ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

三笠・マーガレットの沢

fossil1129さんの記事と勝手にコラボです〜(+∀+)

2014年 11月下旬

Ryoさんと三笠マーガレットの沢へ行きました。
その一ヶ月前、ワタクシはapogon2さんとK師匠様のお供をさせて頂きましたが、Ryoさんは初めてです。
かねてより「行きたい!行きたい!」と言っていた沢です。
昨晩降った雪の残る林道を水溜りの氷を割りながらしばらく進みます。
「結構奥なんだね」
「入口から沢まで8kmほどありますからね。こんなカーブがずっと続きます。でも工事中なので道の状態は良いですよね」
「どんなところかな~。楽しみだな(^ ^)」
「メインはサントニアンです。ワタクシは前回スカフィを採ったので一部コニアシアン、場所は特定出来ていませんがカンパニアンもあるようです」
「なんでも採れちゃうね(^ ^)」
「まぁ、あれば…ですけどね(+∀+;)」
e0290546_20461422.jpg
冬の初めの午後、深い沢は少し薄暗く、谷間を冷たい風が流れます。
「時間がないのでサッと流して、来年の春にまた来ましょう」

まだ記憶に残るapogon2さんやK師匠の割り跡の解説をしながら進みます。
「コザイのも結構あるね。こーゆー川が好きよ」
e0290546_20461844.jpg
「少し水が引いたせいか、思ったよりも石が残っています」
「コレなにかな?ちょっと割ってみて」
「ダメシ? でもキールは無いですね。あれ、裏側に変わった肋の断面が見えます」
縁を軽く叩くと薄く石が剥がれ、見慣れぬ肋が現れました。
e0290546_20462112.jpg
「これって、もしかしてアナゴー?サントのアナゴーなのですか(+∀+;)?」
「肋がこんなにペタンとしててもアナゴーなの?」
「コニアシアンでよくみるリマタムはモコモコ肋ですが、サントニアン~カンパニアンのアナゴーはこんな感じだと思うのです。以前、apogon2さんがブログでヤマシタイを紹介されていましたが、やはり幼殻はアナゴーらしくツルンとしていました。多分これはヨコヤマイという種だと思います」
「へー、サントニアンでアナゴーが出るんだね〜」
「ちょっと不完全ですが、住房まであるのは初めてです。Ryoさんやりましたねっ(+∀+)!!」

アナゴードリセラス・ヨコヤマイ
長径11cm
e0290546_20462481.jpg
e0290546_20462707.jpg
e0290546_20462911.jpg
e0290546_20463263.jpg








[PR]
by motoronron | 2016-02-08 20:54 | 三笠 | Comments(14)
Commented by nenne0612 at 2016-02-08 23:14
オバンです。二枚目の石から、三枚目の写真の物が現れたら・・私だったら超感動してお◯らしするかも⁉️北海道のアンモな方々はいつもこんな、素晴らしい体験をされてるんですね❗️穴ゴーっていうのですか。羨ましいかぎりです。
Commented by motoronron at 2016-02-09 00:48
nenne0612さん、おこんばんぢばちんばー(+∀+)!!
ワタクシたちは....あれであれ、ですが(+∀+;)。
ベテランの方々はいつだって、こんな体験をされていると思うです。
ほんとーにビツクリするほど化石を見つけちゃうのですよ〜!!
濁った川の中からノジュールを出してきたり、
草に覆われた川岸からノジュールを掘り出してきたり、
雨後、泥々に覆われた露頭からノジュールを掘り出したり、
遠くからワタクシがノジュールを踏んづけているを指摘してくださったり(苦笑)。
どーです!? もはや特殊能力、特別なセンサー内蔵、神の啓示としか言いようがありまてん。
ドシロートのまま時間だけが過ぎてしまったワタクシにはとてもマネができまてん。
Commented by コニアシアン at 2016-02-09 07:04 x
おはようございます~
この肋は確かにヨコヤマさんですね。
もーりんさんの本にのっていたため、すぐにわかりました~
リマタムとの違いがよくわかる、素晴らしい標本だと思います。
変形しているのは残念ですが、へそが残っていたのは良かったです~
テトラの場合、住房が折れ曲がるとへそなどダメダメですからね(^_^;)
Commented by motoronron at 2016-02-09 10:58
コニアシアンさん どうももようございまよそーす(+∀+)!!
このアンモ、横山さんであってますか。珍しくどーどーと種名を書いた後、
ちょっち不安になるました(笑)。ちなみに大観さん?光輝さん?ノックさん?
アナゴーは美しいアンモナイトですよね。ベテラン様のお話を伺っても
あまり完品とは出会えないそうですね(完全保存のアンモの方が少ないですが)。
Ryoさんは、リマタム以外のアナゴーの状態の良いものを探しているそうです。
テトラは住房が折れるとへそがダメになってしまうことが多いのですか?
Commented at 2016-02-09 14:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by アルビアン at 2016-02-09 14:46 x
こんにちは、すっかり風邪になりまして~涙目です  あちゃゃゃ~

