ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

カテゴリ:新十津川( 4 )

2011年 4月上旬

お休みの日は、いつだって遅い朝食ですが、この日は特にのんびり、
ふたりで窓の外の残雪を愛でていました...。

「昨日のモーライは最高だったね~」
「ええ、潮は引いていましたし、お天気も良くって...(+∀+)」
「で、今日はどうする?」
「(笑)連日ですけど、体は大丈夫ですか?」
「ぜ~んぜんヘーキだよ。こんなお天気イイんだからさ、どっか行こうよ!!」
「じゃあ近場にしましょう。...当別川はまだ雪が多いでしょうし。久しぶりに徳富川(とっぷがわ)はどうですか?」
「ん~...ま、いっか...。じゃ、もうすぐお昼になっちゃうから、すぐ出発しよう!!」
Ryoは大きめのバッグにお菓子をどっさり放り込み、熱い珈琲を魔法瓶にトポトポ詰めました。

国道275号線を北上します。道路沿いの雪はすっかり解け、
露出したアスファルトと粉塵の汚れが日射を受け、さらに雪を溶かします。
助手席では御機嫌でRyoがモリモリとお菓子を食べ、
時折、思い出した様にワタクシの口にも入れて来ます。
「高い山はまだ真っ白だ~」
「登山はイヤですが、あそこがどんな風かは見てみたいですね~(+∀+)」

学園にある峠の側にやって来ました。
ここは沼田でタカハシホタテを採取した帰り道、初めて徳富川に降りた場所でもあります。
Ryoはやる気満々、あっと言う間に着替え、一人で雪の斜面を降りて行きます。
「Ryoさ~ん!!!足元に気をつけて下さいね~! 下が空洞になっていることがありますからね~!!」
ワタクシをチラと一瞥しドンドン降りて行きました。
e0290546_2115454.jpg

「ネコヤナギがすっかり膨らんでキレイですね。銀色に光って玉の様に見えますよ」
「雪はどっさり残ってるけど春だもんね」
「山の色もほんのりピンクがかってきた気がします」
空気はまだまだ冷めたくとも頬にあたる日光はたしかに春の光です。

「川の水は思ったよりも少ないですね」
「地面も結構出てるよ。これなら化石採れるね」
「さて...どうやって降りましょうかね...」
積雪でスロープは隠れ、結構な落差です。
「Ryoさん、雪庇(せっぴ)の様になっているので、あまり端に行かないで下さいね。落っこちちゃいますよ」
結局、どこまで行っても低い場所がみつからずロープで降りました。

「さあ~、今日は何があるかな~!?」
今にも駆け出しそうな意気込みをRyoの声に感じました。
早速、大きな岩に二枚貝の断面が入ってるのを見つけました。
「前に来た時、こんなのあったっけ?」
「ん~、さすがにこの大きさは見逃さないでしょう。流されて来たのかもしれません。帰りに採取しましょう」
「アタシ上の方見てくるから、反対の方見て来てよね」
「了解で~す(+∀+)」
e0290546_21154790.jpg
Ryoは泥岩に埋まった化石をタガネを使って掘っている様です。
ワタクシはノジュールを探し集めてきて、片っ端から割ってゆきます。
徳富川のノジュールや岩は一見当別川のそれと似ていますが、いくらか割り易い様です。
化石の含有率はほぼ100%と優秀でしたが、さすがに完全体の採取は難しいです。
地質図によると、橋を境に下流数百mは鮮新世・幌加尾白利加層(ほろかおしらりかそう)、
上流は中新世・増毛層(ましけそう)~徳富層(とっぷそう)と1km程続く様です。
ウニが入っていましたが、残念ながら保存状態が悪いです。
e0290546_211652.jpg

