宅後、ネットでチェケラッチョしたところ、三笠モダンアートミュージアム(旧・幌内中学校)に
柴田肇さんという方がホリラッチョされた木彫アンモ作品が展示されているのがわかりました。
作風がよく似ているので、おそらく、この方が製作されたのだと思います。

署長室に飾ってあるのも風格があってステキですが、玄関のショーケースにあると、
化石の本場の森林管理署といった感じで、親しみがあってイイかも、と思いました〜(+∀+)。
[PR]
by motoronron | 2013-10-14 21:37 | その他 | Comments(22)
Commented by もーりん at 2013-10-14 22:08 x
こんばんは。
今年、春先に鍵を借りていたので、自信満々に林道にいくと、
なんと! 鍵が換わっている!?ということが2度続き、
意気消沈しました。(^_^;)
元来不精なため、その後も連絡をとらず、アプローチの
しやすい沢だけを歩いています。
来年はマメに許可申請をします。
きのう、三毛猫溜め池に行ってきました。
ノジュールはパッとしませんが、独特な風景を
楽しんできました。もとろんさんのブログでの
紹介のおかげで、楽しい経験ができましたよー。
ありがとうございます。(^_^)v
Commented by motoronron at 2013-10-14 22:36
もーりんさん、どもばんわ〜のわ〜(+∀+)!!
はれ〜??このダイヤル鍵以外のに変わっていた、ということですよね? ワタクシめも先日、申請に行った後はドコへも行ってないので、めっさ心配なのです(+∀+;)。 三毛にゃんこ川系行ってきたですか〜(+∀+)きゃ〜!!!!というかニャ〜!!! 水を落としてすぐ、いっぱいヒトが入ってる感じですものね...。限られた期間しか行けない産地ですが、これからも楽しみです。アルビアンさんが「火星に行った感じですよ〜(^.^)」と仰っていたのも分かりました。ダイナミックな景色ですよね〜。
Commented by P at 2013-10-14 22:46 x
趣味で木彫をやってるので、ちょっと作りますか!というレベルではないですね。
森林管理所は人によるみたいです。親切な人とそうではない人、むずかしいです。
もとろんさんの左手の手相、いい線がバッキと出てますよ!
Commented by jurijuri555 at 2013-10-14 23:59
みなさんゲートのカギを借りてるんですねー。
そんなに簡単に借りれる物なのですか?(汗)
私も狩猟に出掛けようかな。(爆)
撃たれない様にみなさん気をつけて下さいねー。(^_^;)
Commented by 化石大臣 at 2013-10-15 00:32 x
こういう物を見ると、モデルのアンモナイトの学名は何だろうか?とすぐ考えてしまいます。笑
予想はパキデスモセラスあたりでしょうか~

小沢の名前は気になりますよね。
名前がないと、ラベルを書くときも困ります(><)
今回も、「ニッポの小沢」や「砂防の小沢」などいくつか名前を付けてみましたが、この調子だとすぐにダブった名前が出来そうです…
Commented by motoronron at 2013-10-15 00:35
Pさん、つづきましてはどもなのです〜(+∀+)!!!
ですよね〜(+∀+;)!! プロのキレのある削り跡ではありませんが、非常に丹誠※米丁寧に作られているのが一目で分かります。 ワタクシは空知の森林管理署しか知らないのですが、皆さんめっさ優しいですよ〜(+∀+)!!なんとなく道北系はキビシそーな気がしております〜。道北でも鍵をお借りしたいのですが〜...。
Commented by apogon2 at 2013-10-15 10:56 x
春に林道の鍵を借りに行った時に、順次ダイヤル式の鍵に変わりますよ~とは聞いていましたが、もう変わっていましたか。・・って言うかまだ鍵を返しに行っていませんでした^^;。
鍵を渡されたときに一緒に渡された注意事項を読むと「三週間以内にすみやかに返却・・」と書いてありましたのでまだ大丈夫かな(笑)。今週中には返しに行こうと思っています。