なかなかの良いサイズをゲットされたのですね
このサントやカンパあたりの横山さんや山下さんのは、なかなか判断に
迷いました~コニアシでしたら何でも理股無なんですが~松本さんも
おりますし  汗

主肋の感じは ハワージみたいで素敵です。
コニアシアンさんの同定  凄いです。
Commented by motoronron at 2016-02-09 16:30
やままんさん どぅもいらはりまほー(+∀+)!!
ぽんほ゜こ系では本当におせわになるました〜!!
やままんさんのブログに早速お邪魔してきましたよ〜。
博物館ネタが盛りだくさん盛りなのでウレシーでした。
ワタクシ、あんまし施設系にはいかないので、
これからもヨロピコおねがいしまぅ〜(超他力本願寺3代目住職)。
ありがとうご゛゛いました。
Commented by motoronron at 2016-02-09 16:37
アルビアンさん 風邪をめされてしまいましたのですか〜(+∀+;)。。。
カゼビアンさん状態なのでしたら、ルルビアンしたり、パブビアンして
ズバッと治さなければ、この時期キツイですね(涙)。どうかお大事に〜。。。

もー、馴染みがなさすぎて、良いサイズなんだかかんだか(+∀+;)。
なかなかリマタムさんの様にはたくさん出てきてくれないアンモなのですね。
ちゅるんとした幼殻部分は採取したことがある気もしますが、
はっきりとした肋があらわれたのは初めてゲッチョしました。
アナゴーさんもいろいろ種類があるので一通りよい標本を見てみたいです。
三笠博物館にはサント系のアナゴーさんとかいないのですよね〜(涙)。

コニアシアンさん、もっと×2勉強していただいて、第二の化石大臣閣下、
そしてゆくゆくは第二のアルビアンさん、激テコもぐりさんの様になってほしーです(+∀+)。
Commented by fossil1129 at 2016-02-09 21:13
さらりとこんなのが出てきて
Σヽ|゚Д゚|ノ┌┛☆【びっくらこ!】
ですよ!
住房部の主肋は特徴的ですし、ヘソも残っていますね。

マーガレットFace、行ってみたくなりました。
Commented by vicky at 2016-02-09 21:40 x
ちょっとはついていける話題です。
アナゴー好きですから。
で、ヨコヤマイさんをもーりんさんの本で確かめて、確かにそっくりだ、と納得。
コニアシアンさんじゃないけど、リマタムと違うんだなーとしみじみ納得。

ノジュールから顔じゃなくて背中か?をのぞかせた姿にゾクゾクしました。
Commented by motoronron at 2016-02-09 23:24
fossil1129さん どうもばはちはち〜(+∀+)!!
fossil1129さんに驚いていただけるということは...
やはり、ちょっこし珍しい系でしょか〜。。。
Ryoさんはこのアナゴーの追加標本を欲しい〜ので、
マーガレットface行きを願っていましたが、
結局、昨年は一度も歩けませんでした...。
今年は、ぜひぜひご一緒しましょーーー(+∀+)!!
Commented by motoronron at 2016-02-09 23:28
vickyさん どうもころばんちは(+∀+)!!
アナゴーさんイイですよね〜。やっぱしゴードリ系は安定の人気。
アンモらいしいアンモですものね。ニッポさんなんて、
知らない方が見たら、アンモだなんて絶対に思わないでしょね。。。
もーりんさん図鑑、日本全国津々浦々で...大活躍ですね。
アナゴーもいろいろ種類があるので、どこの産地でも楽しみです。

そうなのです...割とツルンと綺麗に出てきてくれたので、スレ欠けが残念です。
Commented by apogon2 at 2016-02-10 14:47 x
当時の記事はいま読み返してみるととても恥ずかしいです(笑)。アナゴーは確かにサント~カンパではちょっとレアなアンモになりますよね。肋が成長に従ってかぎ状なったり間隔が広くなったり・・ヘソの狭さもちょっとマニアックなアンモでした。
出来れば完全体を採ってみたいものですが、今は難しいのかな~。ベテランの方たちはきっと沢山お持ちですから博物館に寄贈してくれても良いのにね~^^。
Commented by motoronron at 2016-02-10 18:51
apogon2さん どもこちしはちば〜(+∀+)!!!
いえいぇ!!! apogon2さんの記事は、
アナゴードリセラス・ヤマシタイに言及した数少ない
貴重な資料だと思っています。
今に至るまで、検索してもほとんどヒットしませんし、
みなさまが推理されたコメントも
後進のワタクシたちにとっては勉強になる貴重なものです。

記事のアンモを採取したのち、
三笠の博物館にサントのアナゴーを見に出かけたのです。
ひとつもなくってガッカリしました。
収蔵庫に破片の様なものはある、そうです。
ワタクシが持っているなら寄贈したいところですが...。
あれ以来破片もみていまてん(+∀+;)。。。