ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

カテゴリ:三笠( 34 )

Ryoさん、お休み3日目

「さて…今日はいかがいたしますか(+∀+)?」
「今日も雨か~。折角の休みなのに毎日天気悪いな~…」
「じゃ…お家にいますか。出張から帰って来て1日もちゃんと休んでないでしょう?」
「え?もちろん行くでしょう。さ、ドコ行く?」
「今時期は見通しが良いので、普段入りにくい細い横沢をチェックしたいのです」
「たとえば?」
「上1之沢の支流とか」
「紙壱ノ沢!? 硬くて火花出るトコじゃん!? あんまり気が進まないな~」
「横沢は少し時代が違うのです。だからと言って柔らかくなるワケではないのですが…。下見ということで、どうでしょう。…こんな時でないと絶対に行かないですよ(+∀+;)!?」
「う~ん、じゃ…ま、行きますか」

しっかりとお弁当を作って、ダラダラと遅い出発。昼過ぎに現地着。
出がけに地図でチェックした谷を探します。
「ん~、たぶん、これは目標の沢ではないですね。流れの方向が違います。ま、順に見て行きますか」
e0290546_14193978.jpg
「う〜っ! 最初から急だな~」
二人とも少し登っただけで息が上がってしまいました。
しばらく行くも化石は見当たりません。やっと見つけた化石はアナゴーの抜け殻でした。
e0290546_14195997.jpg

その後、さらに急になる沢を倒木をくぐりながら登って行きます。
「あ…(+∀+;)」
「なになに!? 何かイイのあった?あ…。熊フンじゃん」
沢の流れの真中。折り重なった枝の上に木の実が多く含まれた糞がありました。
「ごく最近のものですが、昨日今日のではないですね」
「まだウロウロしてるんだね~」
「三笠はまだ雪が少ないので落ちている実なんかも見えるんでしょうね」

流れはさらに急になり行く手に大量の倒木。これ以上は進めません。
「ねぇ…。何にもないんだけども?」
「いや…下にアナゴーの抜け殻はあったじゃないですか(+∀+;)!! きっと、ある時はある所なんですよ。今日は下見なのです。こうして細かく見て歩くことも大切なのです」

一度車に戻り、お弁当を食べてから移動し、今度はやや太めの支流に降ります。
ここは、数十メートルほど下に流れがあります。
e0290546_14213771.jpg
「…ココから降りるのは(+∀+;)すごく疲れそうですね…」
「あそこの砂防も高いな~。どうする?」
「まず、砂防の上に出ましょう。その後、可能であれば下におりましょう」
かなりの急斜面、スパイク無しのワタクシの長靴は滑ります。木に掴まりながら慎重に下ります。

異様な形に変形した巨木に大きな"うろ"がぽっかりと開いていました。
「こんなところで動物は冬眠するのかな?」
「(笑)かもしれませんね。熊が入るには小さいですが、他の動物なら十分な大きさですね。巣穴にも使っていそうな感じです」

ワタクシは子供の頃、こんな"うろ"のあるお気に入り木があったのを思い出していました。
誰も来ない雪深い森の中、お菓子やミカンを持って"うろ"の中に入って、丸くなるのです。
外界の音は更に遠のき、丸く縁取られた影絵の様な森の景色に大粒の雪が深々と降るのを
惚けて見ている自分は、冬眠の途中で目覚めてしまった動物でした。
冷たくなったチョコはツルツルとしたまま、なかなか口の中で溶けてはくれませんでした。

