ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

<   2013年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

<<<<< 「 当別・No.1の川にひとりぼっち・前篇」の、つづきです〜(+∀+)。。。

<前回までのあらすじ>
20XX年…人類初の有人火星探査を成功させ地球へと帰還した宇宙船。
世界中が喜びに沸いたのも束の間。船内には地球征服を企む火星人が潜んでいたのだった。
地球の大気に触れた火星人は分裂を繰り返しながら瞬く間に地球全土へと散らばっていった。
その姿はミズダコそっくりであったため、人類は苦戦を強いられる。
ある天才科学者のひらめきにより、数億個の蛸壺を海に沈めるも、時既に遅し…
人類は敢え無く滅びたのであった。奇跡的に生き残ったわずかな人々も奴隷として
次々と木星第3衛星ガニメデのベジマイト鉱山へと送られた。
その船内で、青年モトーロンは、腕に碇の刺青を入れ、セーラー服を着て、マドロスパイプを咥えた、
妙にアンバランスな体型の男に「オマエさん、前歯に青ノリが付いているぜ、クワッカカカカカッ」と
人目をはばからぬ大声で指摘され、恥じた…。


こんな物が目につきました。最初「巻貝発見(+∀+;)!!?」と思ったのですが、
近付いて、よく見ると、なんとなく各巻きの位置関係がおかしい様な…。
再び自信がなくなってしまいました。
e0290546_392159.jpg

次に見つけたのはこれです。さすがに、これは化石に見えます。
一見、貝の断面の様ですが、穴が幾つか隣接しています。生痕化石でしょうか。
e0290546_393166.jpg

そして、とうとう、これを見つけました!! ホタテの一種の様です。
e0290546_394086.jpg

「こ、こんなところでホタテ!? もしかして…タカハシホタテ?」
当別ではホタテ系を見た事が無いので、テンション上がりMAX(+∀+;)!!!
予備知識の無い産地で予想外の化石に出会えるのは、本当に嬉しいものです。
本年度No.1級のウレシさ。さすがNo.1川〜。これで、この露頭から化石が出るのは確実となりました。
そして、これ以降、当別では初めて系の化石が続々と見つかります。

またしても、グルグル化石が出てきました。やはり生痕化石だった様です。
e0290546_311144.jpg

フミガイ
e0290546_311965.jpg

これは、イガイ?ホタテ?母岩が硬く、取り出す事は出来ませんでした。
e0290546_3111944.jpg

ナミマガシワモドキ?
e0290546_3113181.jpg

e0290546_31642.jpg

e0290546_3115851.jpg

e0290546_312716.jpg
e0290546_3142290.jpg
e0290546_3145949.jpg
e0290546_3143938.jpg

アルアルだけどナイナイの川が、完璧にアルアルの川になりました。
6時半…暗くなってきた川をホクホク顔で帰りました。

Ryoさ〜ん!! いくつか残してきたので、帰ってきたら行きますよ〜(+∀+)!!
e0290546_312319.jpg

[PR]
by motoronron | 2013-07-23 03:21 | 当別 | Comments(31)
小雨降る、ある日の夕方。

ワタクシは、当別川支流「No.1の川」のほとりにたたずんでいました。
e0290546_2485457.jpg

新第三紀・中新世・須部都(すべつ)層(?)
ここの泥岩層からは、ボロボロに風化した二枚貝の化石が産出します。
その殆どが2〜3mm程度の小さな二枚貝で、稀に覗く大きめサイズでも3cm程。
数は少なくはないですが、いずれも状態が悪く、まともに採取出来たためしがありません。
しかし、謎化石も目にしているので、ワタクシにとっては気になる産地のひとつでした。
けれど、下流の望来層ならまだしも、この場所にRyoを連れてくるのは気が引け、
Ryoの出張中に一人でやってきたのです。

2年前の写真

このタイプが一番産出します。
e0290546_249432.jpg

ソデガイの一種でしょうか?
e0290546_2491833.jpg

ルシノマ?肋しか残っていないので判断に苦しみます。
e0290546_2493275.jpg

一番気になっているのが、この謎化石。
殻の模様が独特なので、すぐに分かりそうなのですが...。
この日は、この貝の完品採取が主眼でした。
e0290546_30576.jpg
(アップした後...ジーッと見ていましたら、実は大した謎化石じゃない気がしてきました(+∀+;)

いつも以上に水量も少なく、歩き易いです。
モロモロの泥岩層をチゼルハンマーで、ひたすらさらいます…。
化石は出ますが、前述の通り、どれもパッサパサで、持ち帰るまでに粉々になってしまいそうです。

