ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

モーライのツノガイのはなし

石狩市厚田区の海岸沿いの崖下を歩くと沢山の中新世の貝化石に出会えます。

その中でもツノガイは最もよく見かける種のひとつです。


これまで「ヤスリツノガイ」と紹介されてきましたが、

石狩市の資料館のリストには「シンカイフトツノガイ」という種も加わっていました。

地質図幅説明書「厚田」(昭和31年発刊)には


Dentalium yokoyamai(ヤスリツノガイ)

Dentalium sp.


の、2種類が載っていました。

このsp.がシンカイフトツノガイ(D.horikoshii)を指すのか不明ですが、

ワタクシもDentaliumの仲間は2種しか確認していません。


この産地、産出数の割にツノガイの完全体は得られません。

露頭から直接出るものは風化してもろく、浜に転がっているものは寸断され磨耗しています。

「目玉のおやじ」よろしく断面が覗くノジュールは名物と言えるほど沢山拾えますが、

やはり短い上、ちゃんと化石を取り出すのは至難の技。

長い楕円形ノジュールに殻頂が少し覗いているものは

保存が良好かもしれませんが、ハンマーで叩くとほぼ間違いなく破損します。


シンカイフトツノガイの方が「太」というくらいですから、

やや、ずんぐりした印象がありますが、細切れになっていてはわかりません。

現地で少しでもマシな破片を見つけたら、縦肋を観察してみましょう。


比較表を見れば、違いは一目瞭然。

シンカイフトツノガイの方が圧倒的に肋の数が多いです。

半周程度数えることが出来れば十分でしょう。


つぎに断面の形状です。ルーペなどで観察すると下の様になっています。

(わかりやすい様に大げさに表現しています)


「ヤスリツノガイ」


平坦な印象です。

e0290546_02381834.jpg

e0290546_02173349.jpg

表面には縦肋と交わる微細な輪肋がはっきりと見えます。

(上の写真右側、光が反射しているあたりがわかりやすいです)

e0290546_02391560.jpg

「シンカイフトツノガイ」

幅広の肋は平で、細い肋は丸みを帯びています。

ヤスリツノガイの様な交差する線はやや不明瞭です。

e0290546_02391176.jpg

e0290546_02173007.jpg

少々判りにくいですが、ルーペなどで確認すると特徴が見えてくると思います。

学名のDentaliumは、dental 「歯」に由来します。
英語ではtusk shellやtooth shellというようです。tuskは「牙」toothは、やはり「歯」のことです。
いずれもイメージにピッタリですね。

最近の図鑑を見ると、Dentalium yokoyamai Fissidentalium yokoyamaiとなっていました。
確証はないのですが、fissiは「割れた」というニュアンスの意味の様です。
上の表、ヤスリツノガイの特徴の説明に「殻頂に長い切れ込み」とあります。
これに関係があるのかしらん?と思っています。
ただ、モーライで殻頂まで保存された化石を得るのは、奇跡のようなことですけれどね(+∀+;)!!
e0290546_02173517.jpg






[PR]
by motoronron | 2016-02-16 02:45 | 石狩 | Comments(14)
Commented by jurijuri555 at 2016-02-16 05:00
私も違いはなんだろ・・。と思っていました。
筋違いですか。痛そうですね・・・。(笑)
モーライでツノガイのまともな化石を取るのは果てしなくムズイです。
同じモーライ層なんだからこだわらずにコターンの方が私は好きですね。
ゴーロゴロ長いのありますよ。
ただし 短気な私はポキポキ折っちゃいますが。
ただ、殻の保存と言うより ほとんど瑪瑙化しているので
より現世に近い化石・・・となると 又違う感じですけどね。
で、殻の違いには気づきもしませんでした。
太いのがフトツノガイなんだろ。と思っていました。(笑)
違う系のは無いと思います。違ったらすぐ違和感じますから
うちのは全部ヤスリツノガイ。
Commented by jurijuri555 at 2016-02-16 05:07
て、ちょちょっ!!!
85cm!!??
そんな長いの居るんすか。
きっと太さは私のムチムチ太ももより太い ミルもビックリな肉体の持ち主な貝なのでしょうな・・・。
Commented by コニアシアン at 2016-02-16 07:08 x
おはようございます~
素晴らしい考察と、分かりやすい図につくづく感謝~!!!
違いが良くわかりましたよ。
今まで、ヤスリ以外のもう一種があること自体は、わかっていたのですが、果たしてどんなものなのかは不明でした。
こんな綺麗な殻が残っているのも、そう多くないですからね。
するとこのシンカイフトツノガイとハッキリわかる標本は、殆ど無いです…
絶対にシンカイツノ採ってみせますよ~!!
Commented by motoronron at 2016-02-16 10:29
jurijuri555さん ととょもす〜(+∀+)!!
筋違いですか。痛そうですね、に爆笑!!
比較する箇所はいくつかあるわけですが...
モーライの化石で完品ふたつ採ってきて比べることの難しさは、
あの産地を歩いたことがある方なら容易に想像出来るでしょう(+∀+;)。
本当にコターンはツノガイゾーンですよね〜。
ワタクシたちが、モーライに比べて歩く回数が少ないのは
家庭菜園を過ぎてしまうからなのです。
あと、ちょっと化石の数が少ないと感じています。