「どうにか降りられましたが、これをまた登るのかと思うとウンザリですね~(+∀+;)」
化石は大型アンモナイトの破片と無数のイノセラムスの破片が入ったノジュールがあるばかりです。
e0290546_14215833.jpg
「ありそうな感じなんですけどね...」
上流へ向かってすぐに滝が見えました。
「あらら、ここは思ったよりも沢が短い様です。もっと上流に降りれば良かったですかね(+∀+;)」
Ryoは一生懸命枯葉をはぐったり、川底から石をほじくり出したりしています。
「ワタクシ、ちょっと滝を見て来ますね」
e0290546_14221826.jpg
この時季は特に川藻がヌルヌルと滑ります。注意して登ってはいたのですが、
一度滑ると止まらず、滝の中程から滝壺にドブンと落ちて膝まで浸かってしまいました。
漫画よろしく跳ね出られたら良いのですが、水の入った長靴は重く、
深みから上がる事が出来ず、しばし"滝行"気分を味わいました。
登って来たのとは反対側の泥岩層にツルハシを刺し、どうにか這い上がる事が出来ました。
一見、化石の無さそうなこの暗灰色の柔らかい泥岩を掘ってみると
風化した貝化石の小さな破片が出て来ました。「ありますね~(+∀+)」
さらに掘ると、潰れて変形したイノセラムスとダメシテスが出て来ました。
e0290546_14223830.jpg
何か面白いモノは…と探しましたが、やはりモロモロの破片ばかりで良い成果はありませんでした。
遠くに、Ryoの黄色いフードがチラチラ見えます。
雪や落葉の下を見ながらゆっくりと戻ります。さすがに濡れた足は冷たいですが、
空気は清涼、ずっとここにいたくなるくらい気持ちの良い時季です。
e0290546_1423927.jpg

「何かありましたか?」
「ん〜、ダメだね」
「一応、砂防の下にも降りますか」
砂防はかなりの高さがありますが、見下ろした時ほどではなく、案外楽に降りられそうです。
「ますます暗いね…」
「この後、他の沢に移動は大変なので、ここで最後にしましょう」
降りてすぐにコザコザノジュールを見つけました。どうも、こちらの方がノジュールが多い様です。川岸には大きめサイズも埋まっていました。
硬いノジュールが苦手なRyoは、拾って来てはワタクシの横に積みます。
本当に硬いノジュールで、ひとつ割るのに汗だくになってしまいます。
e0290546_14232831.jpg
e0290546_14235032.jpg
「ふぅ…やっと割れましたけど、異常巻きも割ってしまったようです(+∀+;)」
「すぐ壊すんだから〜!!」
「だけど、こんな大きなノジュール背負ってあの斜面登りたくないですよ。ましてや、往復なんて絶対にイヤですよ〜」
さらに小割りにすると二枚貝が沢山出て来ました。
状態は悪くない様ですが、反対側に殻が持って行かれます。
e0290546_14244226.jpg

柔らかめの泥岩からは立派なサンドパイプも多く出ました。
e0290546_1424928.jpg

3時半を過ぎると暗くなり、視界が悪く石に顔を近づけないと、何が入っているのかよく見えません。
「Ryoさん、上がりますか?」
「そうだね、もう何にも見えないや...」
e0290546_14242682.jpg
また、ふたりは息を切らして急斜面を登ったのでした。
「はぁはぁ…次回は残りの小沢ですよ(+∀+;)ハァハァ…」
「はぁはぁ…明日はゼッタイに別のトコに行きます…」
「…ですよね〜(+∀+;)はぁはぁ」

4時頃、車に到着。山に霧がかかり、雨脚はますます強くなりました。
e0290546_141913100.jpg

[PR]
by motoronron | 2013-11-29 14:38 | 三笠 | Comments(26)
11月上旬。
名古屋のハイパーモグリさんが本年3度目の来道(+∀+;)!!
折好く、三笠の土場に積み上げられた巨岩がならされ、
貴重なセノマ化石が出ている!!との情報がアルビアンさんからもたらされました。


e0290546_15211970.jpg
メンバーは… アルビアンさん、アンキロさん、スペシャルモグリさん、
Macrowavecatさん、ZX9-Rさん、ワタクシの6人。
途中から、年輩の超ベテラン様3人もいらっしゃいまして〜、大きくて硬い三笠石をボッコボコ!!!
皆様が大物アンモを採取される中、気圧されたワタクシめは大した採取品もないまま、
広い土場をただウロウロし、皆様の作業を冷やかして歩くだけ(+∀+;)。

