ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

砂川のツリテラ

新生代の化石採取でよく出てくるのがツリテラ。
古くからいるようなのですが白亜紀の産地では殆ど見かけません。
ワタクシたちが初めて採取したのは当別町青山地区の当別層から。
スッと長く美しいフォルムに魅了され、化石を始めたばかりだったので、
破片でもなんでも持ち帰りました。
それでも産地がダムの底となった今では貴重な化石です。

当別層の地層から直接採取する貝は概して風化し脆く
状態の良いものはあまり得られません。
Ryoさんも「ツリテラというのは溶けるものだと思っていた」と話しています。

今回紹介するツリテラは、以前ブログ記事にも書いた沢のものです。
vickyさんχくん親子、じゅりあさんとMacrowavecatさんとご一緒させて頂いたこともあります。
昨年はじゅりあさんの御案内でapogon2さんMacrowavecatさんも採取されました。

この沢もツリテラは地層から直接産出しますが、密集し、数も多く、殻の保存は大変良好です。
ワタクシはここで初めて、しっかりした殻の "長い"ツリテラを採取することが出来ました。
産地が消滅する前にもう一度訪れてみたいものです。

82mm
e0290546_01113662.jpg
e0290546_01113890.jpg











[PR]
by motoronron | 2016-03-02 23:59 | もろもろ産地 | Comments(14)
Commented by jurijuri555 at 2016-03-03 03:26
私も完品1本欲しい!!!!!!!!!!
どうも自力では掘れないです。(泣)
Commented by コニアシアン at 2016-03-03 07:04 x
おはようございます~
ここもどこも、ダムに沈んでしまうのですね(涙)
どうして化石産地に限って~
確かにいつもツリテラは殻が溶けているイメージです。
良い保存のものが採れる産地があったんだ…
ここも沈んでしまうのなら、どんどん確保なさってください!
これは約10段ですね。
目指すは15段!?(笑)
Commented by アルビアン at 2016-03-03 10:57 x
こんにちは~素晴らしい状態ですね、生の産出で
こうして残せるのは繊細なクリーニングの産物だと
化石に対する愛情も伝わります。
三紀の産地では比較的生で多く見られて、なかなか
しっかりした標本は難しいですよね、大きく割って
たまたま上手く残った程度と
稚内の三紀では硬い岩盤に密集していて、中身が結晶
てすので素晴らしい標本を確保できます。
四紀になりますと、何とか単品ですよね
滝川や深川でも出ましたが、持ち帰るとぼろぼろでした
大きさも良くてナイスですね
昨晩は大変ありがとうございました。
感謝しています。
Commented by motoronron at 2016-03-03 14:16
jurijuri555さん どうももこえす(+∀+)!!
あれれ。完品まだお餅ではなかったのですか??
おそらく、じゅりあさんは丁寧に採取しすぎるのだと思います。。。
がんーーーんっ!!!ずがーーん!!!ぽこっ!!!が一番美しく採取できます。マジンコです。
Commented by motoronron at 2016-03-03 14:18
コニアシアンさん おはちごちはもちしはに〜(+∀+)!!
こちら系はダム底にはならないのですが、密集そうの上に表土が覆いかぶさってきて
近々埋まってしまいそうなのです。一度落ちてしまって、川の水で流されれば
また復活するかもしれませんよ(さらに良い状態で!)もちろん、埋まって終わりパターンもありますが(笑)。
ぜひ、今年は採取してみてください。他にもいろいろ採れますよ〜(+∀+)!
Commented by motoronron at 2016-03-03 14:22
アルビアンさん どうもこぢはもちしは〜(+∀+)!!
昨晩は超おありがとうこざいました〜。勉強になるなるました。
イノセラに見えると言いながら、イノセラチェケラッチョを後回しにしたので、
あの資料にたどり着くのが遅くなってしまいましたたい(涙)。