こちらはタカハシホタテです。
e0290546_21161610.jpg

驚く様な化石はあまり出ませんが、相変わらず種類は豊富です。
e0290546_21164065.jpg
e0290546_21163529.jpg

ハンマーを勢い良く振るっていると、すぐに汗が吹き出して来ました。
フリースだけになり、胸のジッパーを全開にし、雪の上に腰を下ろして一休みしました。
辺りを見回していると、上流の山の方から流れに沿ってゆったりと大きな風が吹き、
無機的...有機的...それぞれが混在した春の香りを運んで来ました。
どちらかといえば、水や氷や石といった無機質な香りが好きなワタクシですが、
やはり春の風の匂いは、心を妙にざわつかせるものでした。
ワタクシの後ろにはオルメカの巨顔石彫を思わせる赤褐色の巨岩が山から突出しています。
そこだけが周りとは全く岩質が違い火山性の様です。
e0290546_2117102.jpg

しばらく採取した後、Ryoのところへ戻り、降りてすぐに見つけた二枚貝を取り出しにかかります。
「大きいね、ナミガイかな?」
「殻が閉じている様ですし、殻の厚さもあるので違う貝だと思います。さ、割りますよ、気をつけて下さいね...」
大ハンマーを数回叩き付けます。バラバラになった岩から貝が転がり出ました。
「あれ~?これってさ...もしかして?」
「ええ...間違いないですね(+∀+;)」
e0290546_2117353.jpg
中から出て来たのはオウナガイでした。ここで採取するのは初めてでしたし、
これまで、オウナガイはもっと深い所に棲息していると考えていたので、この時は意外に思いました。
「当別川でも出るよね」
「ごく一部に密集して地層から出ますよね。徳富川でも出るなんてイイ発見です」
目に付く化石はほぼ採取したので、文字通り河岸を変え上流へ。
川縁の畑では燻炭融雪剤を撒いた模様が楽しいです。
e0290546_21174524.jpg

徳富川上流、キャンプ場近く「夢イッパイの橋」にやって来ました。
川縁に中新世・増毛層が露出しています。
e0290546_2118898.jpg
「ここは、増水してて勢いがあるね」
「雪も多いですね。少しでも露出してるといいのですが...」
「大分、薄暗くなって来たので、パパッと見ましょう。わわっ(+∀+;)!!!!足の下に空洞があります。気をつけて下さい」
「結構、深いね~。なんか動物いないかな~...?」Ryoはワタクシが踏み抜いた穴を覗き込みました。

「少し上流の方に地層が見えます。行ってみましょう」
足元に気をつけながら、少しずつ慎重に進みます。
「あ、二枚貝みっけ」
Ryoが崩れ落ちた泥岩の中からイシカゲガイを拾いました。
「こちらの大きな岩にもビッシリ入ってますね」
「でも、それダメな石なんだよ。硬くって全然採れないんだもん」
「ええ、特にこの薄茶色のがキンキンなんですよね。それにこの大きさじゃ大ハンマーで割るのも難しいです。大きめの巻貝も見えているのに残念です...」
e0290546_21183794.jpg
e0290546_21183384.jpg
Ryoは主に泥岩層からの掘り出し、ワタクシはノジュールも割ります。
大部分が雪の下ですので多くは採取出来ませんでしたが、
雪中採取としてはまあまあでした。
e0290546_21184995.jpg

「Ryoさ~ん、どうでしたか~(+∀+)?」
「ん~、状態はイマイチだけど採ったよ」
「そろそろ日没です。帰りましょう」
「うん。楽しかったね。アタシお腹すいちゃった」
e0290546_21184210.jpg

ツヤツヤの夕日が徳富岳の向うへ落ちてゆきます。楽しい早春の徳富川でした。
e0290546_21184522.jpg

[PR]
by motoronron | 2013-02-23 21:23 | 新十津川 | Comments(12)
2010年8月下旬

朝からよく晴れ、絹雲が棚引く涼しげな空とは裏腹に、とても暑い日でした。
上砂川・パンケウタシナイ川河畔の公園での採集が思いの外早く終わってしまい、
公園の東屋で、持参したハンバーグ弁当を食べながら次の行き先を考えるワタクシたち。

