ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

ミドメモ川のフィロパキセラス

フィロパキセラス・エゾエンゼは、よくサントニアンを歩くワタクシたちにとって
とてもポビュラーなアンモナイトです。もっちりと厚みのあるのが二人とも大好きなのです。

昨日、Ryoさんとクリーニングするアンモナイトを探していました。
「柔らかめの石がイイですよね...」
「柔らかい石で、クリーニングしがいのあるヤツね」
「ん〜....そう言われても大体が普通種ですよ...あれ?コレって...(+∀+;)?」
「なになに?」
「この箱は小平のミドメモなのですが、これを見てください。フィロパキです」
「そう?なんだか薄い感じよ」
「でも、この条線とヘソへ落ちてゆくラインはフィロパキだと思います。チューロでフィロパキが出るんですね」
「上流のサントから来た石じゃないの?」
「いえいえ...スカフィテスがいくつも入っていますし、この時はかなり下流で採取したのでチューロで間違いないと思います」
「じゃ、それする」

例によって、Ryoさんがある程度出したところで、ワタクシにバトンタッチ。
壊れた殻口付近の分離がすこぶる悪く、時間がかかった割には、
綺麗に仕上がりませんでしたが、良いサンプルとなりました。

フィロパキはサントニアン・カンパニアンのアンモナイトとばかり思っていたので、ちょっと驚きました。

30mm
e0290546_22024478.jpg
ワタクシたちがよく知るフィロパキに比べ、側面がやや平らな印象で、薄い感じがします。
e0290546_22024619.jpg
e0290546_22024825.jpg








[PR]
by motoronron | 2016-03-01 22:04 | 小平 | Comments(12)
Commented by nenne0612 at 2016-03-01 22:41
もとろんさん、こんばんは。申し訳ないことにアンモの知識は皆無ですが、いつもながらの「ネ申」クリーニングですね。写真もクールです。バックが黒で、ヌメッとした質感。特に最後の。かっこいいです。
Commented by コニアシアン at 2016-03-02 07:07 x
おはようございます~
またコメントの仕方が変わりましたね。(昔と同じになりました。)

