ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

カテゴリ:その他( 42 )

雪囲いの合間、ミニ標本箱作りをしています。

タテスジホウズキガイの箱は現在塗装中。明日には出来てると思うです。
e0290546_21151724.jpg

こちらは、名古屋モグリさん→アルビアンさん→ワタクシとやってきた
カワユイ×2、干し腕足類さんです。ちゃんとシッポ(肉茎)もついていますよ〜。
e0290546_21152159.jpg

さて、このコのお名前を忘れてしまったワタクシ…(+∀+;)。
ラベルを標本箱に入れられません。
アルビアンさんの腕足記事に腕足小僧さんのコメントがあったはず…と
ずいぶん探したのですが見つけられません。

結局...再度、アルビアンさんに教えて頂きました〜(お忙しいところ激申し訳ございまてん(涙)。

「ブランホウルドチョウチンガイ Laqueus blanfordi (DUNKER)」だそーです〜。
昔のイギリスの地質学者W.T.ブランフォードさんの名前がついた系でしょうか?
ちっこくてカワユイのにエラソーな感じです。
[PR]
by motoronron | 2013-11-02 21:18 | その他 | Comments(25)
昨日、製作した、黒松内・添別川の化石のミニ標本箱の塗装が完了しました(+∀+)。

サイズ 13.5cm X 10cm
e0290546_2381146.jpg
e0290546_2345935.jpg

枠の木材は100均の工作用木材。 ニスはマホガニー色を使ってみました。
こうして並べてみると、微小化石もそれなりに良く見えるものです。

木が余ったので、今度は望来の浜で採取した腕足類の標本箱を作っています。
e0290546_235540.jpg
e0290546_235893.jpg

[PR]
by motoronron | 2013-10-31 23:09 | その他 | Comments(26)
puma 靴 abcトマートプープー(+∀+)。。。

かつての祖父の部屋とリビングの間に引き戸があります。
壁から一段下がっているので、化石棚を作ってみました(+∀+)。

本当は、ちゃんとした木材を使いたいのですが、大変高価になってしまいます。
比較的安価な松材を使っても立派な棚が買えてしまうほどです。
不本意ですが最も安い2X4材を使う事にしました。これで価格は1/10になります。
しかし、2X4材は基本的に建材であり、木材としての質はかなり悪いです。
出来るだけ反りの少ないもの、割れ、節の抜け、ヤニ溜まりの無いもの…。
一枚ずつチェックしました。木材のトータルは2,400円ほどでした。
棚を支える金属ダボは意外に高く8個128円でした。
100均でも探しましたが、残念ながら取り扱いはありませんでした。
e0290546_1584080.jpg
1.5cmきざみで棚を可変出来る様にしましたが…大変苦痛な作業でした。
棚を使わなくなった時、簡単に分解し、元通りに出来る様な作りにしました。

とりあえずテキトーに化石を並べてみます...。
e0290546_1584641.jpg
いろいろと反省点が多いです。次回はもう少し上手に作ってみたいものです。
しかし、並べてみると、ビミョ〜な化石ばかりで愕然(+∀+;)!!!
目を引く化石は全て頂き物ばかり(+∀+;)!!!!

100均で工作用の木材が売られていたので、ミニ標本箱を作っています。
毎度ながら、裏板は分解したタンスのベニヤ、ガラスは食器棚のものを使っています。
e0290546_1585260.jpg

黒松内で採取した、小さな化石を一種類ずつ並べてみました。
これで全ての種類ではないので、いつか第2弾を作ってみたいと思います。
e0290546_1585865.jpg
あ...この机も今回作成した化石用机です。
これで、Ryoさんと二人でクリーニング出来るようになりました(+∀+)。
[PR]
by motoronron | 2013-10-30 15:14 | その他 | Comments(22)
岩見沢にある空知森林管理署に魔法の鍵を返却しました。
対応して下さったのは、いつものおねいさんではなく、
めっさ親切で優しいおじさまでした〜(+∀+)。鍵の再貸与をお願いしたところ
「10月から入林可能箇所は全てダイヤル錠に変更しました」とのこと。
「番号が知れ渡る」より「鍵やゲートを壊される」方がリスク大と考えたのでしょうか。
しかし、あのダイヤル錠は後から番号の変更が出来るタイプではないかと…。
もし、入林中に誰かがイタズラされたら…と思うとカナテコ恐怖(+∀+;)。。。

