ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

築別層のイガイの一種

小平・北のダイスキノ川では、白亜紀サントニアン〜カンパニアン、
そして新第三紀・築別層の化石が採取できます。
白亜紀の化石産地として大変有名な沢ですが
ほとんどの方は第三紀の化石に触れないので
ワタクシにとっては大変都合が良いのです。

写真はイガイの一種と思われます。
築別層の説明において、Mytilus sp.と紹介されているのがこの種なのかは不明です。
イガイの仲間としては放射肋が特長的だと感じています。ヒバリガイの一種でしょうか。

52mm
e0290546_00533554.jpg
e0290546_00533802.jpg







[PR]
by motoronron | 2016-03-05 23:59 | 小平 | Comments(6)
Commented by じゅりあ at 2016-03-06 07:14 x
現世と変わっていないなら、見た目
貝頂が丸みをおびている事
張り出す蝶番が殻の真ん中辺りにある事
をみると
ムラサキインコかエゾヒバリガイ・・・
でしょうか???????
Commented by コニアシアン at 2016-03-06 08:46 x
おはようございます~
ヒバリガイですか~聞いたことがないです(^_^;)
ちょっと調べて見ましたら、そっくりですね。
あっていると思いますよ。
第三紀はもとろんさんが好きなものが、勢ぞろいしていて、
ダイスキノさんは白亜紀も採れるなんて贅沢ですわー。
皆さんが目を付けていないから、結構ザクザク採れちゃうのでは?
Commented by motoronron at 2016-03-06 10:58
> じゅりあさん どうもばこもちはに〜(+∀+)!!
情報おありがとぅこざいました〜!!
意外には思われないでしょうが、ワタクシはイガイのことはまったくわかりまてん。
化石は遺骸なだけにより難しいどえす。もっとも...イガイ以外も難しいですが〜。
ムラサキインコはちょっち小ぶりなイガイで、分布がやや暖かい海よりだそーです。
エゾヒバリガイには明確な放射肋がみられまてん(涙)。
築別層は北方・寒流系ですが、羽幌系の第三紀の中では暖かい系の部分もあるらしいので
すこし検索範囲を広げてみたりするといいのかもとか思ったりしてます。
おありがとぅございました〜!!
Commented by motoronron at 2016-03-06 11:04
コニアシアンさん ず゛もももももははははもももも〜(+∀+)!!
ヒバリガイとかイガイとか...お料理にもよく使うムール貝の仲間です。
濃厚な旨味がありありで、美味しい系のが多いですよ。
今回の貝、ワタクシのもっている図鑑の写真と比較する限りでは、
「これだっ(+∀+)!!まちがいない!!」というのはありまてんでした(涙)。
また調べものの旅に出なければ...(+∀+;)。。。。
白亜紀に負けず劣らず、新生代の化石も面白いものです。
もちろん現生種に近いものが多くなりますし、第四紀に至っては...
「貝殻」と言われても仕方がないものがあるます...。
でも、化石は化石、絶滅種も混ざりますから侮れません。
たしかに白亜紀産地の新生代はどなたも叩かないので
ぜ〜んんぅぶ!! ワタクシ用(笑)。あとは保存ですね。ここの築別層はちょっち保存が悪いのです。
比べてマボロ系は保存良好です。
Commented by fossil1129 at 2016-03-06 20:02
続いて、КOЙВДЙЩДです。

築別~初山別は、くまたんが多いと聞いたことがあるのですが、
フィールドサインとかは
どうだったですか?
採集者が少ないこととも関係ありそうですね。
Commented by motoronron at 2016-03-07 14:17
fossil1129さん ちづづけましてはぢどうもこです〜(+∀+)!!
くまたんですか〜。。。ワタクシ的には「ドコにでもクマたんはいる」という意識です。
実際、かなりどこでも見ます。意外なところに足跡やどーーーんっとウンチ様があります。
以前も書クマしたように、拙宅から5分圏内でクマたんの痕跡を見つける事ができます。
クマたんの頭数と遭遇率は比例しますが、クマたんと出くわしてしまった時のキケン度は一緒なので
絶えず用心しています。
採取者が少ないのは....たぶん、新生代多めのとこには興味がないからだと思うです(+∀+;)