小さな巻貝が出ました。変形していますが、タマガイの一種でしょうか?
e0290546_2525036.jpg

あまりの状態の悪さにゲンナリし、一応、片手一杯分採れたので良しとし、場所を変えました。

この辺りを歩くのは初めてです。河原にはピンネシリや待根山の方から運ばれてきた石ばかり、
化石の入っていそうなノジュールは無い様です。
少し行くと初めて見る質感の露頭が出てきました。
e0290546_2532388.jpg

須部都層下部?大小の礫を含み、ザラッと荒い砂岩質です。
硬さにムラがあり、硬いところと、ポコポコと脆い部分があります。
破片の様な物が無数に含まれているのに気がつきました。
e0290546_2541090.jpg
ワタクシには化石の破片に見えるのですが、断定出来ません。
それでも、気になるので露頭を隈無くじっくりと見てゆきます。

>>>>「当別・No.1の川にひとりぼっち・後篇」につづく
[PR]
by motoronron | 2013-07-23 03:07 | 当別 | Comments(2)
今日は久しぶりに暑い一日になりそうです〜(+∀+;)ヒーハー。

6月末。
家庭菜園の帰りに安瀬(やそすけ)幌内川をチェックしに行きました〜。
急に思い立ったので、カメラもハンマーも持っておらず、
エコバッグだけを持って、トコトコと川へ降りてゆきました。
ゴム長だと川底は滑って歩くのが大変でした。

幾つかカニが入っていると思しきノジュールをゲッチョし、
以前から気になっていた灰色の泥岩層にへばりついて化石を探します。
この露頭からは、あまり化石は出ませんが、風化した二枚貝を見た事があるので、
少しでも状態の良いものを...と探します。きっと他にも何かあるはずです。

日光を遮るもののない露頭の下、汗だくになって黙々と泥岩を割ります。
風化したスナモグリの爪が出ました。いずれも持ち帰るのは難しい状態ですが、
ノジュールばかりでなく、地層にも直接入っている事が分かりました。 
二枚貝は本当に少なく、結局、種類が分かる状態のものは見当たりませんでした。

最も産出したのは、3〜8mm程の赤銅色をした楕円の状の薄片です。
どれも似た形状で、そして同様のシワがあり、何かの欠片ではないのが分かります。
持ち帰って顕微鏡で拡大して観察してみました。
e0290546_1555531.jpg
e0290546_1555991.jpg

さらに倍率をアップしてみると、細かな条線が見えました。
これは、お魚のウロコ系ではないかと思うがです…。
e0290546_156599.jpg
e0290546_156374.jpg

以前、掲載した、ダイスキノ川産のウロコの写真。
e0290546_1541249.jpg
e0290546_1541415.jpg

いつか、ペシャンコのお魚さんが出てきたらウレシ〜です…。

オマケ…。コレって何かの生痕化石でしょか〜(+∀+;)?
7.5cm
e0290546_156889.jpg

[PR]
by motoronron | 2013-07-20 15:13 | 石狩 | Comments(24)
ちゅるりら〜 てゅるりら〜♪ 風に吹かれて〜...
知らない川を 歩いてみたい〜♪
にょろりら〜 にゅるりら〜♪ ひとり静かに〜
石を叩いて 化石のえてゅ〜ど…どえ〜す(+∀+)!!!

6月中旬 小平
e0290546_1250106.jpg

林道崩壊しまくり、そして、ナイナイの川と化してしまったミドメモ川中流にて、
Ryoさんがゲッチョした大きめプゾシアさん。
e0290546_12502425.jpg
e0290546_12502683.jpg

潰れて、ひしゃげて、外れて、転がって、スレて、グレて…。
「オレたちは腐ったみかんじゃねぇんだよ〜!!!」
「知ってる。イカタコの仲間だもんね、おまけに石だもんね。他にメボシーのいないし、
オマイを連れて帰る〜(+∀+)!」

夏の夜は窓が全開系なので、コンプレッサーを稼働できず、コンコン手彫りん。

縁がグリンと削れてしまっているのは仕方ないとして…。肝心のおヘソはどうかな〜…。
あ〜、はやくも壊れ始めてる〜。ん〜これは、アブナイ感じですね〜。
結果は、思った通りアヤシカナシ(涙)。

