ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

最近ゲッチョしたサメの歯化石など

6月末

apogon2さんとK師匠様さんのお供で、またまたポンポコ川に行きました。

詳しくはコチラ→『化石の遊歩道-2nd Albian巡検-』


前回とほぼ同じ地点をさらに丁寧に見て歩きます。

たたでさえナイナイの川なのに同じところ見るなんてと思いますでしょう?

でも、出ちゃうんです(+∀+;)!!

K師匠様さんは川に降りてすぐに露頭から状態の良いアナゴードリセラス・サキヤと思しきアンモを採取。

apogon2さんも今後を期待させる貴重な破片を発見されます。

ワタクシは無駄に頑張って露頭に登り、ノジュールを掘り出し割ったりしたのですが、スッカスカー。

結局、お二人の割り跡をハイエナしてみたり恵んで貰っちゃったりして歩きます。

まもなく終了時間だというのに、小さな小さなサメの歯をひとつ採取しただけです。

「さて、そろそろ上がりますか…(^ ^)」とapogon2さん。

ワタクシは未練がましく二枚貝密集をポカポカ!!!!

ワタクシ終盤に何か採っちゃうタイプっ(+∀+;!!ポカポカ!ポカポカポカ!ポカポカ!ポカポカ!!!!

「んあ゛っ…!! Σ(+∀+;)今、なんか飛んだ。」

母岩には薄い骨の組織の様なものが見えています。

その横にはシワシワとツブツブの雌型。

「こ、これってもしかしてしてのプチコダス系っ(+∀+;!?

慌ててバラバラになった破片を集めてみます。

「おぉ~、なんとかなりそう~。でもどう見てもプチコではないですね」

御二方をお待たせしているので、慌てて母岩を小さくして背負いました。

「何か採れた(^ ^)?」

「え~と、また謎化石です(+∀+;)」

「そう…(^_^;)。。。」


クリーニング中ですが、その謎化石がコチラ。

アルビアンさんに見て頂いたところ

「ギンザメの歯板じゃないかな~。前に僕も穂別で採って博物館に寄贈しましたよ」とのこと。

北海道サメの歯マスター凄すぎますね(+∀+;)。




7月上旬

Ryoさんと午後からハクション別川を歩きました。

駐車場にはすでに1台のステーションワゴンがありました。その真横に車を止め

「ん~、ドコに入ったんでしょうね。もぐもぐ。困りましたね~。もぐ。これから採取地を変えるわけには行きませんしね〜もぐもぐ」

と、お弁当を食べながら話していると、遠くから涼やかな鈴の音

しばらくして「カラーン….。カンカンカカン」という、もの凄く聞き覚えのある音が。

(+∀+;ま、まさか…K師匠様さんなの??」慌てて車外に出ます。

いつもK師匠様さんとapogon2さんが携帯している、超硬の炭鉱ドリルの刃を落として作ったという

特製の鉄棒の音です。石を起こしたりタガネにもステッキにもなる優れものです。

時折、K師匠様さんは、その棒を引きずって歩き、先程の様な断続的な音がするのです。

しばらく川を見下ろしているとカーブの向うから大きな袋を二つも抱えたK師匠様登場!!

力強く急なコンクリートのスロープを上がってこられました。

「なんだ。もとろんさんか、誰が手を振ってるのかと思ったよ」

「あの…apogon2さんは?」

「今日は一人で笹採りだ~」

「んえ゛っ(+∀+;!!??

たしか、奥様から「一人では山に行くな」と厳命が下されていたはずなのですが...

「川は山じゃないし、化石じゃなくて笹採りだし~(^ ^)v!