「ん~...。結構、簡単に採れてしまいましたね...(+∀+;)」
「この後、ど~すんの?」
「尾白利加は昨日行ったばかりですし...」
「あそこ、ぜ~んぜん採れなかったね!!」
「いやいや....ちょこっと採れましたし、痕跡はあったでしょ?確かにあるんですってば(+∀+;)!! 増水していて、お日柄が悪かっただけです」
「近くならドコ?」
「奈井江の植物化石は...」
「却下!! 間に合ってます!!」
「ん~、美唄川はどうですか?」
「調べて来たの?」
「いや、全然...(+∀+;)」
「ダメダメだな。じゃあ、タカハシホタテは?」
「却下(+∀+;)!! それこそ間に合ってます!!」
「じゃ、ど~すんのよ~...」

ふたり、タッパーのフタを割り箸でポコポコ叩きながら考えます。
ほの暗い東屋の外の風景は、強い光を反射して白くカサカサと色あせ、
枯れて久しいと思しきタイル貼りの人口の川からは陽炎が立ち上っていました。

「あの...徳富川はどうですか?」
「こないだのトコでしょ?いいけど...あんまり変わってないんじゃないかな~」
「上流の方はまだでしょ?でも、今回は支流を見るのです(+∀+)」
「どこどこ?そこ化石でるの?」
「た、たぶん....。古い地質図なので、保証はしませんが....」

新十津川町・徳富川支流「ハレンチの沢」に行く事にしました。

新十津川市街を抜け、浜益へと向かう道々451号線を走ります。
前回、徳富川で採取した場所は、先の雨で増水し岸が殆ど見えなくなっていました。
「増水してるみたいだけど、大丈夫かな?」
「小さな沢なので、それほど影響はないと思いますが...。それより、林道の入口がわかりません...」
「地名ではこのあたりだよね」
「間違いないんですが...ん?橋を渡ってしまいました。どうも通り過ぎた気がします」
近くまで来ているはずなのに行きつ戻りつ...。

「もしかして...あれじゃない?」
「...んげっ(+∀+;)!!」
右手にある細い道路の奥で、何台もの大型重機が地面を掘りまくっていました。
おそるおそる、近づいて行きます。
「お墓があるようなので、そうそう通行止めにはしないと思うのですが...」

白いライトバンが対向してきました。挨拶をした方が良いのかな...と窓を開けましたが、
土ぼこりを巻き上げ、猛スピードで過ぎて行きました。...進んでも構わない様です。
「あちゃ~、地質図によると、いま工事している辺りでも化石が出た様ですね(+∀+;)」
「あらら」
道が分岐しています。右折すると「ちょっぴりサムライの川」へ抜ける峠道、
左折すると「ハレンチの沢」に沿う林道です。
「工事はここだけの様ですから、とりあえず上流へ向かいましょう」
林道は使われている様で、キレイな印象ですが、樹々に覆われ暗く対向車が心配です。

「なんだか、鬱蒼としていて、川が見にくいね」
「細い川だからなおさらですね~...」
「どこかイイところないかな~。もう大分来ちゃったよ」
「あっ(+∀+)!!いま、ピーンと来ました」
「あった?」
「あの木の間、ちょっと露頭っぽいの見えませんか?」
「ぜんっぜん見えない」
「....(+∀+;)ま、降りてみましょう」

川までの深さ約2.5m、ストンと落ちています。降りやすそうな場所を探し、
やや上流へ移動しました。車にロープを結びつけ降りて行きます。
暗い川を草を掻き分けながら進みます。
足元に大きな泥岩が落ちていました。引き上げてみると、貝化石の痕跡があります。
「Ryoさん、ありますよ(+∀+)!このあたりにあるはずです」
しばらく進むと視界が開け、ワタクシが車から見たと思われる露頭につきました。
e0290546_1734584.jpg