この鍵が...
e0290546_21184335.jpg
こんなのに変わります
e0290546_21184749.jpg

怪しげな風体にも関わらず、無事、審査も通り、狩猟シーズン故、一通りの説明を受けました。
「ところで…小さな沢の名前を知りたいのです(+∀+)北海道森林管理局にメールしたら"施業実施計画図"というのを見せて貰って。と言われました」
「あ〜、ハイハイ。機密情報ではないのでイイですよ。どこら辺を見たいですか?」
「全部です(+∀+)」
「え…。全部となると沢山あるので…ちょっと(^ ^;)」
「…ス、スミマテン…(+∀+;)じゃ、とりあえず○○あたりで…」

見せて頂いた地図は極細の線でチマチマと区切られ、一見、普通の地形図より詳細に見えましたが、
沢の名前は殆ど記載されていませんでした。
「お仕事に携わる方は、名無しの沢をどう呼んでいるのですか?」
「我々は場所を林班番号で呼びます。沢があったら、そこの名前をつけるし、複数ある場合は連番を振ったりもします。昔なら先輩の名前をつけたり…まぁ、そんな感じで適当につけてました。もちろん一般には全く通用しませんが(笑)」
「…そ、そういうものだったのですね(+∀+;)!!!」
「そういうものなのです(^ ^)」

今でこそ、ワタクシは地形図をじっくり見て、未記載の沢を予想してから出発しますが、
最初の頃は簡単なgoogleマップを見て行っていました。
すると…現地では予想外の沢が、どんどん出てくるのです。
なんとなく「■△一の沢」や「○○三の沢」と名をつけました。
後日、未踏地域を歩くと、まだまだ小沢がありました…(+∀+;)。
「○○四の沢改め○○六の沢」と、改訂します。
しかし、大雨の後に行くと、見知らぬ沢が出現…(+∀+;:)キャー!!!!!
すぐに消滅するならまだしも、数ヶ月は流れていたりするので無視するわけにもいかず、
「■△ニの沢改め三の沢改め四の沢」いや…臨時だから「■△一の沢改め三・五の沢にしようか?」
と、なんだか、とてもメンドーな事になってきました。

「あれ〜??Ryoさん、あそこの崩落した橋を過ぎて左にある沢は、何番の沢でしたっけ(+∀+;)?なんだか数が合わない気がするのです」
「ん? 知らないよ〜。だってアタシ、気にした事ないもん」
「…(+∀+;)。。。」

今は、帰宅後、地形図に小沢の流れを書き込み、オリジナル・マップを作っています。
沢に番号をつけることもやめ、適当な名前で覚えています。
「奇麗なプゾシアを必ず粉々にする沢」
「割れたデカパキしか落ちていない沢」
「インターの抜け殻しかない沢」
「いつも誰かに先を越されている沢」
「何か出そうで何も出た事の無い沢」 等々…

今回、さらにお願いしたい事があり、カメラ持参で乗り込んでいたのです。
書類を書くテーブルの左手には署長室があり、いつもドアが開け放たれているのです。
その奥に木彫りのアンモナイトがチラっと見えていて、行く度に気になっていました。