ふくどぅ上でよく見る、三笠層の岩盤の様な石は大量にあるのですが、
なかなかノジュールはありません。ほとんどあきらめ気分でしたが、後半になって、
ようやく50cmほどのまるい石が地面に埋まっているのを見つけました。
「ん〜…。これってノジュールなんでしょかね…?」
とりあえず割ってみます。が、三笠層の石は硬いので、そう簡単には割れてくれません。
汗だくになって、必死で叩いているとようやく大きく欠けました。
が、出て来たのは、割れてしまった小さめのイノセラムスがひとつ...(+∀+;)。。。ガーン。
グッタリしつつも、さらに小割りしてゆくと、押されて変形した手のひらサイズのアンモが
三分割で出て来ました...。ますますグッタリしながらも作業を続けていると、
クリーム色の小さな破片を見つけました。雰囲気と表面のツブツブ感から、
すぐ甲殻類であるのが分かりました。慌てて、どこから外れたのか?と
一生懸命探し、割り残した大きな破片の裏からようやく本体を見つけました。アサヒガニの様です。
e0290546_15203057.jpg
アルビアンさんにも確認して頂いたところ「間違いなくアサヒガニ」とのことでした。
現生と違って、5cmは大きめだそうです。
スーパーモグリさんにも「カニは珍しい」と言って頂きました。

やっぱし...皆様の様に目ん玉が転がり落ちる様なゴイスなアンモは採取できませんでしたが、
甲殻類好きのワタクシには良い採取品となりました〜(+∀+)。
e0290546_15334688.jpg

採取時に欠けた頭のトゲトゲも元通り〜(アルビアンさんに破片を探して貰っちゃいました(+∀+;)
e0290546_15334224.jpg

オマケの現生アサヒガニさん。
e0290546_14374979.jpg

コチラに写真たくさんあるです「毎日のはなし」

この日の採取話しはまた別の機会に(+∀+)...。
[PR]
by motoronron | 2013-11-15 15:35 | 三笠 | Comments(32)
午前中、昨日、ナイエーでゲッチョのスレパキさんをケルヒャー洗浄。

ぷしーーーーーーっ!!!!!
e0290546_2233173.jpg

なかなかワイルドなカンジ〜。体重も超ワイルド(+∀+;)コシガアブナイ~!!!
e0290546_2233658.jpg

こちらが最初にゲッチョした方。
e0290546_22331073.jpg

本日はお家でマッタリのハズだったのです...。
昼食に、イモートさんが送ってくれた、ゴマだれ冷やし中華を食べて一息。
「さて...これからど〜すんの?」
「どっか行きますか〜(+∀+)?」と半ば冗談で言ったのですが、
マジンコで出かけるコトに(汗)。時間のない時は、やっぱりFookDo〜!!。

ワタクシは、三笠博物館のK先生から頂戴した二枚貝リストの化石をコンプすべく
本日はトリゴニアさんの仲間を中心にゲッチョする予定。
Ryoさんは「え〜...アタシ、トリゴニア採らないよ。ウニがメインで〜、あとはオウムガイとアンモ」

トリゴニア、図でみると違いのわかる男はダバダ〜♪なのですが、
いざ現地で見ると...(+∀+;)。。。。?????
コンプはめっさ遠い道程の様です。

開始早々、エニグマたんやマンテリさんの破片をゲッチョ。
ワタクシは普通種を中心に出来るだけ状態のマシなものを探します。
最高の化石はゲッチョならずでしたが...それでも、初めて系もちらほら。
2時間半程でしたがまーまーの成果だったかもです〜。

帰りしな、ひさしびり〜のポン別を下見して来ました〜。
林道の状況激悪しで、この先が思いやられます(涙)。
ポン別で採取したことが無いので、夏が楽しみです。

帰りは超雨〜。台所で煙にいぶされながらの直火焼き肉〜ウマウマゴホゴホ。
奈井江フキでキンピラ作って、化石を洗って...愛でて。
そんな休日最終日でした〜(+∀+)。。。
e0290546_22103879.jpg

ウニが大好き。Ryoさんはツブツブつきのウニをゲッチョ。
e0290546_22161798.jpg

e0290546_22162297.jpg

マルッとでも薄い〜。
e0290546_22162688.jpg

大好きなピンナさん。
e0290546_22163068.jpg

コレって、やっぱしアレでしょか〜?一瞬ヒタチオビかと思ったですよ(笑)。
しかし、どれも破片ばっかしですね...。
e0290546_22163384.jpg

[PR]
by motoronron | 2013-06-17 22:23 | 三笠 | Comments(20)
初めてのグループ採取の際、採取した化石の一部をちょっこし公開します〜(+∀+)シャシンテキト~。。。

★印は、後日、三笠市立博物館のK先生に御教示頂き、修正&加筆したものです〜。
K先生、いつもいつもいつも、おありがとうございます〜(+∀+)!!!