仰る通り、殻の表面が出てこないと、今回の比較もよくできまてん(涙)。
拙宅のサンプルを見る限り、シンカイフトツノガイとヤスリツノガイの産出数に
めっさ極端な違いは、ない感じです。
Commented by motoronron at 2016-02-16 10:31
じゅりあさん、どぅもも〜えす(+∀+)!!
85cm¿¿¿???いゃですね〜...
そんな象の牙みたいなツノガイがいるわけないじゃないですか〜(+∀+)!!
...Σ(+∀+;)って!!!! 書いてある!!上の表に書いてあるっ!!!ビツクリ峠!!!
早速、修正しておきました(汗)。。。ご指摘超絶おありがとうごさいます〜。
Commented by motoronron at 2016-02-16 10:37
コニアシアンさん どぅももはちはし〜(+∀+)!!!
ツノガイさん、めっさ出て来る割にぞんざいに扱われてますよね。
もちろん、ワタクシもぞんざいに扱っています(+∀+;)。。。

産出化石リストには、お名前は書いてあっても、
多くの場合、写真が出ていないので良くわからないですよね。
事典にも載っていないことがありますし(涙)。

これまでヤスリツノガイと紹介されることが多かったですし、
パッと見、よく似ていると言えますので、
上の2種、どちらもヤスリツノガイとして写真が併載されていることもあります。

シンカイフトツノガイが特に珍しいとは感じていません。
きっとすぐにゲッチョできますよ〜...(+∀+;)ハヘンナラ。。。
Commented by アルビアン at 2016-02-16 13:22 x
こんにちは、この記事で同定がスムーズになりますし、解りやすい
です。素晴らしい内容ですよ~なるほどです
そうか~そこが違いなんだーと、あまり見ていない部分でした。
ある意味、アンモナイトと似て肋の特徴も必要なんですね
たしか、エントツなんだか~はメートル級の貝でしたかね
ツノガイの巨大なのいたら、武器になりますよね~
そしてノジュールは一メートル級にでかい丸石に
先端部のある素晴らしいのを御持ちですね
Commented by motoronron at 2016-02-16 13:37
アルビアンさん、どぅももによろちは(+∀+)!!
専門家的には、もっとちゃんと見なければいけないと思うのですが、
今回はこれくらいで許してちょんまげ!!系どえす。

最初の頃、ワタクシもなんとなく「??(+∀+)」と思いながらも
微妙な状態のものばかりなので、全てヤスリツノガイで納得していました。

エントツガイ!! 最近、どこかで見たことある...と思うましたら。
おなじみ鳥羽水族館のショップの映像でした(笑)。
あの水族館はいろいろな意味で本当にありがたいです。
エントツ様、世界一長い貝ですよね。フナクイムシの仲間と知りビビラッチョ!!
ということは...一応、二枚貝ですか。。。うぬぬぬ。
ノジュールからはみ出ていたら、...巨大なカニ爪コロッケみたいな感じでしょか〜(+∀+)???

ツノガイ標本、もう少し良いものがあったと思うのですが、
あげてしまったのか、探しても出てきませんでした。
Commented by fossil1129 at 2016-02-16 20:24
もとろんさんのイラスト、めっちゃ分かりやすくてよかったです。

こういう絵解きの化石図鑑があるなら、私は即買いですよ。

太腿サイズのやりとり、爆笑しました。
Commented by vicky at 2016-02-16 21:18 x
↑に同じく~。
とてもわかりやすい講義でした。是非パワーポイントでみなさんにやってください。

そして、85㎝!?を探しましたが、もう修正後でした。てへ。
Commented by motoronron at 2016-02-16 21:21
fossil1129さん、 どぅはもちゆはち〜(+∀+)!!
わかりやすいでしたか。超絶プロ系のfossil1129さんにそう言っていただけると
ウレシーどえす(+∀+)。基本的にたまたまヒットしたお子様や
化石採取を始めたばかりの方にわかりやすい様、
そして...Ryoさんにわかりやすい様に書いています(笑)。
Commented by motoronron at 2016-02-16 21:26
Vickyさん、 どぅももはぢはち〜(+∀+)!!
おありがとぅございまぅ〜。パワポですか〜...(笑)。
むか〜し、パワポがなかったころ、ハイパーカードというソフトで遊んでいました。
原始的なパワポの様なものです。白黒でしたが楽しかったですよ。
今は、なんでもできちゃいますね!!

85cmの話は.... ヤメテッΣ(+∀+;)!!!!
Commented by Macrowavecat at 2016-02-17 20:52 x
最後のノジュール入りのツノガイ、格好いいですね~。ノジュール入りで先端保存の化石はほとんど見ないので貴重ですし。
Commented by motoronron at 2016-02-17 23:12
Macrowavecatさん どぅももはば〜(+∀+)!!
ツノガイ、イイ系ですか?コターーンの方もよく歩かれるMacrowavecatさんでしたら、
激テコ美品系をお持ちではないでしょか?
今回、記事を書くにあたって、コンテナをゴソゴソしたのですが、
よいものが見当たりませんでした。行方不明です〜(涙)。
んで、ラストの写真となりました。