「あの〜…署長さんのお部屋に飾ってある、木彫りのアンモを見せて頂けませんでしょか(+∀+)?出来れば写真も...」
「え(^ ^)?アンモナイト?ドコ?」
「あそこに見えているのです…」ワタクシはビシッ!!と指差しましたが、
署員さんは、記憶に無いらしく、部屋に入ってからも、しばらくキョロキョロしていました。
やがて、大きな木彫りのアンモナイトを重そうに抱えて出てきて、
玄関の木工製品が飾られたガラスケースの上にドカンと乗せて下さいました。
木彫アンモを間近に見て驚きました、台座の両端には樹皮が残され、
二体のアンモと一体化していたのです。これらは、一本の木から削り出されたものでした。
e0290546_21185544.jpg
「素晴らしい技術ですね。何方が作られたのですか?」
「ん〜。正確な事は分かりませんが、営林署時代、冬に仕事が少なくなると、木工をして販売したのです。 その頃、先輩の中にアンモナイトの木彫りが、とても上手な方がいたのを覚えています。たぶん、その方かな〜…と」
「職人技ですね〜。 アンモナイトをよく知っている方ならではの作です。さすが空知の森林管理署ですね(+∀+)」
e0290546_21185275.jpg

帰宅後、ネットでチェケラッチョしたところ、三笠モダンアートミュージアム(旧・幌内中学校)に
柴田肇さんという方がホリラッチョされた木彫アンモ作品が展示されているのがわかりました。
作風がよく似ているので、おそらく、この方が製作されたのだと思います。

署長室に飾ってあるのも風格があってステキですが、玄関のショーケースにあると、
化石の本場の森林管理署といった感じで、親しみがあってイイかも、と思いました〜(+∀+)。
[PR]
by motoronron | 2013-10-14 21:37 | その他 | Comments(22)
チンチロリ〜ン!!  当ブログは、本日、開設一周年を迎えました〜(+∀+)!!

飽きっぽく、何事も継続出来ない事だけが自慢のワタクシが、
長い休みを挟みながらとは言え、1年も書き続けられたのは、
ひとえに皆様が心を込めて書いて下さる、あたたかいコメントのおかげです。

端から見ると、いつまでも同じ場所で足踏みを続けている、代わり映えのしないワタクシですが、
自身の中では僅かばかりの変化を感じております。
これも、皆様の刺激的なブログと幾多の御教示があったればこそ…と深く感謝しております。

車の免許を取得し、化石採取を始めたのが2008年。今年で5年目となりました。
初めて望来の崖下を歩いたのが、初めて当別川の流れに足を入れたのが、
勇気を出して少し遠くまで…とドキドキしながら三笠を訪れたのが…ついこの間の事に思えます。

1年前、化石に興味を持ったばかりの方が、ドシロートのワタクシたちのドタバタ採取話しを読み
気軽にこの素晴らしい世界に入って来てくれたら嬉しいな…と思いブログを始めました。
また、ワタクシの様に中途半端な存在だからこそ、ベテラン様と超初心者の方の間を
つなぐことができるかもしれない…。
化石や化石採取をもっと多面的に楽しむ事は出来ないかしらん…。
そんな、いま思うと恥ずかしくなる様な不遜な考えも、ちょっぴりありました。

この春には、皆様の巡検にお供させて頂きました。
皆様が実際に採取される姿を拝見し、ベテランの眼力と技におののき、
ワタクシにはチンプンカンプンな学名がぴゅんぴゅん飛び交うのを目の当たりにして、
その造詣の深さに心底驚き、そして何より、皆様の化石愛を感じました。
皆様への尊敬の念がより一層強くなった体験です。

今後も、どこまでもニッチで軽薄なブログでタリラリラ〜ンですが、
何卒よろしくお願い申し上げます〜(+∀+)。


最後に….。
どんな時でも、どんな場所でも、一緒に歩いてくれるRyoさん。心から感謝しています。

e0290546_2358781.jpg

e0290546_2358951.jpg

e0290546_23581126.jpg

[PR]
by motoronron | 2013-08-08 23:00 | その他 | Comments(26)
Ryoさんのお休みも終わり、本日、兵庫へと旅立ってゆきました〜(+∀+)ガンバッテー。

お休みの間に出来る事を全部ギュ〜詰め。。。
故に化石採取は、いつもより軽めで時間も短めでした。

・アッシーベッシー
ホロッコーに行くも...入口で「トンネル工事してるので入れまてーん!!」と門前払い系(涙)。
泣く泣く、ソーカオマッピーからアッシー本流あたりをウロウロ。雨がチラホラ。
e0290546_15421769.jpg

