ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

カテゴリ:三笠( 34 )

今日も元気に、またまた〜〜(中略)〜〜ですっ(+∀+)!!

今日の破片は...多分、Anthonyaちゃんです。
アンソニアと読むのでしょか?ジャポニカさんかアピカリスさんかはわかりません。
なかなか、完全な状態で出て来てくれません(涙)
ちゃんとしていれば、シュッとしててキレイでしょうに...。
右にドカンとついているのはピンナさんです。
e0290546_18511093.jpg

e0290546_18511340.jpg


さてさて本日は、オマケがあるです。
昨日の「ナゾ化石」解決いたしました(+∀+;)!!!

実は〜...三笠市立博物館の加納先生にメールで問い合わせたのでした。
めっさお忙しい中、超特急でご丁寧なメールを下さいました〜(おありがとうございます〜(涙)
ワタクシが一枚のみ添付した写真では判りづらく「はて?」だったそうですが、
ブログに掲載した写真をご覧になって、一発即分かり!
「カキの内型」ということでした〜。専門家さま、めっさゴイス(+∀+;)!!!

Ceratostreon japonicaの左殻とのこと(け...けらと..す、すと...れおん??)
早速、浜辺で採取した牡蠣殻を出してきて、ケラ・ジャポさんと比べてみました。

石狩浜のカキ殻
e0290546_18511750.jpg

裏返してみます...。
e0290546_18512211.jpg

e0290546_19481937.jpg

同じ種類ではないので違いはあれど、細く巻いたシッポのあたり、謎のくぼみ...確かに似ています!

きっと、ワタクシがこの内側の形状を知っていても、
化石の方のくびれや、現生のヒダヒダに目が行ってしまい、
結局わからなかったことでしょう。あらためて専門家さま、めっさゴイス(+∀+;)!!!
そして...コメントでカキに言及されたアルビアンさん...やっぱしゴイスです!!!

しかし、これまでも殻が溶けちゃってる化石なんて、た〜くさん見て来たのに、
それに考えがちっとも及ばなかったワタクシの抜け作っぷりが一番ゴイス....(+∀+;)。
[PR]
by motoronron | 2012-12-11 20:00 | 三笠 | Comments(10)
ふくどーぅ上企画続いております。箱の中には、まだまだ沢山の化石(+∀+;)。

今日のも謎化石です〜。

巻貝の破片にも見え、二枚貝にも見え...(+∀+;)。
個人的には二枚貝の仲間では?と思っておりますが、
毎度のことながら、全く詳細不明でございます。

とても特徴的な形をしているので、御存知の方はすぐにお分かりになるかもしれません。
少々、複雑な形状をしていますので、写真は多めです。

この位置からですと、巻貝の破片の様ですが、左下の方へヒラリと伸びた形が怪しいです。
e0290546_20333387.jpg

深めのくびれがあります。
e0290546_20333723.jpg

上からみると、やはり巻貝の一部の様にも潰れた二枚貝にも見えます。
e0290546_20334243.jpg

e0290546_20334792.jpg

e0290546_20335634.jpg

ところが...左側の黒い部分の様に、クルリと強めに巻き込んだ殻頂があります。
e0290546_20343271.jpg

e0290546_20343532.jpg

潰れて酷く変形した貝と思っていましたが、大小全て、ほぼ同じ様な形状です。
大4cm 小1.5cm
e0290546_20344380.jpg

小型のものです。
e0290546_2034484.jpg

[PR]
by motoronron | 2012-12-10 20:43 | 三笠 | Comments(6)
"あきれたぼぉいす"も聞こえてきそうな気もしてるのに...
無視して進める三笠ふくどぅ企画よろれいひ(+∀+)!