ツリテラさん、ずっとモサモサ状態のばかり採取してきたので、
ここを見つけた時は本当に感動しました。
大型(保存が良いだけでしょうけれど)なのもウレシーでした。
アルビアンさんをご案内したいと思いながら、なかなか機会がありませんですね。
アルビアンさんでしたら良きものを採取できるでしょうし、
他の貝もたくさんゲッチョされると思うです。
稚内系第三紀の状態はスンバラシーのですね(+∀+)!!
いつか行ってみたいとおもいすまうす。
北海道に新生代はイッパイあるのでいつも楽しみです。
Commented by ZX9-R at 2016-03-03 20:00 x
いや~!! 素晴らしい標本ですよ、これは。しかも長!
生系での産出でこれだけ出せるのもさすがですね。エアチーの削り後からも母岩のモロさが伝わります。
ツリテラは白亜紀からも出るんですね? たぶんですが、まだ見た事が無いと思います。探す貝がまた増えました!
Commented by vicky at 2016-03-03 21:55 x
息子が見て「あ、ツリテラだ。ながっ!」と言ってました。
もとろんさんとご一緒した初の巡検でした。
思い出のツリテラです。
その節は大変お世話になりました。

しかし、同じとこで採ったはずなのに、なんでこんなにきれいなんだ~?そして母岩の残し方も美し。さすがです。
Commented by apogon2 at 2016-03-03 22:35 x
ツリテラ・・ですよね。素晴らしい保存にクリーニング、私はツリテラを含んだノジュールは水の中から取り出すと崩壊するものだとばかり思っていました(笑)。
前回は緊張感が足りなかったので取り出したもの全てバラバラにしてしまいましたが次回は必ず完品を持ち帰りたいと思いますです(*^^*)。
Commented by motoronron at 2016-03-04 13:38
ZX9-Rさん おこんぬつはん〜(+∀+)!!
8cmというのはワタクシ的にも大きいなーというイメージです。
これまで、あまりにボロボロのばかり集めておりましたので(涙)。
この母岩はもろい系タイプです。しかし、すぐそばの母岩はコンクリートの様だったりします。
やわやわなので、テキトーにエアチーでガーーーーーっ!!!!と掘りました。
イメージは「波」的なお水っぽいカンジです(笑)。
ワタクシ、皆様のご想像とは違い、ケッコー豪快なクリーニングです。
ZX9-Rさんの様なトゲダシトゲアリクリクリの様なことはムリムリどえす。
そのうち、白亜紀ツリテラをご紹介しますね〜!
Commented by motoronron at 2016-03-04 13:43
vickyさん どぅもこもちには〜(+∀+)!!
はいはい、χくんともご一緒した例の沢ですよ〜。
あの時はワッサーありましたよね〜。暑くてアイスもワタクシも溶けちゃいましたよ〜。
この標本がキレーなのはですね、母岩が柔らか系だからですよ。
硬いのは白亜紀ノジュール以上に硬いですのでとてもやる気がおきまてん。
Commented by motoronron at 2016-03-04 13:47
apogon2さん どぅゆこもちす〜ごぶつざたさまどえす〜(+∀+)!!
ツリテラ....ですよね(+∀+;)??ワタクシに疑問系で問いかけるとフリーズしますよ〜。
そーなのです。これまで、ツリテラというのは粉になるタイプの貝のイメージでしたが、
こちら系のは丈夫なのです。大切なことなのでもう一度書くます。
「コチラ系のは丈夫なのです(+∀+)」他産地のは、もっともっともろいのです。
もちろん、保存良好のがわっさー捨てるほど出るとこもあるだと思います。
が、ワタクシはその様な夢の産地を未だに知りまてん(涙)。
ココは、丁寧に掘らないで、ツルハンでゴバーーーッ!!!と採取が正解です。
地層ごと採る方が、化石に負担をかけず、保持する上でもベストだと思うです。
Commented by Macrowavecat at 2016-03-05 00:19 x
ここのツリテラは本当に保存が良いですね。産地をスキャンするように細かく探索するもとろんさんでないと見つからない場所だと思います。白亜紀のツリテラも見てみたいですね。
Commented by motoronron at 2016-03-05 00:43
Macrowavecatさん こせちんばはちはは〜(+∀+)!!
いぇいぇ...地質図があるますから、どなたでも見つけることのできる産地だと思うます。
あとは...あの様な化石が欲しい方がどれ程いらはるかどうか?というとこでしょか(+∀+;)。

保存の状態、という点で言えば、これはスレてしまっていたり、あまり良くありません。
過去記事にUPしたことがあるかもですが...第四紀かのように色と模様がしっかり残った標本もあるです。
そのうち白亜紀ツリテラをUPしますね。アルビアンさん御一行についていった時に
採らせいただいたものです。小型ですが結構密集系で、テンションあがるまるっ !!