という解釈なのかもしれません(+∀+;)ウ~ム。


「今日はドコ行って来たのさ?イイの採れたかい?」

「あ、ワタクシ達はこれからなんです〜」

「なに...これから採るのかい...!?」

「え、えぇ....まぁ....(+∀+;)イロイロアリマシテ」

しばらく立ち話をして、2時頃入渓。

本流の石溜まりにノジュールはチラチラありましたが、レフト系の沢では小さなゴードリ

コスマチ、プゾシアくらいで、まともなアンモは採取は出来ず、

5時を過ぎ、さすがに暗くなって来たので戻る事にしました。

本流の石溜まりをもう一度チェックした際、ワタクシはサメの歯をゲッチョしました。



7月上旬

アルビアンさんとアンキロさんのお誘いで、ワタクシが良く知るいゃ、全く何も知らなかった分かっていなかった分かってあげられなかったすれ違っている事にすら気付けなかった出来る事ならばもう一度出会った頃に戻って始めよう少し離れている間にキミの魅力をあらためて感じたんだ虫が良過ぎると思うかもしれないが頼むっ!!お願いだ!!この通りだっ!!すまんっ!!......チラッ...チラッ。ダメ?どーしても?もぅ〜土下座でもなんでもするから〜ぁん!!お願いお願い系の産地に連れて行って頂きました。


詳しくはコチラ→『お知らせ 三笠市立博物館特別展 穂別博物館』

数年前、ボンクラゲなワタクシが見て「ココは何も無いね〜っ(+∀+)ハハッ!!」と判断した露頭ですが、

超ベテラン様が掘るとあら不思議!! 化石がザクザク登場します。

湿り気を帯びた柔らかめの泥岩層からは青白い虹色系のモスモスした小さなアンモをはじめ、

魚類のパーツ、ウロコ、二枚貝、巻貝、琥珀、植物…続々と出てきたのです。

そして、この層には多くのサメの歯が含まれていたのです!! 新産地発見でしょうか!?

ここでもワタクシは何本もの歯を飛ばし放題!! 砕き放題!! 置き忘れ放題!! と好き放題のフリーダムボーイ

「それ、珍しいと思いますよ~(^ ^)!」と教えて下さった歯も帰宅後粉砕

とりあえずマシなものを少しクリーニングしてみました。

e0290546_20355051.jpg


数日後、同じ産地に行きました。

詳しくはコチラ→『アルビアンのブログ2-北海道 夏の化石採取二本立て-』

ところが...驚く事に歯が全然出てこないのです(汗)!

ほんの僅かのズレなのかもしれませんし、あれは極薄い密集層だったのかもしれません。

暑い夏の日差しの下、3人で露頭にへばりつき朝から夕方まで採取し、まともな歯は12本。

けれど、化石採取の難しさと面白さを実感できました。


帰りしな、最近おなじみポンポコ川に寄りました。

そこで、ワタクシはサメの歯を2本、よ〜く砕いてから採取してみました(涙)。もぅヤダ...。

e0290546_20363418.jpg

↑奥に副咬頭がチョンとついてます。


ん~…こうして並べて見ると、どれもみすぼらしく恥ずかしいでした(#+∀+;)。









[PR]
by motoronron | 2015-07-13 21:14 | 三笠 | Comments(22)
Commented by fossil1129 at 2015-07-13 21:57
motoronさん
(・`д´・;)ス、スゴイ…
完全に眼は、サメの歯の眼になっています。
そのつもりで探しても、ここまで見つけるのは、完全にムリです。
もはや、すばらしいサメの歯ハンターです!!

ネコさんに似た、点刻に覆われた点刻のある噛みつぶし系の歯、期待が膨らみますね~。

K師匠、2人になったので奥様に堂々と伝えられます(^^)//""""""パチパチ
Commented by オリオン at 2015-07-13 22:02 x
こんばんは!!!おーと素晴らしい成果では有りませんか!!
下から三番目、何かプロトラムナに見えますね~
ギンザメの歯板で良いと思います!この地域と時代性では
初発見ではと思いコメント致します!
これは!!!!!!素晴らしい発見ですね!!
Commented by motoronron at 2015-07-13 22:08
fossil1129さん、どぅももばんは〜(+∀+)!!!
この1年、アルビアンさんを筆頭にサメ系にお詳しい方に色々教えて頂いたおかげで
すこ〜しのちょびっと歯の化石に目が慣れてきた様に思います。
でも、元来目ん玉の質が激テコ悪いので、天候に左右されまくりです(汗)。
採取した歯も家に持ち帰ると本当に分からなくなります....(+∀+;)。。。ぐぬぬ。
ツブツブ系は、捨てられた温州みかんの皮の化石ではないかと思いはじめました。
Commented by 関西鮫 at 2015-07-13 22:11 x
北海道のサメの歯化石、アンモナイトより遅れております。
こうして素晴らしいサメの歯が発見されるのが嬉しいです。
ギンザメと思われる歯、よく解りましたね、この歯は、詳しい方でも
悩むと思います。
画像を見て驚きましたね、ここに注目とは恐れ入ります。
北海道から広がるサメの歯化石のロマンを感じました。
何らかの報告に期待したいです。
Commented by サメの歯化石好き at 2015-07-13 22:26 x
ラストの歯!オドンタスピスですね~