一番大きめのアンモ。つぶれちゃいすぎ〜。長径7cm
e0290546_13512053.jpg

三笠層でよくみる巻貝、お気に入りですが殻が残らない〜(涙)。4cm
e0290546_13515898.jpg

二枚貝〜。ゴショライア・クレニュラータ?殻ぐぁ〜...。3.5cm
e0290546_1352354.jpg
エントリウム・オボバータム?2.5cm
e0290546_13525425.jpg

デスモセラスさん、小さいのばかり何個か採りました。2.5cm
e0290546_1353193.jpg

細いのはツノガイ?2cm
★真ん中のヒダヒダのはプテロトリゴニア・ブレビキュラとのコト〜。
e0290546_13535358.jpg
e0290546_1354089.jpg

アルビアンさんが割って下さった石からハイエナ採取〜(+∀+)殻も残ってカッチョコイイ!!4cm
e0290546_13542248.jpg

これも、アルビアンさんが「もとろんさん向け」と言って下さったアンソンヤ・ジャポニカ
★「アンソンヤ・アピカリス」とのコトでした〜。4.5cm
e0290546_1431170.jpg

無事なコは少ないですが、六射サンゴもイッパイ出ました〜!!
出た時はめっさキレイなのですがあっと言う間に白い部分が落ちちゃうです。1.5cm
e0290546_13555240.jpg

同じ三笠層の化石でも、FookDo上より保存がイイ感じ系なので
またいつか採取に行きたいと思うです〜(+∀+)!!
[PR]
by motoronron | 2013-05-16 14:17 | 三笠 | Comments(6)
ワタクシ、化石ブログ界の重鎮の方々の採取に飛び入り参加させて頂きました(+∀+)!!

朝9時集合。夜型生活者のワタクシには最初から高過ぎるハードルです。
緊張と不安と期待がない交ぜになり、なかなか寝付けず、
降りしきる雨が屋根を叩く音を聞きながら朝を迎えてしまいました。
明けても薄暗く、雨は止む気配がありませんでした。
自分ならこの程度の雨は問題ナシ、と判断するところですが、
雪解け時期のダム下流、ベテランの方々はどの様な判断を下すのか気になり、
用意をしながら、何度もメールやコメントをチェックしました。

化石採取のため三笠方面へ車を走らせているのに、
助手席にRyoさんがいないという事にとても違和感がありました。
なんだか緊張で食欲もなく、用意した朝食を口にする事なく幾春別へ入りました。
「よしよし、ちょうど10分前に着きますね〜(+∀+)。。。」
博物館前の駐車場に入ると、いつもより台数が多いです。
どこに皆様いらっしゃるのかしらん?とキョロキョロしていると、
博物館の入口にズラリ並ぶ人影…。
「えっ!?もしかしてワタクシ最後(+∀+;)!? ふふっ、お待たせ〜♪ な感じなのこれ!? ぎゃ〜っ!!!!」
車から降りると、私に気付き、笑顔で手を振って下さっています。
ワタクシ、アワアワしながら皆様の元へ行きます。
アルビアンさん、アンキロさん、apogon2さん、fossil1129さん、S会長さん、
ZX9-Rさん…(はひふへほ順)
長い間、ブログでお世話になってきた方々にお目にかかれ、感慨ひとしおふたしおみしお。
それぞれのお顔を拝見する度、ブログに綴られた数々のストーリーが頭に浮かび、
お会い出来た感動もあいまって、眩しさすら感じました。

しばらく博物館を見学しようとのこと。
丁度、通りかかったK先生に先日大量に頂いた資料のお礼をさせて頂きました。
陳列された化石に対する皆様の感想や蘊蓄を
そーなのかーそーいうものなのかーへー(+∀+)つまり??と、アホ面で只々聞くだけのワタクシ。
何かを求められる立場じゃなくて本当に良かったです。
訊かれても「コレはモチモチしててめっさカワユイと思うがですよ(+∀+)!!」
くらいしか言う事ありません。