本日は、2009年夏採取の謎々化石です。
ポコンと割って出て来た時には「マキヤマ・チタニイ...(+∀+;)?」と思ったのですが、
どうも、あれは新生代の生き物の様です...。
何より悪いのは...ワタクシが未だマキヤマ・チタニイを採取した事がないので、
比較することが出来ないのです。
似た様なコが白亜紀にいてもイイのではないかと思っていますが
はたして何モノなのでしょう...。

直径0.4cm
長さ1.2cm
e0290546_162279.jpg

e0290546_1615343.jpg

こちらも同じコが潰れちやったモノかと思っていますが...詳細は不明です。
幅0.5cm
長さ3cm
e0290546_162851.jpg

e0290546_1621558.jpg

幅0.5cm
長さ2.2cm
e0290546_1622169.jpg

e0290546_1622557.jpg

[PR]
by motoronron | 2012-12-09 16:07 | 三笠 | Comments(12)
とうとう、一週間も続けてしまった「三笠、ζ,<`⊂〃ぅ上」特集(+∀+)。

今回は、初めて覆道上に行った時「あっ(+∀+)何コレ、カッチョコイイ!!」と感動した
ハボウキガイ(ピンナ)さんです。あの露頭では良く産出する二枚貝の一種ですが、
シュッとした形は特にカッチョコイイので、露頭に行くと、必ず探しちゃいます。
現生種もいて、細い方が砂にブスリと刺さった感じで生活しているそうです。

以前、fossil1129さんが宴会でゲッチョなさったタイラギのお仲間です。
あの記事は超ウラヤマでした〜(+∀+;)。

7.5cm
e0290546_140330.jpg

6.5cm
e0290546_140814.jpg

8.5cm
e0290546_1401290.jpg

[PR]
by motoronron | 2012-12-08 14:03 | 三笠 | Comments(15)
嫌がらせの様に続いちゃいます〜、三笠ふうくうどゅ〜シリーズ(+∀+)!!

本日は〜...ワタクシの大好きなウニ化石です〜!!
2009年初夏、初めて行った時も小さなウニが出て嬉しかったのですが〜、
その後も、まとまって出たりしました。
昨日、ご紹介したサメの歯よりは良く産出する気がします。
e0290546_1352218.jpg

このウニは、パカンと出た時は鮮やかなレモンイエローで、
とっても美しかったのですが、見る間にオレンジになってしまいました...。
右側に見える灰色の小さな丸は「お尻の穴」です。
e0290546_13522929.jpg

サイズは、大3cm 中2cm 小1.5cm
さらに大きめサイズが出るのかは分かりません〜。
e0290546_13523882.jpg

分離は他の化石に比べて良いと思いますが、
押されて変形してしまっているのが殆どです。
岩盤を叩くと「ポロポロポロポロ...」と溢れる様に出て来ました。
これからも、ぜひ採取したい化石のひとつです(+∀+)。
e0290546_13524589.jpg

こちらは、謎化石。生痕化石ではないように思うのですが...。
バキュちゃん系でしょうか??
e0290546_13524990.jpg

[PR]
by motoronron | 2012-12-07 13:59 | 三笠 | Comments(10)
まだまだ続く、中途半端な三笠ふくどぅ~企画(+∀+)!!
今日は、サメの歯です。ワタクシたち、サメの歯はここでしか採取した事がありません。

しっかりと歯根部がありません。
岩に打ち付けるハンマーの力強さが感じられます(涙)。
長さ1.5cm
e0290546_20555499.jpg

こちらは、きちんと先が欠けています。
おおらかな仕上がりに大変好感が持てます(涙)。
長さ1.8cm
幅2.4cm
e0290546_2048425.jpg

[PR]
by motoronron | 2012-12-06 20:55 | 三笠 | Comments(12)
まだまだ続く手抜き企画(+∀+;)。。。三笠ふぅくぅどぅ上。

こんな破片ばかりを掲載するのは、ベテラン様にはマネが出来まい...
これぞドシロートの特権とばかりに終わる事なきワレモノ無間地獄。
ワタクシこそ「アンモの欠片」を名乗るのにふさわしいのではないかと〜(+∀+;)。

今回もデスモセラスさんだと思っているのですが〜。

このコは(も)半分しかありません(涙)。母岩に残っていたのですが、
ポロボロすぎて、とても取り出せず諦めたのでした。
さきほど、久しぶりに箱から出してみると、さらに風化は進んでいたらしく
厚めに皮がポロポロとおちました(+∀+;)!!キャーーーッ!!!!だんだんヒドくなるぅ〜(涙)。
左側の邪魔な部分も除去できるのですが、もう少し補強してから外すことにしました。
8cm
e0290546_19515876.jpg