ギンザメの歯板!素晴らしい成果ですね

国内の化石として見ては北海道産出が凄い

アルビアンさんの穂別の記事も驚きましたが

更に追加標本があるとはニュースですよ

ブログはこうして凄いと感じました!
Commented by motoronron at 2015-07-13 22:26
オリオンさん、どぅももどえす(+∀+)!!
え〜...まずは謝りたいのです...(+∀+;)。
オリオンさんの様に心底ズンドコと心の底からサメの歯を愛している方に
この惨状をお見せするのは大変心苦しいのです。
「採るなら採るで、もっとちゃんと採らんかいっ!!!」と叱られるの必至。
ワタクシも歯の先までツヤツヤピンピンした化石を採取したのですが、
何故か必ず粉々、欠け欠け、ヒビヒビなのですよね〜(+∀+;)。
いつも火花が散る程、気合いを込めて叩いているのに...(涙)。
いぇ...まじんこで、今後気をつけますです...。
ギンザメ、もう少しクリーニングしてみますね〜。
Commented by motoronron at 2015-07-13 23:12
Σ(+∀+;)!?関西鮫さん、どぅももばんはなのです〜...。
寒気を覚えるほど更新しないと有名なワタクシのブログ、
そして、滅多にサメの歯なんて出さないのに...。サメ歯LOVEな方々の
チェケラッチョ率がめっさ高い様な...(+∀+;)!?
これがロレンチーニ器官の能力なのでしょか?
ホッカイローでサメ歯を研究されている方も少なからずいらっしゃると思いますが、
化石採取となると、やはりアンモナイトが主流ですよね。
ワタクシめもアルビアンさんに教えて頂くまで、
これほどサメの歯界が熱くディープなものとは知りませんでした。
ギンザメは記事にも書きました様に、はじめワタクシはプチコの一種と思い
慌てて破片を集めたのです。
アルビアンさんに教えて頂かなければ詳細は分かりませんでした(+∀+;)。
Commented by motoronron at 2015-07-13 23:21
サメの歯化石好きさん、どぅもばんは〜(+∀+)まほ〜!!
教えて下さりありがとうございます〜。
ギンザメの歯板、アルビアンさんが採取されたのは穂別のマストリヒチアンとのこと。
アルビアンさんは、どんな時代のどんな化石でも採取され、
それらについて、よく御存知なのでいつも驚いてしまいます(+∀+;)。
ワタクシは全く詳しくないのですが、ギンザメは道外では割と出る化石なのでしょか?
ワタクシはブログを通して、皆様から教えて頂かなければ、な〜んにも分かりまてん...(汗)。
本で調べても、イマイチ自信が持てないのですよね。。。
Commented by Macrowavecat at 2015-07-14 00:04 x
北海道白亜紀でサメ歯がこんなに頻繁に見つかるのは、これまでなかったんじゃないでしょうか。見える人が意識して見ると、在るもんなんですね~。
しかし、老眼にはきついです(´・ω・`; );
Commented by motoronron at 2015-07-14 00:18
Macrowavecatさん、どぅもっです〜(+∀+)!!
一昨日系はおありがとうございました&おちかるさまでした。
めっさ楽しかったですが、超美品の大物を採って頂けず無念でした。