休日とあって子供達の姿もありました。あちらこちらへ元気に歩き回っています。
アンモナイトを撫でその大きさや形に「すげー…」と洩らし、
頭上に飛来した翼竜の影に首をすくめて驚き、お父さんに小声で何か一生懸命話しています。
ワタクシ個人は誰もいない博物館が好きですが、いつも静かな博物館が目覚め、
活き活きと華やいでゆくの目の当たりにし、やっぱり博物館はこうじゃなきゃ…と思いました。

「さて…そろそろ行きますか」の声。
いよいよ採取開始、テンションが上がります。
先日、皆様が採取した際のお写真の様子から、
自分が見当をつけていた場所が正解かどうかも気になっていました。
連日の雨の割に水位はかなり低く条件は悪くありません。
apogon2さんは長靴という軽装での採取です。
皆様の装備も気になります。長きにわたり実地での経験を繰り返して至った結果ですから、
とても興味深いものがありました。
年季のはいった道具の汚れや擦れ、店頭では見た事の無いハンマー等に羨望のナマコ。
ちなみに、ワタクシのコンセプトは「ザ・リーズナブル」。
後から、ZX9-Rさんに「自分のレベルにあったリュックを使うべき」と言われ、
自分は間違っていなかったよ(+∀+)!! と自信を持ちました。

朝から続く、ふわふわと浮ついた気持ちのまま、ふわふわと川に足を入れます。
ウェーダー越しに冷たい川の水の圧と流れの感触。少し意識が戻った気がしました。
大量に化石があるのは期待していませんでしたが、
ざっと見渡した感じでは厳しそうな予感です。大ハンマーをズリズリとだらしなく引きずり
(...ココにRyoさんを連れてくるのはビミョ〜かもしれない…(+∀+;)
と考えながら歩いていると、三笠層と思われる二枚貝が沢山入った石を見つけました。
殻も保存され、覆道上の化石よりも状態が良い様です。
しばらくして、アンモナイトの断面が見えるノジュールを割ってみました。
小さなデスモセラスがいくつか入っていました。サンゴ等も採取しました。幸先良いです。
S会長さんとお話しながら歩いていたはずなのに、ふと横を見ると、いつの間にかいません、
振り返ると、皆さん下流の露頭へと移動している様子。慌てて戻ります。
e0290546_14232044.jpg

ZX9-Rさんとfossil1129さんが露頭をツンツンしています。
近付くと、露頭には小さなノジュールが沢山入っていました。
化石の含有は多くないようですが、幾つか貝類が出ました。
e0290546_1485651.jpg

地層に直接入ったキャライコセラス
e0290546_1485380.jpg

イノセラムス取り出し中のZX9-Rさん。おNewのリュックとウェーダーがキマってます。
e0290546_148588.jpg

真剣に観察、採取されるfossil1129さん。
e0290546_149374.jpg

アルビアンさんとアンキロさんが大きなハンマーで硬い三笠層の石を割ってくれました。
その破片を細かくする様にと言われ、割ってみると、またまたサンゴが出てきました。
これまで採取してきたサンゴとは保存状態が違うので新鮮です。
「こういうのからサメの歯がよく出るんだ」とアルビアンさん。
ワタクシにとってサメの歯はレアな化石のひとつですから期待感が増します。
e0290546_149788.jpg
岩をサッと観察し、スピーディーで的確な判断を下してハンマーを当てて行きます。
そのうち、アンキロさんの大ハンマーの柄が折れてしまいました。
ワタクシめも大ハンマーを持参したので、少しでもお力に..と思いましたが…
ハレ〜(+∀+;)???ナニナニ?全然、力が入らな〜い。。。
緊張?寝不足?ご飯?老化?久しぶりだから?アホだから?それとも全部?
こんな事では、この先の暑い季節の採取が思いやられます...。

今度は上流へと向かいます。
皆様、徐々に口数が減り、採取に集中してきているのが分かりました。
apogon2さんが流木の下の泥の中から大きなノジュールを掘り出していました(目敏い!!)。
普通のノジュールならば割れそうな大きさですが、ここのノジュールはとても硬く
さすがにapogon2さんの立派なハンマーでもなかなか割れず苦戦。
e0290546_149107.jpg