木彫りのアンモ・・応接の椅子から見ると微妙な角度で一個しか見えませんでしたが、二個体だったのですね。素晴らしい造形ですね。石からアンモを型抜きwするだけでも大変なのに作ってしまうとは・・(^_^;)。
沢の名前・・
>知らないよ〜。だってアタシ、気にした事ないもん・・
私もRyoさんと同じように気にした事はありませんです(爆)。
Commented by もとろん at 2013-10-15 12:43 x
じゅりあさん、どもにちは〜(+∀+)!!お体の調子系ダイジョブですか〜?? ゲートの鍵は、管理署によって対応は違うと思いますが、空知はあっけない程...簡単に貸して下さいますよ。昨年、apogon2さんに教えて頂くまで、管理署に行くのがコワくて敬遠していました。どんなトコも下流から遡らなければならず、いつも「あぁ...この先はどうなっているのだろう...(+∀+;)」とばかり思っておりましたが、魔法の鍵をゲッチョしてからは、ラリホーです。来年は是非×2。
Commented by もとろん at 2013-10-15 12:56 x
化石大臣閣下様さんこんさん、おこんにちは(+∀+)!!
(笑)ワタクシめも、つい、同じ事を考えました。ある種のリアルさとイメージが融合している点から、アンモを知っている方だな〜...と思ったのでした。リアル木彫アンモも見てみたいですね(+∀+)。 ラベル記載の時、チビ沢は悩みますよね〜(笑)はたまた、ザックリと「稲里」「桂沢」では...なんとも。ワタクシめは、めぼしい化石には、全て番号を振り、リスト化してパソコン内で検索出来る様にしようと考えています〜。ついでにQRコード貼付けもイイかもです。これですと、ラベルに書ききれない情報も入れられますし、Ryoさんでもすぐに具体的な情報が分かります。リストにしておくと、いつか手放す日が来ても安心かな〜と思ってます〜。
Commented by もとんんろん at 2013-10-15 13:02 x
apogon2さん、どっもでぃょいろれいひ〜(+∀+)♪
鍵の変更、思ったより、ズバッといきましたね〜。ワタクシにとって大事な箇所がどうなっているか未確認ですのでドキドキです〜(+∀+;)。 あしべしは、早い時期にダイヤル系に変わっていました。 返却3週間以内でしたか...。なんとなく2週間と記憶していて、慌てて返しに行ったのでした。。。 木彫アンモ、2個見えてはいたのですが...まさかの大作...!!! ズガンと一体化して出てくるとは思いませんでした〜(+∀+;)。 木彫は削りすぎた時にやり直しがきかないのでコワイですよね〜。 はれ〜apogon2さんも、沢とか気にしない系ですか〜。ワタクシ、めっさ記憶力が無いので、何らかの形で残しておかないとダメダメなのです〜(+∀+;)。
Commented by トシプ at 2013-10-15 16:22 x
もとろんさんこんにちは!
私はまだ森林管理局にお世話になった事が無いのですがそのうちお世話になると思います。
三笠の方はほとんどの林道に鍵がかかっているのですか?
私の地区の森林管理局の方、優しい方だと良いです(笑)
Commented by ZX9-R at 2013-10-15 20:12 x
小沢の名前ですが、以前はなんとなく付けていましたが、今ではほとんど”あの沢”とか”あのアンモの出た沢”と呼んでいます。
究極のラベルはやはりGPSによる緯度経度の情報でしょう。
”アンモナイト学”に出ていましたよね。
営林署で地図を見せてもらったんですね。私なんか買っちゃいましたよ。結構なお値段のする地図で、驚きました。
空知方面のゲートも番号制に変わったんですね。来年は真面目に申請してみようかと思います。狩猟シーズンでも入れるんですね。道北地区は許可が出なかったような気がします。
Commented by アルビアン at 2013-10-15 21:14 x
こんばんは~ numberになりましたね~ 私は、林道には鍵が要らないと思いますがね~崩落が危険であったりすれば、閉めれば良いですね~ 人身事故は駄目ですが、厳しい影には、無理な遭難事故がありましたらから…あの木彫り、私も一個に見えました、しかし、全体は二個なんですね!!素晴らしいですね、アンモナイトは想像の種類ですかね~ 沢は、やはり、何らかの名前が欲しいです。私も無名沢は自分で命名してますよ~三笠は手前から番号にしてます。思い出になった事を名付けると覚えますね!!(^.^)
Commented by fossil1129 at 2013-10-15 22:07
林業関係者は、林班による呼称が一般的ですね。