きっとサメの歯は結構あるのでしょね〜。
最近「一巡検一歯」とRyoさんと冗談を言っていましたが、
ドシロートのワタクシでも、1ヶ月たらずの採取でこの数な訳ですから
(掲載していない歯もありますし)間違いなくあるのだと思います。
ただ、アンモを探しとは、ちょっとズレるのかもしれません。
真実はわかりませんが、なんとなくの直感で素晴らしいアンモが入ってそうなノジュール程
サメの歯含有率は下がりそうな気もします。
老眼、そうなのですよね...ワタクシめも老眼になるのが早かったので
めっさめさ困っています(涙)。近日リーディンググラスを買います〜(□∀□)。。。
Commented by コニアシアン at 2015-07-14 06:59 x
こんにちは!
さすがですね。
僕もブームに巻き込まれそうです(^-^)/
種類の同定はアルビアンさんがやっているんですか?
うちにあるサメの歯もみてもらいたいです。
Commented by motoronron at 2015-07-14 09:00
コニアシアンさん、おはよぅろこざいまろ(+∀+)!!
今、ホッカイローで密かなサメの歯ブームが到来ですよ〜!!!
密かなんだか、ブームなんだか、どっちなんだか〜(+∀+;)。。。
いずれにせよ、サメの歯が好きな方々によるものですから、
ブームという一過性のものではなく、これからが超楽しみですよね〜。
コニアシアンさんも巻き込まれて、ワタクシの様なバラバラではない
「美しい」サメの歯を採取なさってくらさいね〜。
同定はほぼ、アルビアンさんに丸投げしてまますす(+∀+;)シーマセン
コニアシアンさんもブログをはじめてはいかがでしょか???
タイトルはもちろん「コニアシアンのブログ」ですね(笑)。
Commented by nenne0612 at 2015-07-14 12:22
『サメの歯のはなし』楽しく拝見しました。確かに確かに「サメの目」はありますね。私が通う一志層群 南長野、美里はサメの歯化石で有名です。ベテランの方から、岩の中から歯根を見つけるのが、コツですよ、と教えていただいたことがありました。残念ながら、ボンヤリ老眼の私は、歯根すらみえません。川原の露頭で一度だけ小さな歯を見つけたことがありましたが、水の中に落としてしまいました。それ以来、全くご縁がございません。でも、もとろんさんの記事を読んで、ヤル気がでました。今週末、美里にシャークハンティングに行って来ます。台風が気になりますが。
Commented by jurijuri555 at 2015-07-14 13:00
うむむ、スッカリ サメ目になってますな。
まったく巡検に出ていないのでサメ目も解除されつつあります。
熱中症のダルさが取れぬまま 又石めぐりに暑い中に連れ出されそうですよ。
あぁ、爽やかな川を歩きたいわ~・・・。
色んな産地のサメ歯集めも楽しそうですね。
私も今度 家の恨めしのマストリの石でも粉砕してみようかな~。
サメ歯でも入っていないかしら・・・。
Commented by アルビアン at 2015-07-14 13:50 x
こんにちは(^◇^)蒸し暑いですね~嫌になりますよ

何だかコメンターもサメ好きな方が多いですね

もとろんさんは、サメの歯の混ざる石は、もうインプット
されていますから、そして、今までの種類は問わない化石
採集のされかたも、小さくともサメの歯が採集できるコツ
ですよね(*^_^*)
以前は、ホントにサメの歯化石好きが少ない北海道
最近は、多くの存在が確認され、北海道のサメの歯化石
は進歩しつつありますね、今回採集されたギンザメと
思われる化石は、素晴らしいとおもいました。