これ…確かに薄いです。
他のブログでも、フィロパキがチューロから出て驚いた、という記事をたまーに見かけます。
フィロパキセラスはエゾエンゼですが、もーりんさんの本に「北海道ではエゾエンゼ以外殆ど知られていない」という文章がありました。
するとしられていなくても、他にも種が存在することになりますよね?
別種なのかもしれませんし、チューロで出るフィロパキは元々薄い、コニアシからもう少し厚くなる可能性があります。
そうすると、アンモの場合別種としてもいいのでしょうか…?
まぁまぁ、時代はチューロで確定ですので、色々考えてみてください。
Commented by アルビアン at 2016-03-02 09:15 x
おはようございます。
チューロニアンのフィロパキは珍しいですね
ご存知かと思いますが、私はこの可愛い種が大好きです。
特に炎のような縫合線に魅了されました
サントニアンでは沢山見れますが、こうして違う時代の
標本は大切ですね  もっと古い物もあるようです。
共産化石もあって時代をはっきりと認識できますね
これが出たらこの時代とくくるのも最近はどうでしょうか
線を引くよりぼかし的なくくりでもよさそうです。
地域によっての差異は大きいと感じております。
Commented by motoronron at 2016-03-02 10:20
nenne0612さん おやこんはちしはようございまよす(+∀+)!!
貝類もアンモ様も...いろんな種類があったり、似ていたり...。
ワタクシもいまだによくわからないのです(涙)。
マジンコで同じに見えちゃうこともアルアル戦隊モヘイジャーどえす。
オビラッチョ系の石は柔らかいので割とはやくクリーニングが進むです。
フィロパキさんのもっちりヌルルンなカンジは本当にかわゆいです(+∀+)。
Commented by motoronron at 2016-03-02 10:40
コニアシアンさん おははにょょ〜牛乳23ヶ月ものっ(+∀+)!!!
コメントの仕方が変わるましたか...。ワタクシはログインしっぱなしでよくわからなかったです。
あ、やっぱしこのフィロパキっこ薄めに見えますか??
産出リストを見るとフィロパキセラスの仲間は古くはアルピアン、セノマニアンでも出てるようです。
フォルベシアナムという種がカンパニアンで、とあるます。
現在、まったく確認してまてんが、もしかすると...ちょっとずつモッチリしたのかな〜(+∀+)と考えております。
他のをチェケラッチョしたくなっております。
Commented by motoronron at 2016-03-02 10:50
アルビアンさん おはようろこぢはます〜(+∀+)!!!
トートツですが朝から天丼も焼肉もお寿司もお酒もいけちゃうもとろんどえす!
やっぱし、チューロのフィロパキは珍しいのですか...。
どーりでこれまで見かけなかったわけです。
ワタクシもフィロパキっこの形も縫合線の美しさも大好きです。
各時代のフィロパキを集めて比較してみたいと思いました。
今回、共産化石が出てきてくれて助かりましたが、
これ単体ですと「間違えて箱に入れちゃったかしらん...(+∀+;)」と不安になるところです
種と時代の関係はキッパリしている訳ではないでしょから、
全ての種が重なり合ってグラデーションを作っているのだと思うます。
たしかに生息地域の差は大きいのかもしれません。
いずれ、よくよく注意して採取しなければですね(+∀+;)。。。
Commented by ammonite0028 at 2016-03-02 19:30
こんばんは、もーりんです
クリーニングの技術、もはや一流のプロの域に
達しましたね。すばらしい!♪ (*^_^*)
チューロのフィロパキ、珍しいですよね。
わたしは穂別TKの沢で1つだけゲットしたことが
あります。それにしても息の長い種ですね。
北海道産のアンモナイトでは一番の長寿かも?
Commented by fossil1129 at 2016-03-02 22:48
いやぁ!
私、フィロパキはサントのものだとばっかり思い込んでいました。

知見が浅くて、恥ずかしいです。まだまだ勉強が足りませんね。

ありがとうございます。
Commented by motoronron at 2016-03-03 14:10
もーりんさん、どうもこもちはには〜(+∀+)!!
クリーニング褒めてくださりおありがとうございます...。
でも、割と雑に進めているので、とても途中経過はお見せできません。
チューロのフィロパキは珍しいのですね。
箱をあさっていて「あれれれれ(+∀+;)???」と思いました。
ネット検索をするともーりんさんのブログが出てきました。勉強になるました。
他の時代のフィロパキと比較してみたいと思います。
Commented by motoronron at 2016-03-03 14:15
fossil1129さん どえもごちいにもはち〜(+∀+)!!
fossil1129さんほどの超ベテラン様でもご存じなかった!!とですか!?
ワタクシが知らなくても当たり前田のクッキークランチ弁当ですね。
今年はミドメモお供できたらうれしーです。
Commented by ZX9-R at 2016-03-03 20:05 x
ネタが更新されていますが、素晴らしいのでコメントしました。フィロパキはカンパニアンでは沢山見ますが、サントニアンでは多くない印象で、コニアシアンからは滅多に出ませんね。そしてチューロニアンから出るなんて初めて知りました。ひょっとしてエゾエンシスとは違う種なんて可能性もあるのでは? もーりんさんも得ているんですね。さすがレア探しのプロです。
Commented by motoronron at 2016-03-04 13:41
ZX9-Rさん つづけまろしてコメントをおありがとぅございます〜(+∀+)!!
気になることや、ツッコミがありましたら、過去ネタにもどんどこコメントくださいませ〜。
特に、間違いの指摘は超絶おありがたいです(+∀+;)。。。
はれ〜???フィロパキ、サントニアンで少ない印象なのですか??
ワタクシ的にはサントニアンがピークかとおもぅとりました。
コニアシアンからは一度も見たことがないと思います。
違う種類...どーなのでしょぅか。ちょっち薄いこと以外、
あまり変化がないアンモでよくわかりませんです(汗)。