ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

タコブネ、その後

望来でタコブネを採取したのは、2012年10月下旬。

各ブログがアオイガイ漂着の話題で賑わっている頃でした。


ワタクシたちもアオイガイを探しに行き、Ryoが流木の後ろでタコブネを見つけたのでした。

背後に聞こえた「アオイガイみっけ!」というRyoの声を今でも思い出せます。

拾い上げた殻を手にして、こちらにやってきました。

遠目に白いものが見えず、ワタクシは「なんだかアオイガイっぽくないな…」と思って眺めていました。

Ryoは「もしかしたら、オモチャかも…」と自信なさげに手渡してくれました。

「Ryoさんっ!!これはタコブネです(+∀+;)!!」

「やっぱり、違うの…?」

「アオイガイの仲間ですが、アオイガイよりずっと珍しいと思います! やりましたね~!!」

「そうなんだ。な~んか違うな~とは思ったけど、わからないからアオイガイって言ってみた(笑)す~ごく軽くてプラッチックみたいだからオモチャかと思ったよ」

「ん~…アオイガイのオモチャ…というのも、かなりレアだと思いますけどね(+∀+;)」


『石狩砂丘の風資料館』へ連絡すると、すぐに学芸員の志賀さんからお返事がありました。

既に「Seaamberを探して」のユキさんから情報が入っていたらしく、

私のブログもチェック済みとの事でした。


<<メール引用>>

「タコブネの漂着は、北海道では今年より前は、

2例しか知りません(いずれも公式な報告ではありません)。

1件は道南(10~20年前?の知内?)、

もう1件は、2010年の蘭島です。

それが今秋、とうとう高島岬を越えました!

小樽大浜で1件、石狩浜で2件、漂着が確認されたのです。

そして、motoronさんによる望来の1件。

これは、タコブネの最北の漂着記録です。」


1年後、志賀さんから、漂着記録を学会誌に載せたいので、

採取したタコブネのデータを教えて欲しい、という旨のメールを頂戴しました。


そして、さらに1年後。

可愛らしいオリジナルのスタンプが押された、大きくて分厚い封筒が届きました。


これまで志賀さんが執筆された論文が、なんと2部ずつ入っていました。

タコブネの論文にはRyoさんの名がありました(+∀+)。。。



論文によると積丹半島より北でのタコブネ漂着の報告は…。


2010年

・10月7日 小樽市塩谷 44.2mm


2012年

・10月25日 石狩市望来 59mm

・10月29日 小樽市大浜 79.2mm

・11月9日  蘭島

・11月10日 石狩市海水浴場 49.2mm


の5件だそうです。

やはり、アオイガイが大量漂着する年に多いのでしょうね。


アオイガイすらろくに拾えないでいるワタクシたちが、

タコブネと出会えたのは奇跡の様な事なのだと思いました。


e0290546_18500733.jpg






[PR]
by motoronron | 2014-10-12 18:57 | 石狩 | Comments(26)
Commented by fossil1129 at 2014-10-12 20:29
すごい記録なんですね!