「あうー…。やっぱし、オマイは腐ったみかんだ(+∀+;)!!!! このとんがって痛そ〜なドリルとハンマーで矯正したるです!!! 歯を食いしばれ!!」

ワタクシにしては珍しく人工ヘソの様なモノをテキトーに作って、
薄めたラッカーをピチャピチャと塗って、完成。

「ん…オマイ、なんかシンナー臭いね(+∀+)もしかして、腐った"あんぱん"系?」
「違うわっ!!!」

21.5cm
e0290546_12572863.jpg

[PR]
by motoronron | 2013-07-17 12:53 | 小平 | Comments(18)
前回の「あっぱーさんどりばー系の川・下見」の追加写真です〜。

さっき、ちょっこしツンツンしてみた分です〜。
エントリウム・オボパータム 覆道上ではこれほど大きいのは採取していません。
4.8cm
e0290546_15195214.jpg

デスモセラス
1.2cm
e0290546_15205847.jpg

サンゴ
1.5cm
e0290546_15211278.jpg

キリガイダマシ系?それともタケノコガイ系??
2cm
e0290546_15211756.jpg

[PR]
by motoronron | 2013-07-15 14:19 | もろもろ産地 | Comments(8)
なんだか、色々と"ぐえあ~気分"の今日この頃ですが、
以前から気になっていた上砂川の川へ行って参りました。
下流では第三紀のオルニチンたっぷし系の二枚貝や
植物化石を沢山採取しましたが、上流は久しく宿題だったのです~。

サントニアンがダーッとあって、途中コニアシアンがちょっこし。
横沢と最上流がセノマニアン。そんな感じの川です。
これで、大体、どの流れか特定できるかと思うです〜(笑)。

ココは産地保全のため写真は超非公開です(+∀+)!!
と言うのは、大ウソで…カメラッコを忘れました。
途中で気付きましたが、Ryoさんをお連れする際の下見だったので、
まーいーかー。と。でも…初産地ですからGPSは欲しかった…(涙)。

川に降りて、すぐにコザ石何個か発見伝。
サントニアン系では見慣れないコザ石にワタクシ「...(+∀+;)?」
モロモロとモロく割れて楽チン。二枚貝多め。チビ巻貝少々…ミョ〜な既視感。
しばらくして…「これって、もしかして三笠層!?」
上流からの転石とは言え、はやくもセノマニアン系ゲッチョなの?
「あぅ!! エントリウム・オボバータム様きたこりゃ(+∀+;)!! まさに三笠層!!」
ワタクシめがフクドゥ上でチマチマと集めている帆立ライクな二枚貝
オボ様の大きめサイズ出現。 そかー、案外大きくなるコだったのか〜。

割った石の側にピンクリボンを置きつつ、さらに上流へ。
川幅アリ、虫アリ、水量ナシ、化石ナシナシ…。
サントニアンなのに〜…もう少し何か出てきてくれないとな〜。
これだと、Ryoさん連れてきても「この川ダメだな!! もう来なくてイイ!!」とか言われちゃう…。
数日前、ワタクシめがマイナー産地ばかりチェックしたがるので、
Ryoさんから「化石が少ないからマイナーなんでしょ?」と冷静なお言葉を頂戴したばかり。
「マイナーの沢だって、ある時はあるんですから〜(+∀+)ホラネ!!」と言ってみたいですが、
無い…。川の雰囲気は最高にイイ感じなのに…。

横沢も思わせぶりりあんとな感じなのに…ナッシング(涙)。ノジュールあってもスカ系ばかり。
どうにか、みつけたコザコザノジュールからポリプッチンがこんにちは。
ようやくサントニアンの化石発見〜(+∀+;)。
コレ以降も、セノマニアンのコザコザばかり続きました。

ひとりぼっちで夕方の山奥ウロウロは超コワイので、
はっきりと分かる地形を次回訪れた際の目印として帰ります。
置いてきた石を回収すると、あっと言う間に激重!!!
化石がマルッと出てくれたら、もっと軽くなるのですが、
コザ系ばっかしで、割る時間もなく、全部放り込んだので大変なコトに。
倒木からドスンと降りたら、リュックの肩ベルトと同時に足の筋が切れそうです〜(+∀+;)。

フラッフラでスタート地点に戻りました。
最初に見つけた石たちはリュックに入らないので、2度に分けて車に石を運びました。
重いばかりで大したものが入っていないのが、さすがのワタクシ(+∀+)です。エヘン。

帰りしな、幾つか気になる川をチェックしましたが、
どこも封鎖され、産地まで行き着くのはカナテコ大変そうでした。
あぁ…憧ればかりが募ります。

すっかり当てが外れた採取でしたが、大物を期待しなければ、
楽ちんセノマ・ゾーンのひとつなのではないかと…。
後は…どうRyoさんをダマして連れてくるかが課題です(笑)。