アルビアンさんはヒョイヒョイと身軽に川を右に左に、
石を見つけるやいなやパーン!と割り、時折、くわえ煙草で辺りを見回しています。ん〜男前...。

fossil1129さんは、採取をしながらも視野広く植物や景色の撮影をされ、
ブログのネタを仕入れている様でした。
きっと頭の中ではどんどん記事のアイディアが作られているのでしょうね。

ちょっと大きめアンモを発見。どなたかが捨てたものかもしれません。
実はこの後、サメの歯を見つけたのですが、飛ばしてしまい
無かったコトにしたのはナイショの話…(+∀+;)。
e0290546_1491298.jpg

アンキロさんが、アンモナイトが覗く大きめのノジュールを発見。
「今回、一番の大物かもしれないな」とアルビアンさん。
どんなアンモが出てきたのか楽しみですね。
皆が見守る中、ハンマーを振るうアンキロさん。
e0290546_1491420.jpg

帰りしな、いくつか、古い瓶の破片と陶片を拾いました。
おそらく半世紀以上は古いものです。
もーりんさんが発見されたハケより上流に別のハケがある様です。

1時過ぎ採取終了。
雨の中の短い採取でしたが、ワタクシにとっては初めての経験で、
とても楽しかったです。ただ、折角の機会でしたから最高の条件であると尚良かったですね..。
e0290546_1491770.jpg

採取の後はお昼ご飯タイム。着替えながらの会話、
「カレーのカレーがカツカレーがの時だったからカレー屋にカツカレーがカレー完全にカツカレー…」
皆様の口から、もの凄い回数「カレー」という言葉が出てきます。
どうやら、お昼はカレーに決定した様です...(笑)。

つづく
[PR]
by motoronron | 2013-05-04 14:32 | 三笠 | Comments(33)
今日でラストのハズの、ふくどぅ上企画ですが...
捜索中のシジミの様な化石が見つかりません(+∀+;)
ちょこっと記事をさらなるちょこっと記事で埋めちゃいます...。

前回も載せましたウロコと思われる化石、
三笠市立博物館の加納先生も「ウロコでOK」とのことです! やた!
ワタクシが「ビミョ〜(+∀+;)」と思っていましたのは、
普段、見ているウロコ化石が青白く模様もハッキリしてるからなのでした。
さすがアルビアンさん。御名答でした〜!!
e0290546_2105954.jpg

下はダイスキノ川産のウロコ化石です。右側のヒラヒラがいかにもウロコです。
e0290546_20591117.jpg

顕微鏡アップするとシマシマ(鱗紋)が見えます。
e0290546_2059957.jpg

一部、引用いたします。
「覆道の上からは、たまに見つかりますが〜〜その大きさに驚かされます。持ち主は相当に大きな魚だと思われます。ウロコの化石は青っぽいことが多いのですが、覆道の上のものは、風化すると黄色っぽく見えていることが多いようです。」とのこと。。。
おぉ〜(+∀+;)きこりんさんが仰っていた様に、やっぱし、めっさ大きい系のお魚の様です。

さらに×2...。こちらのナゾ化石。
e0290546_211144.jpg

e0290546_211327.jpg

断言は出来ないが、曲がり具合や、つぶれ方のパターンからツノガイっぽいとのこと、
でも、今まで覆道の上からツノガイは見たことないので珍しい、とのこと。。。
fossil1129さん、さすがどえすっ(+∀+;)!!

いやは〜、加納先生の慧眼でもってビシッ×2と判明しました〜。
しかも、加納先生にはワタクシが愛してやまない当別川の化石についても
興味深い情報をたっくさん教えて頂きました〜。おありがとうございます〜(涙)。
当別川があんな川になってしまったこと...本当に悔やまれまする。。。
[PR]
by motoronron | 2012-12-16 21:15 | 三笠 | Comments(14)
ふわわわわ〜(+∀+;)。。。あと一息....三笠・ふくどぅ上企画。
思いの外、数があったので長くなってしまいました。
毎日ちょこっと更新の手抜き記事のハズが...大変なことに(涙)。

本日は巻貝系〜(+∀+)。
かの露頭はトリゴニアさんも多産しますが、小さな巻貝も猛烈に沢山あります。
殆ど殻は溶けてしまい、モロモロですので、ちゃんとした状態での採取は難しいです。
ラストの方の黒いのは、かなりマシな方かと思います。