コニアシアンさんは、お住まいが同街ですから
何時でも、我が家にと思いますね~
化石の視野を広げる良い機会になると思います。(^◇^)
Commented by motoronron at 2015-07-14 14:58
nenne0612さん、どぅもにちは〜(+∀+)!!
そちら程ではありまてんが、今日のホッカイローは激アツですよ〜(+∀+;)
ワタクシは半分くらい溶けていますよ〜。
「○○目」ってありますよね。新生代産地と白亜紀産地でも
チャンネルを意識して切り替えなければ、見当外れな探査をしてしまいます。
「岩の中から歯根を見つけるのがコツ」仰っていることは分かりますが、
まず、その歯根を見つけるコツを教えて欲しいですよね〜(笑)。
こればかりは慣れるしかないのでしょうけれど。。。
是非是非、サメの歯を大漁ゲッチョしてきてくださいね〜(+∀+)!!!
更新を楽しみにしております〜。
Commented by motoronron at 2015-07-14 15:05
ぢゅりこさん、どぅももえす〜(+∀+;)。。。
あちーですね。あちーですのね。あちーーーですものね。
はい〜、アルビアンさんに御指導頂きまくりまして、
随分サメ歯をゲッチョ出来る様になるました。
今回紹介していない分も合わせると、1ヶ月に満たない期間の採取数としては
ワタクシ的に十分ではなかろーかとか思うます。
このお日様の下での鉱物採取はつらそうですね...(+∀+;)ワタクシムリムリ。。。
涼しい沢と言えば、絶賛クマクマ中の沢とか、いわく付きの沢とか、
入口でポ○スメーンが待っている沢とかがイイのではないでしょうか。
Commented by motoronron at 2015-07-14 15:19
アルビアンさん、どぅももにちは〜(+∀+)!!
ほんとーーーに暑いですね。泣きそうですよ〜。
流れるのは 涙ではなく汗〜♪ by陽水
おかげさまでサメの歯が採れる様になって来ました〜。
アルビアンさんの様に、端から見ていて我が目を疑う様な神採取は出来まてんが、
これまで同様、チマチマチマチマーと採取してゆきますです。
アルビアンさんの御活躍でブログを中心にホッカイローのサメの歯が
より注目されるようになるました。まだ始まったばかりとも言えます。
今後、より深く幅広く研究される様になるのを期待していまるす。

コニアシアンさん...アルビアンさんのお宅はまじんこでゴイスですよ。
目ん玉ポーーーン!!!状態です。ワタクシも写真を撮ろうとして、
どぅして良いのか分からず、結局、全体をパシャする事しか出来まてんでした(+∀+;)。
さらに恐ろしいのは、これらの化石のデータの殆ど全てが
アルビアンさんの頭の中に入っているということです。
Commented by コニアシアン at 2015-07-14 18:33 x
どーも!ありがとうございます。
ブログやってみたいですね。
でも化石と知識が足りないですね(。-_-。)
コニアシアンと名乗っているものの、ほとんどコニアシアンは歩いていないんですよww

アルビアンもここに住んでいるのですね。
いつかお会いしてみたいです(^_^)
Commented by motoronron at 2015-07-14 19:57
コニアシアンさん、こにあんば〜(+∀+)!!
....(+∀+;)。。。ワタクシがブログをしているのですよ...。
このズンドコドシロートのワタクシめがブロゲってるのですから、
全く全然完全に大丈夫だと思いますよ〜。是非是非!!
Commented by apogon2 at 2015-07-17 22:26 x
またまた遅れてしまいました~((+_+))。そしてリンクも有難うございます<(_ _)>。
しかしポンポコのギンザメの歯板・・これは私も全く分かりませんです。現地で見せられてもちんぷんかんぷんだったでしょう(汗)。しかし目がサメの歯ハンターになっていますね。私も今まで結構頻繁に白亜紀の産地を回っておりますがこんなにサメの歯を見つける人は初めて(笑)。やはり探せる人が探すと出てくるものなんですね~。恐れ入りました(*_*;。
K師匠との遭遇、決して偶然ではなく必然だったのですよ^^。
Commented by motoronron at 2015-07-20 17:31
apogon2さん、どぅももえす(+∀+)!!!
お昨日系も、めっさめさどゅももえす(+∀+)!!!
ポンポコ川のギンザメはapogon2さんの目の前で、
バラバラにしてしまいましたが...なんとか回収できて良かったです。
あぁ...念願のプチコ様が〜バラバラに....と泣いちゃいそうでした。
ワタクシのオモシロ化石チェッカーの針がカナテコ動いたので
珍しくガンバって探してみたのでした。
昨年来、アルビアンさんやジュリアさんがサメの歯写真をアップしまくっているので、
自然と皆様の記憶にサメの歯が刷り込まれていると思うのです、
きっと、今年から急速に採取数が上がる様な気がしておりますよ〜(+∀+)!!