ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

当別・冬のイッチバン川

2014年 11月下旬


「さて…(+∀+)。雪中巡検が続いていますが…今日は当別に行きましょう」

「どこ行くの?」

「イッチバン川です。上流から前回終了地点まで下りましょう」

「まぁ…イイけど。あそこ石が硬すぎるんだよね~」

「確かに硬いですが(+∀+;)。下見ということで気楽に歩きましょう」


初冬のベタつく雪が降りしきる中、当別の北部、青山地区に向かいました。

お昼過ぎ、イッチバン川沿いの月形へと抜ける道の入口に到着。

「ん~…全然、除雪が入ってませんね…」

「タイヤの跡はあるよ」

「幅からするとトラックですね。一応、入ってみますか」


水を含んだ雪にハンドルをとられ、蛇行しながら坂道を登って行きます。

「本当はもう少し上まで行きたかったのですが、ちょっと雪が深すぎますね…(+∀+;)今日はここからにしましょう」

バンパーの前には押し除けた雪が山になっていました。まるで除雪機です。


雪を漕ぎ川へ近付きます。落差のある所が多く、

それ避けて随分遠回りをしましたが、なんとか川に降りる事が出来ました。

「はぁ…もう疲れちゃった…」

「ワタクシも汗だくです。あ、ここは層が綺麗に出ていて良いですね。何層か判ればいいのですが…今日は下流を見るので、宿題としましょう」

ずっと川の中を歩きたいのですが、度々深みが現れ巻かなければなりません。

夏場では登れない斜面でも雪があると足場を作れるので越えて行けます。


「Ryoさん、上の方にノジュールがくっついてますよ」

「ホントだ~…やっぱり大きいね。何が入っているのかな?」

「たぶん、巻貝かウニじゃないでしょうか?クジラの骨かもしれません。空っぽの可能性もありますけどね(笑)」

「あんなのアタシ割れないよ」

「きっと、ワタクシも数個割ったら体力の限界です」

「この川大きいノジュールばっかりなんだもんな~」

「Ryoさんはお手頃サイズを探して下さいね。痕跡でも良いです。とりあえず何が出るか知りたいのです。 それにしても本当に大きいのばかりゴロゴロしていますね…(+∀+;)」