高さ3m程の所に周りとやや色の違う層があり、白いものがチラホラ見えていました。
そのままでは滑って上がる事が出来ないので、ホームセンターのワゴンセールで購入した
長いメガネ杭を打ち込み、足場にしました。
近づいてよく見てみると、苔むした泥岩中に白く巻貝の化石が覗いています。
無数のひょうたん型は断面に違いありません。
e0290546_1734845.jpg
「Ryoさ~ん(+∀+)!みつけましたよ~!!」
「アタシもみたい~!!」
「ワタクシ、ちょっと下流の方も見て来ますので、Ryoさんはココで掘っていて下さい」

下流の方でも、巻貝の化石が混入した泥岩の塊が落ちています。いずれも同じ種類の様です。
100m程進んだところで水が急に深くなり、ウェーダーでなければ進めそうになく諦めました。
戻ってみると、Ryoは不安定な格好で露頭にへばりつき、なんとなく投げやりな感じで、
チゼルハンマーをガツンガツン打ち込み、辺り一面に激しく土を飛ばしています。
背中から負のオーラを大いに発散させています。

「Ryoさ~ん....。大丈夫ですか~....(+∀+;)」
「ここ結構、硬くてさ〜大変!! 足場も悪いから疲れちゃった。貝はモロいしさ~」
「じゃ、交代しましょう」
「でもね、なんかイッパイ入ってるみたいよ。じゃ、アタシ上流の方見てくるね~」
Ryoは川に降りると、ザブザブと大きな音を立て草の中へ消えて行きました。
Ryoが堀った跡を観察してみると、見えている部分だけで厚さ30cm、幅4m程で
巻貝化石が密集している層でした。端に行く程、数は少なくなっている様です。
Ryoの言う通り、ひとつずつ採取しようとすると、割れてしまいます。
泥岩ごと、ある程度大きめに取り出す事にしました。
不自然な体勢で掘る作業をするのは確かに大変で、ハンマーを振り上げると、
体が後ろに反るので落っこちそうになります。タガネを使って少しずつ掘り進めることにしました。
汗だく土まみれになり、ようやくいくつかブロックを採取しました。
e0290546_17341180.jpg

30分程して、Ryoがガサガサと茂みから出て来ました。
「ど~お~」
「クリーニングしてみないと分からないですが、数は入っているみたいですよ」
「たいへんだったでしょ~(笑)?」
「はい~(+∀+;)疲れました。足がつりそうですよ。上流はどうでしたか?」
「あんまりなかった。同じ泥岩はみつけたけど、いらないかと思って持ってこなかったよ」
「じゃ上げますか。ワタクシが石を上に運ぶので、Ryoさんは先に上がって車をUターンさせて来て下さい」
石は思ったよりも重く、鞄のナスカンがキリキリと音を立てます。
やっとの思いで全ての石を林道脇に上げ、へたり込んでいるとRyoが戻って来ました。
e0290546_17341755.jpg

「おぉ~、結構な量だったね~」
「こんなに巻貝が密集したのは初めてですからウレシ〜ですね~」

この後、徳富川上流の公園側で7時位まで採取をして帰りました。

その夜、Ryoがキッチンでの洗浄を終え、さっそくミニハンマーで叩き始めました。
「あれ~、なんだか上手く取れないね...割れちゃうよ」
「母岩に殻が付着して割れちゃうんですね...頭が飛びやすい様ですね」
「ボンドで固めたら?」
「いんや、それではカンペキに一体化してバラせなくなります」
「じゃ~、ど~すんのよ~」
「ん~...では、ここはひとつガマンの子。しばらく放置してみましょう(+∀+)」
「しばらくって、いつまで?」
「来年の春までです...」
「え~! 忘れちゃうよ~」
「じゃあ...目の届く所に置いておきますか....」