ゴードーの焼酎瓶をゲッチョ。あんまし古くはないけどレトロ感はイイ感じ。
近くには古いお茶碗の破片も。
e0290546_15424188.jpg

うげろん...(+∀+;)折角のアナゴー様...外巻メチャクチャ〜(涙)。
e0290546_15425751.jpg

河原の石は全てホワイトニングされて、全部同じ色になってま〜。探し難いコトこの上無し。
e0290546_1543426.jpg

ハンマー破損...(涙)! 先っちょが飛んでいってしまいました。
まさか、ココが取れるとは。。。酷使しすぎました〜。
e0290546_15431870.jpg

・ダイスキノ川
前回ナイナイだったので期待はしていませんでしたが〜、
やっぱし、今年のダイスキノ川は「ナイナイ警報発令中」の様です(涙)。
川霧もわもわ、雨に濡れてグチョチョ〜ン
e0290546_15433436.jpg

クリーム・ゴードリさん。
e0290546_15434257.jpg

赤銅色でキレ〜なゴードリさん。
e0290546_1635964.jpg


・ふくどぅ〜上
夕方くらいにちょっこし採取。めっさ暑かったです〜。
e0290546_15435447.jpg

Ryoさんが、大きめで形の良いウニとオウムガイをゲッチョ。
e0290546_1632745.jpg


・おしら〜理科リベンジ!!
3年前の夏に来て敗退以来おひさしびり〜。相変わらず流れは力強く渡るのはちと大変。
e0290546_15441223.jpg

現地到着と同時に雨〜。ひ〜!!
e0290546_15442719.jpg

大好きな大露頭と川の中から色々化石をゲッチョ(+∀+;)!!!マルマルウニウニ。
e0290546_15443648.jpg

オウナガイ、ルシノマ、ソデガイ、ウニ、ボラ系...
e0290546_15444247.jpg
帰りしな、ホロッとおしら〜里香に寄るも
「今から橋作るし、"じょっぴん"かるから、デ・テ・ケ!!」と追い返されました〜(涙)。
[PR]
by motoronron | 2013-07-09 16:05 | その他 | Comments(26)
どもようございます(+∀+)。

平素はひとかたならぬ御厚情にあずかりまくりめっさブ厚く御礼申し上げますです。

ワタクシめ、ここのところ、めっさお忙氏です。
(それでも採取には行ってきましたよ〜)
そゆワケで、モトロンピューターのCPU処理能力をズガンとマルッと越えてしまいました。
皆様のブログ様にもいけたりいけなかったり〜(涙)。
しっかりとイイ加減なコメントを書く為にも、
ちょっこしお休みさせて下さいませ〜。

迅速にしてビュンビュンな復旧を目指します〜(+∀+;)!!!!

株式系有限会社 もとろん工業水産研究証券青果店
[PR]
by motoronron | 2013-07-06 11:01 | その他 | Comments(18)
トートツに暑い日々がやってきましたね〜(+∀+;)。ひーはー。

29日夜、Ryoが姫路より帰宅。

以下、お休みに行ってきたとこ〜。

・ひさしびり〜のキツネに油揚げの沢(今回は魔法の鍵をゲッチョしたので車で入るも林道崩落)
・またひだりまたまたの沢(雑炊-林道にはいるも崩落していて即終了)
・おーばーざゆーばりのちび沢
・ダイスキノ川、珍しくナイナイの沢化
・ダイスキノ川支流・またしてもナイナイの沢化(涙)。
・芦別アルビアンさんに教えて頂いた系の沢
・芦別ほんりゅー、大雑炊炊き出し中。
・FookDo!上、ヒグマに初遭遇!!!(なんちて...人間様のヒグマ様でした〜ガイドのお仕事中とのこと)
・アルビアンさんに教えて頂いた、やよいポロ内そー。超草ぼーぼーのぼー。
・アストリアスさんに教えて頂いた、やそすけ。めっさ草ぼーぽーのぼーぼー。