「好きなの割ってイイよ」

「えぇ...まぁ...気が向いたら…」


しばらくは何も見当たりませんでしたが、Ryoが巻貝の覗くノジュールを見つけてきました。

ワタクシはあまりにも採るものがないので、とうとう大ノジュールを割る事にしました。

普段行く白亜紀産地では考えられないほど硬く、ツルハンマーでは歯が立ちません。

格闘の末、ようやく端が欠けましたが、ここまででワタクシは汗だく。

コートを脱ぎ…フリースのジッパーを下し…最後はTシャツ1枚になって

ノジュールを叩き続けました。濡れた腕からは湯気が立ち上ります。

にぶい音がして、やっとヒビが入りました。ツルを抉じ入れると関節した脊椎が現れました。

「Ryoさ~ん(+∀+;)!!カッコイイのが出てきましたよ~」

Ryoは俯き石を探しながら緩慢な足取りでやって来ました。

「うわ...Tシャツだし。汗だくだし...」

「だって暑すぎたんですもの...。これ見て下さい」

「おぉ~、背骨だ。ちょっと短いけど、これはカッコイイね」

「割れ方がイマイチでしたが、一応、持って帰りましょう。径は2cm程ですね」

「bokugenさんみたく、骨を全部出して並べてみたら」

「それ、ワタクシにはムリです(+∀+;)。でも、接着してクリーニング出来たらそれなりに良い標本になるでしょう」


この後は流れが厳しく、おまけに滝まで現れ前進するのがやっとで採取どころではありませんでした。

「Ryoさ~ん!!そこから足場が無いので緑の笹だけ掴んで登って来て下さい。滝壺に落っこちないでくださいよ。冷たいですよ~」

「靴の裏に雪がこびりついてて…笹に乗ると滑るんだよね」

「頑張って〜! もう少し上がるとツルハシを刺してあるので柄を掴んで下さい…」

e0290546_02330702.jpg


太陽は緑がかった鈍色の厚い雲に隠れ、気温は下がり雪は激しくなりましたが

二人とも汗だくになって笹薮を漕ぎます。

時折、葉の上に積もった雪の塊りが顔に当たってくるのが不快です。


ちょっと休みましょう。ワタクシ足がつりそうです」

「疲れたね~…。コーヒー飲む?」

「頂きます...。ノジュールは見えているのですが、こう深いとどうにも難しいですね」

喘ぎ続けたため口の中はすっかり冷え、熱いコーヒーを口に含んでも何も感じず、

しばらくして遠くの方から温もりが沁みてきました。

ワタクシは雪の上に寝転がり、端から端まで同じ色になって距離感の掴めない空を

ぼんやり見ながら「離宮鼠とはこんな色だったかしらん...」などと考えていました。


e0290546_02440569.jpg

「綿帽子を被ったノジュールは温かそうですし、川に浸かっているノジュールはなんだか気持ち良さそうですね」

「そうだね。温泉に入ってる感じ?」

「そんな風ですよね(笑)。では、ワタクシは深くなっている所の壁を見てきますので、Ryoさん待ってて下さいね」

腰まで流れに浸かり一歩ずつ慎重に進みます。

壁にウニと貝化石の破片を幾つか見つけました。やはり、この辺りでもウニが出るのです。

しかし、どれもペシャンコになっていて、かつて当別川で見た様に崩れながらも形を保っているものは無い様でした。


こちらも、白い貝化石の破片がチラホラ見えます。

壁に嵌ったノジュールも気になりますが、どうすることも出来ないので戻ります。



「ここから上がる予定なのですが...出来ればちょっと下流を見たいのです…」

「イイよ、ついでだから見て来ようよ」

夏に比べ水かさが増しているため川は歩けず、またしても藪漕ぎです。

ワタクシは内心「言うんじゃなかった...」と後悔です。

行けども降りられる場所が見当たらず、結局、葦を束にして掴み、無理矢理川へ降りました。


「この辺りの河床の泥岩が気になっていたのですよね~」


ツルハシで少し掘ってみると、白い破片が混ざりはじめました。

「二枚貝だね。殻の感じはマコマかな…」

「なるほど...もう少し掘ってみますね」

「あっ!!」

「あっ(+∀+;)!!!こ、これは…まさかのオオハネガイでしょうか?」

「きっと、そうだよ! この殻の感じ覚えてるもん」

「そうか...こっちに繋がっていたんですね...残念、殆どスレてて一部しか残っていません」


もう少し掘ると、またしてもオオハネガイが。

「もしかして密集してるんでしょうか(+∀+;)!?」


ワタクシ達がやたらオオハネガイで盛り上がっているのは、

何年も通った当別川でもオオハネガイは殆ど見かけなかったからです。

微妙な状態のものが2つとわずかの破片のみ。ワタクシ達にとって珍しい貝のひとつなのです。


まだあるかと、しばらく掘っていましたが、さすがに三匹目のドジョウは現れませんでした。

掘り起こした土を細かく砕き、貝化石の破片をひとつずつ確認していると見慣れないものが。

「この殻の感じ、腕足類ではないでしょうか(+∀+;)?」

またまたワタクシたち大興奮!

当別では更新世の材木沢層でしか腕足類を見ていません。

この泥岩が何層か正確には判りませんが場所と地質から須部都(すべつ)層かもしれません。

いずれにせよ、当別の中新世では初めての腕足類です。


「満足しました…(+∀+)。イッチバン川の本格採取がますます楽しみになってきましたよ」

「沢山じゃないけど、収穫があって良かったね」


イッチバン川を後にすると雪は大粒に変わりました。

ヘッドライトの光は無数の雪を照らし円筒状に真っ直ぐ遠くまで伸びます。

ワタクシ達はじんわりとした幸せと充足感を胸に、

今日出会った化石のことや、来年の夏のことを話したのでした。










[PR]
by motoronron | 2015-07-22 23:59 | 当別 | Comments(23)
Commented by コニアシアン at 2015-07-23 07:11 x
こんにちは(*^_^*)
僕最初の地層の写真が好きですね。いつか間近で見てみたいです。
あの背骨は何の背骨ですか?かっこいいですよね。
沢山の写真で雪の中の巡検の大変さが伝わってきましたよ~