こちらは、採取時は真っ白で羽幌化石の様に虹色に輝いていましたが、
しばらくすると、もっさりとした質感になり...色もベージュっぽくくすんでしまいました(涙)。
ちょっと大きめだったので本当に残念です。
9cm
e0290546_1952167.jpg

e0290546_20344349.jpg

さらにボックスをあさらないと分かりませんが、
おそらく頭足類系はこれで全部だと思います〜。
[PR]
by motoronron | 2012-12-05 20:06 | 三笠 | Comments(12)
三笠、ふーくーどぅーー上シリーズ、どんどこ参ります(+∀+)。

手抜き企画ですが、短くまとめるのが超苦手なワタクシ的には、
思いの外、時間と手間がかかり、正直、失敗したかな〜と思っております...(+∀+;)。

本日は2009年採取のアンモナイト2種(多分どちらもアンモさん)。

このモチモチさん。
コスマテラ・エニグマさんの一部ではないかと思っちょります...が、どーでしょう?
e0290546_1912152.jpg

e0290546_19122253.jpg

こちらは、いくつかの線が残っていまする。デスモセラス・エゾエンゼちゃんでしょうか?
やはり、欠けちゃってるのが残念です(涙)。
e0290546_19122694.jpg

連日のテキトー記事ですが、お許し下さいませ〜。
この露頭は楽チンすぎて、強烈なエピソード等あまり無いのでございます〜(+∀+;)。
おまけに、破片ばかりでベテランの皆様的には物足りない事と思いますが、
今後、この崖を訪れるかもかもの超初心者様たちへの、
ささやかな情報のひとつになればと思っております〜。
[PR]
by motoronron | 2012-12-04 19:16 | 三笠 | Comments(12)
2009年夏

昨日に引き続き...超有名産地、三笠のふくーどぅー上で、
Ryoが採取したナゾナゾ化石です。

「なんにも無い!!!なんにも出てこない!!!ナニを採っていいのかわからない!!!!!」
この、Ryoの意味不明なセリフを解説しますと...。
ふくどー上は、見渡すかぎり化石だらけ、しかし、それ以外の化石を採取しようとすると、
急にハードルが高くなり、おまけに石は割れづらく、超イライラする...。
というワケでです...(+∀+;)。

そんなキレ気味のRyoが「なんか出た...コレ何?」と持ってきた化石です。
数ヶ月のキャリアのワタクシは半ば直感で「オウムガイ...でしょか(+∀+;)???」と言いましたが
確信が持てずに今日までまいりました...。はたして正解なのでしょうか...。
e0290546_22331318.jpg

[PR]
by motoronron | 2012-12-03 21:38 | 三笠 | Comments(14)
2010年 8月下旬

増水したオーバー・ザ・ユーバリに、二日通うも大した成果はありませんでした。
まだ明るかったので、帰りしな三笠のふーくーどー上に寄ることに。

Ryoは岩の上に座り込み、ひたすらポカポカポカポカ............
けれど石は割れず、徐々に球状になってゆくだけでした。
ワタクシはデカハンマーで目についた岩をドカンドカン叩き割ってゆきます。
二枚貝濃集岩をさんざ痛めつけた後、後ろに転がる鈍色の岩を破砕しました。
叩いて叩いて、大分、小さくなったころ、突然、肋があらわれました。
e0290546_2220274.jpg

経験も浅い上、ここでは、あまりアンモを採取したことがなかったので、
これが何であるかは、よく分からなかったのですが、初めて系には違いありません。
ここからは、そっと作業するのが常識ですが、そこは当時のワタクシ、
再び岩の横っ面に容赦なくデカハンマーを一発叩きつけました。
岩は粉々になり、化石は勢い良くポーンと飛び出して離れた草むらに落ちました。
拾い上げるとU字型をしており、最初、異常巻きの様に見えました。
背中ラインが揃っていない事に「....(+∀+;)??」
「なんだコレ〜...(+∀+;)???」と、ジッとみていると、
段差のある部分から折れ、ボトリと落ち三分割になってしまいました。

とりあえず、不自然に思いながらも、採取時の状態で接着し、
コーティングをし、今日まで保管しておりました。

さて....このコは何者なのでしょうか...(+∀+;)?アンモさんだとは思うのですが...。
変形してしまっている所為か、キレイにグルグルしそうにありません。
噂のマンテリちゃん??

サイズは約12cmです。
e0290546_22235351.jpg

[PR]
by motoronron | 2012-12-02 22:29 | 三笠 | Comments(12)