こうなれば、アオイガイとタコブネを食った男として
ビーチコ系を離れたサイトでもデビューしなくては!!
Commented by 化石大臣 at 2014-10-12 21:51 x
なんと!
そんな大発見だったのですね!(゚o゚;;
論文に名前が載るのは大変名誉なことだと思います。
これは永久保存版ですね!
Commented by もとろん at 2014-10-12 23:39 x
fossil1129さん、こんばばはんばーはんはーー(+∀+)!!!
そーなので、スゴイ系の記録なのですっ(+∀+)!!タコブネさん的には!!
それにしても、どこまで行くつもりだったのでしょね〜。道北の甘エビ&ウニ祭り?を目指していたのでしょか? 殻のみ残して息絶えて良かったですね。でなければ...絶対にワタクシたちの餌になっていました(+∀+;)。
Commented by もとろん at 2014-10-12 23:46 x
化石大臣閣下殿様御中殿中ゲッチュー(+∀+)!!こばちはでごじゃるまる!!
Ryoさんの大発見ではありますが、目的のモノは一切採れず、予想外のモノを持ち帰るあたりが、ワタクシたちらしいかもです...(+∀+;)。拾っただけなのに、論文にRyoさんの名前のみならず、ワタクシめのまで載せて下さるなんて恐縮系でした。 いずれ...化石大臣さんは論文の表紙に著者としてお名前が出る様になるのですね〜...(+∀+)待ってますよ〜。
Commented by P at 2014-10-13 07:04 x
アオイガイ、前からほしいなぁって思っていたんですよ。
来月、札幌に行く用事があるからちょっと歩いてみようかなぁ。
Commented by じゅりあ at 2014-10-13 10:00 x
おー、イイですなー。
漂流学会・・・プカプカ通信ですか?笑
楽しげで良いですな~。
いつか面白いものを拾って 乱入してやろうと思っています。笑
タコブネ、私も拾ってみたいな~。
でも真っ白なアオイガイの方がパッと見は海や砂とのコントラストがあってキレイに感じます。
タコブネはなぜ茶色いんでしょう?
シルバーとかだったらかなり価値観が上がるのに・・・。爆
Commented by もとろん at 2014-10-13 12:09 x
Pさん、どぅももはぶばあぷぁ〜(+∀+)!!!!
タコブネは、どぅなのかわからんちんではありますが、アオイガイなら、Pさんの方の海岸にも来ている可能性もありありんすだすよ〜(+∀+)!! コチラ系でしたら、出来るだけ南の海岸がイイかもです。 ビーチコは歩く方の多い道央よりも道北の方が沢山拾えそうな気がしておりまるす。
Commented by もとろん at 2014-10-13 13:08 x
じよりこさん、どもにいちは〜(+∀+)!!
漂流しちゃダメ〜(+∀+;)!!!漂着して〜!! 『漂着物学会誌No.11』に投稿された様です。 砂浜に白いアオイガイはハッとする美しさですよね〜。今年はひとつくらいゲッチョしたいものです。 アオイガイに比べるとタコブネは美しくないのかもしれませんが、カワイイので大好きです〜(+∀+)。
Commented by アルビアン at 2014-10-13 14:55 x
こんにちは、おぉぉぉ~ネタを書くモードになりましたね(^v^)
先日はありがとうございました
素晴らしい発見に感激しております。
アオイガイハンターとして、秋はしつこく攻めました
タコブネ君には出会えません(+o+)
セノマの畑に例えれば、マンテリ見つからず、カニングトニ発見ですね~ホントにもとろんさんは、何かを持っています。
もしかしたら、背中に霊が~きゃー
アオイガイの時期は、コウイカ、アオイガイ、タコブネ、ルリガイ
等、面白いのが期待できますから、台風過ぎたら海岸に行きます
将来的には、オウムガイも期待したいです。(●^o^●)
Commented by もとろん at 2014-10-13 17:49 x
アルビアンさん、こんばんびあ〜ん(+∀+)!!!
こちらこそ先日系はおありがとうございまるした〜(涙)!!アルビアンさんのアオイガイコレクションはゴイスですよね〜!皆様にお配りしてなおあの数...(+∀+;)。 やはり気合いと採取能力が桁外れ〜!と思ったです。 タコブネはもう少し来ているのかもしれまてんが、小さいのと色が地味なので発見されずにいるのかもです。アルビアンさんのルリガイは最強でした〜。ワタクシ密かに目標にしていまるす。もし、 ワタクシの背中に霊がいるとしたら...変わった動物がイイですね。カモノハシとかセンザンコウとかクマムシとか...。
Commented by ZX9-R at 2014-10-13 22:11 x
あのタコブネは論文に載る様な大発見だったんですね!!!
さすが、もとろんさん。持っている男は違いますね。そしてRyoさん共々論文にお名前が。先を越されました(爆!)
私のアオイガイもアルビアンさんが採集されたものです。宝物ですね~。
Commented by apogon2 at 2014-10-13 22:28 x
学会誌にお名前が載るなんて凄いことですね。これは一生の記念です。タコブネの漂着例、そんなになかったとは改めて驚きました。
プラスチックのおもちゃかと思ったRyoさんもびっくりしたことでしょう。
地道な採集がとんでもない結果をもたらすと言う事を改めて感じた次第です。
学会誌記載記念パ―ティでもやらなくてはいけないですね(^^♪。
Commented by もーりん at 2014-10-13 23:26 x
こんばんは。もとろんさんの当時のブログをクリックしました。お互いにアルビアンさんからアオイガイについて教えてもらって、ビーチコーミングにはまり始めた時期だったのですね。半透明のタコブネの殼、素敵です。(^_^)
何だか初心に帰っていい気持ちになりました。
Commented by もとろん at 2014-10-14 20:54 x
ZX9-Rさん、どぅもばんはちは〜(+∀+)!!
ワタクシ達的には「ウレシーーー(+∀+)!!!」「カワイーー(^ ^)!!」程度の発見でしたが、見る方が見れば、違った価値があるのですね。小樽の浜でゲッチョされたタコブネは79.2mmとカナテコ大きいのでビビラッチョしました〜。もしかして...先日のオウムガイ展に展示されてたコかしらん?と思ってまるす〜。これから...ZX9-Rさんは新種の論文がドンドコなのではないですか??