Commented by じゅりあ at 2015-07-23 07:47 x
又スゴイですねー。
もとろん夫妻の冒険巡検、頭が下がります。
発見も良いものばかりで楽しそう???汗
冬にまで大汗かきたくありません。
というか冬に巡検とか もとろん家ぐらいです。
サスガっす。
あ、でもこれって、季節は別にして
サブチーに「行きますよ」と連れられるワタクシ達の図と同じですよね。笑
6時間藪~、山の高さの崖登り、砂防をロープで降りる~とか・・・泣
Commented by アルビアン at 2015-07-23 09:34 x
おぉぉぉ~更新早いですね~
きゃ~雪中アタック、以前は同じくやりました
究極の世界、白夜なら一日いっぱい採集できますね

魚類の脊椎骨、随分大きいですね、この配列ですと
すぐ近くのノジュールにも続きがありそうですね
サイズがびっくりしました~楽しそう(*^_^*)

オオハネガイは、正直採集したことありません
しかし、こうして密集する事があるのですね
関東地域でも、この貝は密集して産出している様です。
存在感があり好きです。
こうして見ますと、当別は素晴らしい宝の山だと
思いました(^v^)
Commented by motoronron at 2015-07-23 09:58
コニアシアンさん どうももようご゛ざいます〜(+∀+)!!
最初の地層イイですよね〜。地層とか露頭を目にすると
テンション上がる丸が小丸揚げボリボリ!!
橋のすぐ下ですから、ヒョイと身を乗り出せば簡単に見る事が出来ますよ。
夏なら水に飛び込んでも良いですしね(笑)。
近くに道民の森のキャンプ場やバンガローもあります。
夏休み御家族で楽しんでみてはイカがでしょーか。
さらにさらに...その近くに別な化石産地もあるのですよ!
いつか新生代の化石に興味モリモリになったら御一緒しましょね〜(+∀+)!!
ホネッコは何でしょうね?大きなお魚みたいなカンジですよね。マグロちゃん丼?
Commented by motoronron at 2015-07-23 10:17
じゅりあさん どぅももも゛がも〜(+∀+)!!
大好きな冬の探検ゴッコです〜。夏には涼し気でよかかな〜と。
化石した発見は...ワタクシ達の個人的な驚きと喜びで、
ジミ過ぎ〜とは思っています...(+∀+;)。。。
ゲッチョした喜び+ココではこんなのが出るんだ〜!が良いのです。
アンモ採取の時は事前に「ココではこんなのが採れちゃいそう」と
歩く事が多いのです(大体、予想したものは採れまてんが)
新生代の未知のゾーンでは産出化石情報が少ないので
「何が出るかな〜?」の本日の当り目が大きなライオンの
楽しみのひとつの小堺さんの恋バナ〜!なのです。
言うまでもなく、ワタクシの浅薄さ故に成立する楽しみです(+∀+;)。

冬巡検はアルビアンさん御夫妻が大ベテランと思うます。
今はお嬢様達が小さいので控えていらっしゃる様ですが、
お話を伺う度、冬歩きアルアルに笑ってしまいます。
冬は大汗かいても行き倒れてればキンキンに冷えますよね(+∀+)サイコー!
夏に暑くて行き倒れたら、さらに暑くなり、その上虫の餌食になり...(+∀+;)ジゴクー!!

ですから、夏に6時間薮漕ぎなんて、ワタクシ一生しまてんからΣ(+∀+;)!!!
Commented by motoronron at 2015-07-23 10:33
アルビアンさん どぅもももようご゛さいます〜(+∀+)!!