半年以上もの間、玄関先に積まれた汚い土くれを訪問者はどう思ったでしょう...。

はたして...一冬、野ざらしにされた泥岩は、凍結~解凍を繰り返した結果、
殻を境にパラパラと崩れます。化石に負担をかけず簡単に分離させる事が出来そうです。
突き崩してみると、大小無数の巻貝が出て来ました。見事に一種類の巻貝ばかりです。
これだけの数があるのに、違う種類の貝はやや大きめの巻貝一個のみでした。
下の写真の何倍も出て来ました。
e0290546_1739371.jpg

一体化のままのモノは、お気に入りの密集化石となりました。
32cm X 13cm
e0290546_175441.jpg

[PR]
by motoronron | 2012-09-17 18:15 | 新十津川 | Comments(14)
先の記事、新十津川町「ホロッと来ちゃう尾が白い川」の追加写真です〜(+∀+)。

e0290546_20522030.jpg

e0290546_20513541.jpg

e0290546_20513922.jpg

e0290546_20514258.jpg

e0290546_20514433.jpg

e0290546_20514624.jpg

e0290546_20514910.jpg

e0290546_20515191.jpg

e0290546_2051538.jpg

e0290546_20515518.jpg

e0290546_2051572.jpg

e0290546_205282.jpg

e0290546_20521439.jpg

e0290546_20521751.jpg

[PR]
by motoronron | 2012-09-10 20:53 | 新十津川 | Comments(10)
2011年 10月末

前日の夕方、泥化石を発見した「尾が白い感じのホロッとする支流」を再訪しました。
今日は、ひとつ先の橋から降り、川沿いの露頭を見ながら川を下り、前回のポイントで採取。
その後、林道の行ける所まで川を遡って行くことになりました。

川まで高さがあるため、ロープを使い「4番目の橋」から降ります。
水深があり、ちびっ子なイモートさんは腰まで水に浸かって、今にも沈没しそうです。
この時季は夏よりも川苔が繁茂する様でウェーダーでもかなり滑ります。
カーブの向うに落ち葉で彩られた露頭が見えて来ました。
新第三紀・鮮新世・幌加尾白利加層です。
e0290546_20184181.jpg
明るい灰色の泥岩層を丹念に調べますが、化石の痕跡すら見つかりません。
こうなると美しい落ち葉も邪魔な存在です。
きっと、あるはずなのですが、残念ながら今回は見つける事が出来ませんでした。

300m程下流の化石ポイントへ移動します。
昨日は暗い中、手探りでの採取でしたが、今日は全体が見渡せます。
とても狭い範囲ながらも、化石は多くある様です。その全てが赤い泥で出来ています。
そのわりに分離も良く、模様も明瞭です。
e0290546_20184682.jpg

e0290546_20185199.jpg

e0290546_20185581.jpg

e0290546_20185864.jpg
三人、黙々と採取します。ワタクシはヒタチオビガイの一部を発見しテンション上がりMAX(+∀+)!
当別の採土場で欠片を見つけてから、二年...。
どこかにあるハズ...と、ずっと探して来ましたが、ようやく再会です。

「いや~...みなさん、随分採りましたね~(+∀+)」
「ココ、簡単に採れるから楽しいね!!」
「ね〜、おんちゃん、こんなの出た〜(θ∀θ)..。これウニ?」
「カシパンウニの仲間みたい...やったじゃないですか(+∀+;)!!」
ブンブクは多産しましたが、カシパンウニはイモートさんが採取した一個だけでした。
このカシパンウニがきっかけで、後日、初山別に向かう事になるのでした。

少しずつ、上流へ向かいます。
車を林道の入口に停めて降りてみると、雨で柔らかくなった地面に、極々最近のものと思しき
熊の足跡を見つけました。写真手前の左前足の幅は約15cmでした。
単独の成獣、体重は150kg前後でしょうか。
ゆっくりとした足取りで林道からメイン道路に出て、しばらく、うろついた様です。
数日前、ダイスキノ川で遥かに大きなものを見たばかりで、小さく感じましたが、なかなかです。
この年は熊の出没のニュースが多くあり、採集をしていても実感する事が多かったです。
e0290546_2019313.jpg