基本的に合法的に入林したいのですが、
GWあたりの日程では、郵送による申請となりますが
平日に鍵を借りに行くのは不可能だし、
雪が残っていて申請も受けてもらえないかもしれないですね。
Commented by vicky at 2013-10-15 22:44 x
木彫りのアンモ、いいですね。ツヤッとしていて。

沢の名前、魔法の鍵、GPSにQRコード、いろいろ勉強になりました。
Commented by もとろん at 2013-10-16 11:06 x
トシプさん、どもようごじゃりまする〜(+∀+)!!
森林管理署に行った事がなかたですか〜。なんとなく、トシプさんは管理署にもお友達がイッパイいて、こっそり情報とかゲッチョしちゃうイメージでした〜(笑)三笠夕張…ゲートの開いている林道ってあるのかしらん?少なくとも、畑、民家の無いとこは全部閉まっている感じです。道北は開いてるとこもあるですか? 来年はズバッと鍵をレンタルして、御一緒しましょ〜(+∀+)!!!
Commented by もとろろん at 2013-10-16 11:08 x
ZX9-Rさん、どっも〜にん〜ぐ(+∀+)!!
ワタクシ達、短期間でいろんなトコに行ってしまったので、はっきりさせておかないと記憶が混乱するのですよね〜(+∀+;)アホダシ….。おカメラ様等のGPS、大変便利系なのですが、もー少し精度がほっし〜ところ。山・海ですといいのですが、ワタクシたちの様に谷川に入ると、かなしアヤシーデータをゲッチョしてくれます。 えっ(+∀+;)!? あのリンパンマン地図を購入したですか?ジャムおじさんから非売品と聞いていたのですが…。さすがはZX9-Rさん。
Commented by もとろん at 2013-10-16 11:08 x
アルビアンさん、どっもどもども゛゛゛もー(+∀+)!!!!です。
お車系、本当に大変でしたね。その後は無事に無事でしょか〜??
林道鍵、ワタクシは基本的に必要と考えています。レンタル鍵で入れる林道でも荒れ荒れなトコ多いです。ワタクシ達は目的を持って進んで入っているので完全自己責任と思いますが、なんとな〜くで入っちゃう方の無用な事故は無い方がイイかと。こーゆー方が「危ないが危険なのを知ってたなら何故封鎖しないんだ〜!!!とか、危険箇所を放置したから車が壊れたんだ、弁償しろ〜っ!!!と言い出しそうです(+∀+;)。 また、業者による不法投棄があまりに酷く。先日もゲートを過ぎて数Km先の林道脇に山盛りで家電が捨てられていました〜。
Commented by もとろんん at 2013-10-16 11:09 x
fossil1129さん、どもでーもるげん(+∀+)!!!
なるほど〜…fossil1129さんのスケジュールだと確かに難しいものがありますね…。近くの管理署でしたらワタクシめが代わりに行って差しあげることも出来るのかしらん?ですが、道北はちとキビシー(+∀+;)!! 身元確認をもっとキチッとして、入林はさらに自由に…として欲しいです〜。
Commented by もころん at 2013-10-16 11:10 x
vickyさん、どもろえ〜うーとろ(+∀+)!!
木彫アンモさんイイですよね〜。ず〜っと気になっていたのです。大小2個?と思っていたら、まさかの一体化巨大彫刻であったのです〜。署員の方が抱えて出てきた時にはビビりましたよ〜(+∀+;)。 いろいろあって難しいですが、化石にまつわる情報がちょっとでもオープンになるとイイなと思っております〜。
Commented by はにわ at 2013-10-17 21:01 x
すごい一木造のアンモさまですね
飾りたいですよ
私はボチボチですのでもうしばらくゆっくりしますです
Commented by もとろん at 2013-10-18 14:15 x
はにわさん、どもどもです〜(+∀+;)!!!
ごぶさたマンボウです〜。本調子ではないとこ、カキコおありがとうございました。じ〜っくり治して下さいね。 木彫りアンモさん...三笠や夕張で売れば、かなし人気でそうな気もするです〜。カワイイですよね〜(+∀+)。