と、こんなカンジでした〜(+∀+)。。。
疲労困憊なのに〜相変わらずビミョーな成果です〜。

露頭に登ってRyoさんガンバル。ノジュールからキレイなカニ爪採るよ!!
e0290546_1622032.jpg

[PR]
by motoronron | 2013-06-02 16:24 | その他 | Comments(22)
さくねん末。Ryoにえぁちぜるをプレゼントしてもらつた。
いろいろあって、このブログでめたくそ書いた(+∀+)。
でも、まちがったこともうそんこも書いてないあるよ。
商品はとてもすばらしーおもた。
だから、ゆーつべにぜっさんの動画投稿のこころ。

一週間前、でらでらはうすの知り合い様からコメントきた。
でらでらはうすのしゃちょさんが連絡ほしーとのこと...(+∀+;)。
...なんか、ワタクシ、怒られるカンジ...(汗)??
怯えてガクブルしながら、すぐメール書いた。一週間たった。返事来た。
あのどーが観てえぁちぜる買ったヒトとかいるとのこと。
なわけで、HPにリンク貼ってCMに使いたいとのこと。
でもオマイの使い方はマチがってっからなおしたまえとのこと。

こんなことなら、ちゃんとしたどーがを作ればよかた...(涙)。
9月、ホッカイロ〜行くから、あいたいとのこと...。

とのこと...(+∀+;)。

ん〜、みなさん...。とりあえず、ぇあちぜる、買って下さい。
たぶん、しゃちょさん、めっさたぶんイーヒトでーす。
とにかく....安い!安い!!!安いっ!!!!!
今月、ビッグマック(@320円)88回ガマンするだけです〜。
エアビッグマックを88回食べるだけで、エァチゼルが買えるチャンスです〜。
ダイエットしながらエァァチゼルをゲッチョ出来るなんて...オ・ト・ク(+∀+)。

特に化石とかキョーミなくてもイ〜ンデス!!!
部屋のすみっこのよごれとか、ガンコな歯石とかゴイスとれることもできるです。
なんと言っても超硬針採用ですから、虫歯を粉砕するのも簡単です(ほら、医療費も浮いた!!)
ん〜、あとは、リングのコーナーに追いつめられた時とか凶器としてもつかえるです。
静音設計だからレフェリーにもバレない系です。

オスメスです(+∀+)!!!安い!安い!!!安いっ!!!!! 今宵、アナタもえぁちぜるデビュ〜!!!
[PR]
by motoronron | 2013-05-27 20:12 | その他 | Comments(20)
ワタクシめも参加させて頂いた、5月3日の採取会。
実はアルビアンさんからプレゼントを頂戴してしまったのです〜(+∀+)!!

アルビアンさんが、ワタクシの好みを考え、セレクトして下さった化石達。
ワタクシがホシーホシーホシーホシー言っていた化石、
ワタクシがなかなか行けなそうな産地の化石、
ワタクシなら絶対に喜ぶ化石….。
ひとつひとつに、アルビアンさんのお心遣いが感じられ、
超カンド〜なのです〜(+∀+;)!!!

入手困難の名古屋のオサガニ。色も殻の表面も美しく、脚もちゃんと保存されてます。
e0290546_19113193.jpg
e0290546_19113682.jpg

憧れアンモのひとつである、メタプラセンチセラス。
縫合線も美しく、裏側にはさりげなく遊色が輝きます。
e0290546_19114142.jpg
e0290546_19152912.jpg

このグルグル…いつか自分で採取してみたいポンポコポンのハマナケンゼ。
e0290546_19115258.jpg

そして、超絶ウレシ〜、ポンポコポンの腕足類。
e0290546_19115772.jpg

どの化石も、ワタクシの大切な宝物となりました。そして...今後の目標とも言えるです!!

アルビアンさん、ホントに×2、貴重な化石を下さいまして、おありがとうございました〜(+∀+)!!
[PR]
by motoronron | 2013-05-10 19:16 | その他 | Comments(18)