泥岩層が露出する場所を見つける度に降りてチェックしました。化石を発見する事は出来ましたが、
いずれも、一番最初に採取したポイント程の数はありませんでした。
e0290546_2019691.jpg

e0290546_20191048.jpg

大分、上流に来ました。一番最初の橋から約12Kmの地点です。
徐々に草深くなり、林道が細くなったところに看板がありました。
どうやら、ワッカウェンベツ川(和歌ダム)方面へ抜ける林道の様です。
左手に小さな滝が見えます。地質も変化した様です。
ここから下流へ2〜300m程歩きましたが、多くの化石を見つける事は出来ませんでした。
ただ、硬い砂岩質のノジュールからフジツボが覗いているものを見つけました。
これまでの泥製化石とは違います。これより上流にはしっかりとした化石が出る様です。
先に行きたい気持ちはありましたが、もう4時を過ぎ時間が足りません。
また、林道も先の状況がわからないため、ここで終了です。
e0290546_20192342.jpg

林道を戻ります。
途中、二番目の橋の下へ降りてみました。
橋の下はハチの巣が心配なので、そーっと覗き込んでみると、
やはり、まるまると立派なスズメバチの巣が見えました。
しかし既に破壊され、空き家の様でした。
「わ〜、おっきいね〜。ウチのよりずっと大きいよ!!」Ryoは大喜びです。
(バルコニーに出るドアの真上に巣があり、生態観察のため放置していたのでした)
「家のはコガタスズメバチですからね」
「コレ、持って帰ろうよ〜。模様がすっごいキレイだよ」
「いや...こわされてますし、そもそも手が届かないです(+∀+;)」
ここでは化石を見つけることは出来ませんでしたが、
多産したポイントのすぐ側で、地質は同様なのでタイミングが良ければ出るかもしれません。

5時頃、雲は黒さを増し、とうとう雨が降り始めてしまいました。
一番最初の本流に架かる大きな橋の下を調べて今日は終わりです。
川に沿って作業道はあるのですが、なかなか降りられる場所が見つかりません。
三人ビショビショになって草を掻き分けます。ようやく降りてみれば...川底は玄武岩でした。
ワタクシがもっとよく地質図を読み込んでおくべきでした。
e0290546_20192851.jpg

とにもかくにも...イモートさんを交えての化石採集・最終日が無事終わりました。
上流域を見る事が出来なかったのは心残りですが、大きなフジツボに沢山のウニ。
大好きな化石が沢山採れて満足でした。
この川はさほど荒れそうもなく、更新が遅い様なので、一年一度のお楽しみポイントとしました。

数日後。イモートさんは、ワタクシたち見送られ、お土産の「ぽっぽ饅頭」を手に、
札幌駅から茨城へと帰って行きました。

朝、Ryoが歯磨きをしながら採取品を入れた段ボール箱を覗き込み、化石を愛でています。
「今回はイッパイとれたねぇ...泥なのに細かい模様までクッキリ出てて、どれもキレ〜だな〜」
「こんなにウニが採れたのも初めてですし、フジツボも大きかったですね」
「...ねぇ、このフジツボ、なんか、フワフワしてるんだけど...」
「どれどれ...んげっ(+∀+;)!!!...もしかして、これってカビ!!??」
あわてて、漂白剤の中に漬け込みました。しっかり洗浄はしたのですが、
年中ジメジメしたままの川縁の泥製化石なのでカビちゃったのでした。

さて、体調があまりすぐれない中、ハードな数日間を過ごしたイモートさん。
後から分かったのですが...この頃、お腹に赤ちゃんがいたのでした~(+∀+;)。
今となっては笑い話ですが、本当に何事もなくて良かったです(何度もコケ沈してたし〜)。
この6月、無事に女の子が生まれました。胎教が化石採集とクリーニングの音....。
将来、瑞浪Mioちゃんの様な化石娘になるのでしょうか...(+∀+)?
[PR]
by motoronron | 2012-09-10 20:49 | 新十津川 | Comments(8)