Commented by もとろん at 2014-10-14 20:57 x
apogon2さん、どぅもばんばーのはーーー(+∀+)!!
上にも書きましたが、やっぱし、小さいのと地味なので発見数がさらに少ないのかな〜...と思っておりまるす。 アオイガイもタコブネも思っていた以上に薄く軽く、ブラスチッキーなのにビビラッチョしました〜。あの薄さも魅力なのですよね〜。アンモ以外の頭足類の化石が、よりほっし〜なワタクシなのでした〜(+∀+)。。。
Commented by もとろん at 2014-10-14 21:01 x
もーりんさん、どぅーーもりーーーんん(+∀+)!!
ワタクシは化石採取を始める前から、ママチャリ(免許を持っていなかったので)山をふたつ越えてビーチコに行っていました〜(笑)。着いたら、もぅヘトヘトのクラクラで、その足で砂の上を歩くのはカナテコツライものがあったでござるまる。帰り道の辛さはそれはも〜ヒドるまるでござんした(+∀+;)。。。涼しくなったので、またビーチコに行きたいです〜。
Commented by Macrowavecat at 2014-10-14 21:24 x
ついに論文になりましたか♪ 「望来でタコブネ発見」の報は衝撃的でした。その後、最北記録更新を狙って(98%冗談)、厚田ビーチを歩きましたが、お呼びでなかったことを思い出しました(笑) 
Commented by もとんととん at 2014-10-15 10:01 x
Macrowavecatさん、おはよいにこほいろざまーす(+∀+)!!
どーほく系、オチカル様でした〜。ワタクシめもアッチの方にいってみたいのですが、やっぱし遠いのがネックです。特に休日の朝は遅いので遠出するのは大変なのです(+∀+;)。 思えば、Macrowavecatさんから初めてコメントを頂いたのも、このタコブネがきっかけでしたね〜(トップバッターでカキコーでしたよね?)。ワタクシにとって、タコブネを拾った事による一番の収穫はMacrowavecatさんとお知り合いになれた事です(+∀+)。 是非、最北端のタコブネをゲッチョなさってくらさい。志賀さんカナテコよろ昆布だと思いまるす。あの程度の距離...きっと越えていると思います。Pさんのトコまで行ってたらさすがに衝撃ですが〜(+∀+;)。。。
Commented by vicky at 2014-10-18 21:28 x
タコブネ???と前の記事に戻って見たら、あら、かわいいですね。
さすがもとろん夫妻、持ってますよ、絶対に。
おめでとうございます。^^
Commented by もとろん at 2014-10-19 19:06 x
vickyさん、どぅももばんは〜(+∀+)!!
タコブネはポテコロしていて、カワユイですよね〜。先日、三笠の博物館で「オウムガイ展」があったのですが、そこでアメリカのオウムガイ化石として展示されていた、Metacoceras mcchesneyiはタコブネライクでした〜(+∀+)!!あれ、ほっし〜!!
Commented by 山ちゃん at 2014-10-28 10:30 x
タコブネ・・・
タコブネ?
漂流?スペクタクルですなぁ・・・
そのうち、りょーさんと二人で
「ちょっと、舟で利尻までいかな~い~?」
「今日は、だっぱん、だっぱんだからだめですよ~~」
なんて言いながら、
行ってそうですな。そのときはぜひさそってください((笑))
Commented by もとろん at 2014-10-28 20:58 x
山ちゃんさん、どぅももばんは〜(+∀+)!!!お体系は如何でしょか系!!??
アオイガイもタコブネも、山ちゃんさんの方の海ではゲッチョできまてんか?いずれも、かる〜くて激ウツクシキレーなので、いつかお子様達と採取にお出かけくらはりませ。「是非!アナタのショーケースにひとつ!」系ですよ〜(+∀+)。こちらは雪が降りました〜。殆ど海に行けないまま、アオイガイシーズンも終わってしまうかもです〜(涙)。
Commented by はにわ at 2014-10-29 18:54 x
お~~~!!!(@_@;)
ごいすっすですね
論文に載る発見とは、私は一生無縁ですねえ
タコブネもアオイガイもアンモ好きにはたまりませんから私もいつか拾いたいと海岸を歩きましたがさっぱりです
瀬戸内海にはあらわれませんね
Commented by もとろん at 2014-10-29 21:36 x
はにわさん、はにわちは〜(+∀+)!!!おひさしびり〜!
海をプラプラして、殻を拾っただけで論文に載せて頂けるなんて、なんだかお気軽系ですよね〜...(+∀+;)。皆様の様に苦労の末にゲッチョしたものではないので若干カンドーが薄いかも。いゃ....ワタクシじゃなくてRyoさんが採ったからでしょか〜(+∀+;)。。。いずれにせよ、もう二度とない体験でしょからウレシーですね。やっぱし瀬戸内海ではちと難しいのかもですが、採取している方もいるので、コチラ同様タイミングも大事なのかもしれまてん。是非20センチオーバーの大物ゲッチョしてくださいませ〜。
Commented by ammonite0028 at 2014-12-13 21:52
もーりんです。
ママチャリであの望来まで往復したのですか!
その根性をもってすれば、H地域の巡検も
へっちゃらかもしれません。
たった5例のタコブネについては
先日のトークライブでも話題に
されていましたよ。スゴイ(^_^)v
Commented by motoronron at 2014-12-17 18:09
もーりんさん、どぅもーりんさーん(+∀+)!!
あの講演会でタコブネさんの話題がありましたか〜。タコブネもアオイガイもとってもカワユイので、もっと沢山漂着して欲しいですね〜。 ママチャリでモーライは本当に辛かったです。自転車乗りの方には笑われてしまうでしょうが、普段運動をしないワタクシ的には山を二つ越えるなんてムリムリなのです(+∀+;)。。。上りは殆ど押して歩くことになりますし、下りではあまりの勢いに自転車が分解しそうでコワかったです。車は楽チンですね(+∀+)!!!車の免許をとらなかったら、化石採りはしてないです。