おんなじ種類もあるです。(サイズは殻径です)
2cm
e0290546_21531964.jpg

1.8cm
e0290546_21532271.jpg

1.9cm
e0290546_21532497.jpg

1.5cm
e0290546_21532514.jpg

1cm
e0290546_21532722.jpg

1.4cm
e0290546_21532933.jpg


昨日アップしました円いナゾ化石を拡大してみました〜。
んがっ!ますますなんだか分からなくなりました〜(+∀+;)。
なんとなくショリショリした薄いものですね...。
e0290546_2150962.jpg

e0290546_21501241.jpg

[PR]
by motoronron | 2012-12-15 21:56 | 三笠 | Comments(8)
今日も今日とて、ふぅくどぅ〜(中略)〜なるですょ〜(+∀+)!!

本日は二枚貝特集パート1 !! いきま〜す!!
(サイズは殻長です)
5cm
e0290546_21574675.jpg

4cm
e0290546_22205072.jpg

2cm
e0290546_22205460.jpg

2cm
e0290546_22205668.jpg

2.4cm
e0290546_22205743.jpg

1.7cm
e0290546_22205943.jpg

1.2cm
e0290546_2221295.jpg

3cm
e0290546_2221475.jpg

1.5cm
e0290546_2221851.jpg

1.7cm
e0290546_22211251.jpg

3cm
e0290546_22211520.jpg

1.8cm
e0290546_2221178.jpg

2cm
e0290546_22211976.jpg

4.5cm
e0290546_2221224.jpg

このコは、二枚貝ではないような気がしております...(+∀+;)。
1.5cm
e0290546_22212456.jpg

[PR]
by motoronron | 2012-12-14 22:23 | 三笠 | Comments(12)
長々と続いております。三笠・どーふく上企画、ようやく終わりが見えて参りました...(+∀+;)。

あの露頭は「トリゴニア砂岩層」と呼ばれているのに、
いまさらのトリゴニアです〜(+∀+)。
とにかく、ありえないほどトリゴニアが出てきます。
しかし、殻がモショモショになっていたり、溶けてしまっているものが多く、
まともな状態のものは、殆ど採取出来ません。
でも、三笠でトリゴニアを手に入れたかったら、ココが一番と思います。
e0290546_1742440.jpg

e0290546_1742999.jpg

上の写真を横から見たところ...。結構厚みがあります。
e0290546_1743295.jpg

e0290546_1743564.jpg

e0290546_1743745.jpg

e0290546_1744060.jpg

e0290546_1744325.jpg

e0290546_1744569.jpg

e0290546_1744751.jpg

e0290546_1744983.jpg

e0290546_1745178.jpg

e0290546_1745355.jpg

e0290546_1745669.jpg

e0290546_174581.jpg

e0290546_175185.jpg


[追伸] 昨日アップした、イノセラムス特集に写真を数枚追加しておきました〜(+∀+)。
[PR]
by motoronron | 2012-12-13 17:11 | 三笠 | Comments(8)
(前略)〜ので、またま(中略)〜で〜すっ(+∀+)!!

今回は〜、一応、イノセラムス特集です。
正直、違うのが混入している気がしております。
間違いを発見された方は速攻でチェックをよろしくです〜。
お名前は...ど〜しても確信を持てないので書きません〜。
過去の記事についても、判明した時点で書き足しておきます〜。

8.5cm
e0290546_1753325.jpg

5cm
e0290546_17533413.jpg

3cn
e0290546_17533673.jpg

2.5cm 2.3cm
e0290546_17533877.jpg

3cm
e0290546_17534074.jpg

2cm
e0290546_17534330.jpg

1cm
e0290546_17534476.jpg

e0290546_17534622.jpg

3.3cm
e0290546_17534883.jpg

2.5cm
e0290546_17534928.jpg

1.5cm
e0290546_1712453.jpg

3.5cm
e0290546_17124125.jpg

なんとなく...このコは怪しい(+∀+;)のですが、小さい上、モサモサしててよくわかりません。
1cm
e0290546_175351100.jpg

[PR]
by motoronron | 2012-12-12 18:21 | 三笠 | Comments(14)