大体、毎日更新がモットーのもとろんでございまよす(+∀+)!
雪中巡検といえばアルビアンさんですよね〜。
奥様からも数々の冷え冷えガクブル話しを伺っております(笑)。
でも、暑がりの人間には良い季節と思うのですよね〜。
雪で石も隠れちゃうのはコマリンボですが...。
その点、海岸産地系はちょっち有望でしょか。
白夜なら..というのはワタクシも常々思っておりました(笑)。

脊椎さん、続きがあるとウレシーのですが、残念ながら、
これは、大量のコロコロノジュールのうちの一つなのでした。
御存知の様に、この産地は小さいものならスイカ大、
大きなものならバランスボール大の砂岩ノジュールが
めっさ大量に落っこちていて、川の中はリゾートスパ状態。
ストレスが溜まって何かを叩きたい方にはうってつけの場所だと思うがです。
なかなか割れなくてさらにストレス溜まる丸かもですが...(+∀+;)。

当別でオオハネガイ産出!!に反応して下さるのは
おそらくアルビアンさんだけかと...(笑)。
やはり密集して産出するのですね。次回、同じあたりをホジホジしてみます。
この時は端の方が凍っていて掘れなかったのです。
出来れば、コチラ系の産地も御一緒出来たらと思うます。よろしくお願い致します〜。
Commented by 化石大臣 at 2015-07-23 11:18 x
砂岩系のノジュールの硬さにはもう参ってしまいます…
三笠層の大玉も大ハンマーでガンガン叩いても表面が少し欠けるだけでした。
ある程度割れ出してからは良いのですが、丸い状態から割るのは本当に骨が折れます。
でも今回は骨折り損ではなく、文字通り良い感じの骨が出てきたので大成功ですね!笑
Commented by motoronron at 2015-07-23 13:11
化石大臣さん どもようニチロハム(+∀+)!!
砂岩ノジュールは激テコ硬いですよね〜。
砂岩系でもバキョ!!と割れるのと、妙にモスモスしているのがあって、
後者は硬い上、いくら叩いても打痕で白っぽくなるだけで泣けます。
今回登場したノジュールは全てとても大きく、
アンモが入っているのだったら頑張るかもですが
もし、ビミョー系のだったら...と思うと元気が出ません。
今回もバラバラにしてしまったのですが、一応、骨折り"得"でしょうか(+∀+;)。

あ、ところで、夏ですよ!! ホッカイローの化石が化石大臣さんを待ってますよ〜!!
Commented by ZX9-R at 2015-07-23 18:27 x
この蒸し暑い数日、涼しげな雪の写真に癒されました。
汗だくで石を割るのはわかりますよ~。私も半袖で除雪します。超硬い石もあるんですね。なんだか古い方が硬いのかな?なんて思っていましたが、全然関係ありませんね?
脊椎化石は素晴らしいです。自然の造形美ですね。規則的すぎて人工物に見えてしまいます。素晴らし~!
珍品二枚貝も採れてRyoさんも喜びますね。あ~蒸し暑い。
Commented by motoronron at 2015-07-23 19:49
ZX9-Rさん どぅももばんは〜(+∀+)!!
コチラ系もトートツにムシムシアツアツになるました〜(涙)。
先日までのさむ〜い日が恋しいどえす。
一概に地質年代では硬さは決まらないのかと思うました。
マストリで硬いトコもあるでしょうし、
古生代で柔らかい系のトコもあると思うます。
ワタクシ的にイャなのは当別〜尾白利加のバリ硬砂岩ノジュールです。
たっくさんあるのに割れない(割る気になれない)のが残念です。
人工物....ハッΣ(+∀+;)!!! もしかしたら、宇宙人系のナニかかもしれまてん。
マグロ型の宇宙船のパーツかも...。
Commented by 有るビアン at 2015-07-23 20:00 x
なんか、またコメントしたくなっちゃいましたよ
何回も見ていて、いろんな事が見えました
小さな川に大きな丸い石、これはインディージョーンズ
の石が転がり追ってくる様~
お気に入りは、三個タマ石が雪帽子、良いですよね
画像処理で顔なんか書きたくなりました。
ホントにあチぃー日に涼める画像で良かったです。(^◇^)
Commented by motoronron at 2015-07-23 21:24
有るビアンさん キャービアンばんは〜(+∀+)!!
つづけましておありがとぅございます〜!!
コロコロ転がる位まんまるなのですよね。
大変模範的なノジュールだと思うです(笑)。
一世を風靡したセピアな"ヒョウタン石"もあります。

