ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

またまたアサヒガニ

小平・北のダイスキノ川では白亜紀のアサヒガニが沢山採取できます。
また、ワタクシたちが知っている他のカニ産地よりも、やや大型が得られるようです。

今回の特に大きい訳ではありませんが、殻が残っているのが珍しいと思い掲載します。
ワタクシが知っているアサヒガニの化石は白っぽいイメージです。
そして、小型のものは突起が短く、鈍角であると思っていました。
e0290546_00424372.jpg
甲の大部分を占める白い部分がワタクシのよく知るアサヒガニの状態、
そして、下の方に、わずかに残った、こげ茶色の部分が殻です。
カニらしいツブツブもハッキリと確認できます
e0290546_00424523.jpg
これまでワタクシが採取してきたアサヒガニの多くは殻が残っておらず、
殻の裏側の形状ばかりを見ていたのです。だから突起は鈍角に見え、
本来の殻の特徴も確認出来なかったのでした。

残念ながら、クリーニング終盤で突起の先を飛ばしてしまいました。
粉になって吹き飛び、修復は不可能でした。実際はもう少し長いものです。

28mm
e0290546_00424785.jpg











[PR]
by motoronron | 2016-03-09 23:59 | 小平 | Comments(8)
Commented by コニアシアン at 2016-03-10 07:06 x
おはようございます~
またまたまた…アサヒガニですか‼
今回のは状態がいいですね。
なんか他よりもゴツゴツ…って感じでしょうか。
沢山というのが贅沢で裏山C~
どうしてカニさんが、多産するのでしょうかね?
多分もとろんさんのコンテナには、まだ沢山のカニさんが眠っていることでしょう…
素晴らしい標本の数々に仕上げて下さい!
Commented by motoronron at 2016-03-10 11:18
コニアシアンさん どうももこもちば〜(+∀+)!!
なんだか、しょっちゅうアサヒガニでしーません。
年末〜年始にかけて、過去のノジュールをポンポコ割っていたので、
ケッコー、カニさんが出てきましたよ。
それでなくとも、昨年は沢山採取した印象です。
パッと思いだせるだけでも10個は採っているはずです。
チューロのカニさん2個入りというのもあるですが、半分になって面倒なので放置です。
Commented by canis-majoris at 2016-03-10 19:02
 古潭浜でアサヒガニの化石が見つかる可能性はありますか???
 ・・・というのも、本日古潭浜を歩いていて、波打ち際の岩盤にコレに似たシルエットの何かが埋まっているのを見たのです。。。
 デカいウニかな?と思いましたが、殻はないし、形も円形ではなかったので、ノジュールか何かかと思って写真も撮りませんでしたが、この記事を見てアサヒガニに似てたかも・・・?と思いました。
Commented by motoronron at 2016-03-10 22:06
canis-majorisさん こばちは(+∀+)!!
ワタクシの言うことは大体いーカンジにテキトーなので
あんまし信用しないでくださいね(笑)。

アサヒガニは南国の暖かい海系のカニさんです。
モーライやコターンは当時、寒流系かつ深めの海だったと思うます。
ですので、アサヒガニの可能性は低いと思います。
しか〜し、ご存知の様に他のカニっこは産出しているので、それ系かもしれません。

くだんのカニと思しき化石ですが「シルエット」とはどんな感じで埋まっているのでしょか?
デカイウニっこと思われるほどというのは、かなり大きいですよね?
yukiさんは、いつも「化石採取がメインの目的ではない」と仰っていますが、
あの海岸においては、相当数の化石をご覧になっていると思います。
そのyukiさんがなんだか分からない化石となると...もんげー気になります。
実はワタクシ、昨年、大きめカニさんの爪を採取しています。
もし、次回ビーチコされた時にまだ謎化石がありましたら、
ぜひお写真を撮って見せてくださいませませ〜(+∀+;)!!
Commented by ZX9-R at 2016-03-10 22:11 x
カニの殻って意識した事がありませんでしたが、確かにこの標本にはバッチリ残っていますね。殻が残っていると妙に生々しい感じがして迫力が違います。
もう少し彫ったら手足が出てくるなんて事は無いでしょうか?
先日のプリオノ系も素晴らしい標本です。うらやまし~!!
Commented by fossil1129 at 2016-03-10 22:17
アサヒガニ、10個ですか?
信じられないです!

どんどん石を見る目が進化している証ですね。

甲殻類、殻を飛ばしてしまうと大変ですよね。
Commented by motoronron at 2016-03-10 22:54
ZX9-Rさん どうもこちもはろちばんちは〜(+∀+)!!
実は...私めも白亜紀のカニというのはこーゆーものだ、と思うておりました。
新生代系では殻がパッチシ残っているというのに...(汗)。
観察眼ナシナシ以前に叩き割りすぎ。。。なのですした。
おっしゃる通り、殻を顕微鏡で見ると、超ツブツブ感がしっかり残っていて、
生々しい感じでした。脚付きと思しき標本もあるにはあるのですが、
「これ、ホントにカニの脚ですか(+∀+;)???なんだかカメムシみたい。。。」
というのなのです。。。

あ....あの...。プリオノ様のお名前は...(+∀+;)。。。。
Commented by motoronron at 2016-03-10 22:59
fossil1129さん どうもこつづけましてろ〜(+∀+)!!
マジンコどえす。バラバラにしてポイしてしまったのも入れるともっとです。
ご一緒した例の沢、カニっこがイッパイ生息してまるす。
甲殻類...殻を飛ばしてしまぅと...大変なのでしょうね〜(+∀+)♫
ワタクシ、そーゆーのあんまし気にしない様にしている系なのです〜。