たしかに...あの高さから転がって来たらインディージョーンズだって
ひとたまりもありまてん(+∀+;)。。。。
蹴り返せるのはタイガーショットの日向クンだけ!!
成層圏まで打ち返せるのは山田太郎クンだけ!!
翼クンは....オーバーヘッド時、バク転のタイミング悪く頭に直撃Σ(+∀+;)!!!
Commented by vicky at 2015-07-23 21:57 x
新生代好きの本領発揮ですね。
あの背骨は、すごーい。くさびかと思いました。

雪景色に癒されました。
Commented by motoronron at 2015-07-23 22:13
vickyさん つづけましてはどぅももえす(+∀+)!!
ホネッコのズラリ感はゴイスですよね。
これがダーーーット続いていたらウレシーでしたが、
残念ながらココまででした(涙)。
それでも、それなりのサイズなのでちょっと迫力ありますよ。

ワタクシも早く冬になってほしいです〜(+∀+)。。。
Commented by apogon2 at 2015-07-23 22:51 x
今日は暑かったですね~。しかも蒸し暑く体中カビが生えるかと思いました(笑)。
そんな中寒い冬の巡検の話題有難うございます~てか中身を読んで汗だくだく・・体から湯気が出そうになりました((+_+))。
それにしても素晴らしい脊椎ですね。これはやはりbokugenクリーニング方式でまるっと出してください。
一体どれくらいの大きさの魚だったのでしょう・・。
Commented by ammonite0028 at 2015-07-23 23:27
こんばんは、もーりんです。
あれっ? クリックを間違えたかと思いました。
やはり、もとろん&Ryoさんの冬場のレポートは
格別です。
写真と文から醸し出される情景描写、いいですね。
セキツイ骨すごいです。     (^_^)
Commented by Macrowavecat at 2015-07-23 23:57 x
巨大魚の脊椎化石、興味津々です。近くに頭骨のノジュールがあるかも。
Commented by motoronron at 2015-07-24 19:09
apogon2さん おこぬぱぬは〜(+∀+)!!
今日も暑いですね〜!!!!もーーーーっ!!!暑いですねーーーっ!!!
やっぱしワタクシは冬の人だと思うました。
あ...一見涼しそうで中身は汗だく男塾系で失礼致しました〜(+∀+;)。
冷える冷えるサギでした。。。アイスノンかと思ったらホッカイロやないけ〜!!
bokugen方式は技術と知識となにより根気が必要なので
ワタクシは一生ムリムリどえす。
Commented by motoronron at 2015-07-24 19:11
もーりんさん、どぅもももばんは〜(+∀+)!!
コチラもとろんのブログどえす。ワンクリック詐欺...ではないですよ〜。
冬の巡検は最高...とは言えませんが、
モノトーン系の風景とあの冬の香りがたまらなく好きなのです。
大きな背骨っちょを見たのは初めてではないのですが、
この大きさで繋がっているのは初めてなのでドビツクリでした。
クリーニング...どうしたものか悩んで放置しております(+∀+;)。
Commented by motoronron at 2015-07-24 19:13
Macrowavecatさん どぅももばんは〜(+∀+)!!!
近くに巨大ノジュールはゴロゴロゴロゴロそれはゴロゴロ転がってますが、
あの全てを割る気にはなれないのです...(+∀+;)。
何か入っていれば救いがあるですが、スカも少なからずあるのが恐ろしいです。
今度、御案内しますので、もー、好きなだけ割っちゃってくらさい!!!
Commented by fossil1129 at 2015-07-30 21:43
北巡検では、お世話になりました。
寝て、仕事に行くだけの二日間でしたが、やっと少しだけ元気になりました。

関節した椎骨、美しいですね。
そして、もとろんさんの文章も、画像も美しいです。
Commented by motoronron at 2015-07-31 16:41
fossisllsisll1299229292さん、どぅももばんは〜(+∀+)!!
採取旅行めっさおちかるさまでした〜。
日数のわりに1日しか御一緒出来ず残念賞でした〜。
来年はたっぷし滞在出来るでしょうから、
ビザが切れるまでホッカイローで採取なさってくらさい。
これまでスケジュールの関係で行けなかった産地にも
行けちゃうかもしれませんね(+∀+)!!
Commented at 2015-08-07 21:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。