帰ってきてから、アルビアンさんに御報告したところ、
詳細な情報とお返事が(+∀+;)オソルベシアルビアンサン…。
北海道にアルビアンさん未踏の産地は無いのではないかと思うです(汗)。
少なくとも、ワタクシが歩く範囲では皆無なのは間違い無しです。

コキタナイ写真をアップします。
ドカンと物量だけはあります。
e0290546_1413419.jpg

大きなオボ様
e0290546_141417.jpg

分かり難いですが、トリゴニアさんだと思うがです。
e0290546_1414514.jpg

この細い巻貝もフクドゥ上でよく見かけます。
e0290546_1421785.jpg

めっさ小さなアンモナイト。
e0290546_1422262.jpg

巻貝
e0290546_1422638.jpg

ここにも小さなアンモナイトが...
e0290546_1423369.jpg

この二枚貝も見た事ある〜
e0290546_1423777.jpg

トリゴニアさんの雌型。ミフネンシス?
e0290546_1424293.jpg
e0290546_1425069.jpg

初セノマーサンゴさん。
e0290546_1452027.jpg

唯一のサントニアン化石。
e0290546_1425490.jpg

これは...ハウエリさんのオコチャマ?
e0290546_1424619.jpg

[PR]
by motoronron | 2013-07-14 14:10 | もろもろ産地 | Comments(12)
Ryoさんのお休みも終わり、本日、兵庫へと旅立ってゆきました〜(+∀+)ガンバッテー。

お休みの間に出来る事を全部ギュ〜詰め。。。
故に化石採取は、いつもより軽めで時間も短めでした。

・アッシーベッシー
ホロッコーに行くも...入口で「トンネル工事してるので入れまてーん!!」と門前払い系(涙)。
泣く泣く、ソーカオマッピーからアッシー本流あたりをウロウロ。雨がチラホラ。
e0290546_15421769.jpg

ゴードーの焼酎瓶をゲッチョ。あんまし古くはないけどレトロ感はイイ感じ。
近くには古いお茶碗の破片も。
e0290546_15424188.jpg

うげろん...(+∀+;)折角のアナゴー様...外巻メチャクチャ〜(涙)。
e0290546_15425751.jpg

河原の石は全てホワイトニングされて、全部同じ色になってま〜。探し難いコトこの上無し。
e0290546_1543426.jpg

ハンマー破損...(涙)! 先っちょが飛んでいってしまいました。
まさか、ココが取れるとは。。。酷使しすぎました〜。
e0290546_15431870.jpg

・ダイスキノ川
前回ナイナイだったので期待はしていませんでしたが〜、
やっぱし、今年のダイスキノ川は「ナイナイ警報発令中」の様です(涙)。
川霧もわもわ、雨に濡れてグチョチョ〜ン
e0290546_15433436.jpg

クリーム・ゴードリさん。
e0290546_15434257.jpg

赤銅色でキレ〜なゴードリさん。
e0290546_1635964.jpg


・ふくどぅ〜上
夕方くらいにちょっこし採取。めっさ暑かったです〜。
e0290546_15435447.jpg

Ryoさんが、大きめで形の良いウニとオウムガイをゲッチョ。
e0290546_1632745.jpg


・おしら〜理科リベンジ!!
3年前の夏に来て敗退以来おひさしびり〜。相変わらず流れは力強く渡るのはちと大変。
e0290546_15441223.jpg

現地到着と同時に雨〜。ひ〜!!
e0290546_15442719.jpg

大好きな大露頭と川の中から色々化石をゲッチョ(+∀+;)!!!マルマルウニウニ。
e0290546_15443648.jpg

オウナガイ、ルシノマ、ソデガイ、ウニ、ボラ系...
e0290546_15444247.jpg
帰りしな、ホロッとおしら〜里香に寄るも
「今から橋作るし、"じょっぴん"かるから、デ・テ・ケ!!」と追い返されました〜(涙)。
[PR]
by motoronron | 2013-07-09 16:05 | その他 | Comments(26)
どもようございます(+∀+)。

平素はひとかたならぬ御厚情にあずかりまくりめっさブ厚く御礼申し上げますです。

ワタクシめ、ここのところ、めっさお忙氏です。
(それでも採取には行ってきましたよ〜)
そゆワケで、モトロンピューターのCPU処理能力をズガンとマルッと越えてしまいました。
皆様のブログ様にもいけたりいけなかったり〜(涙)。
しっかりとイイ加減なコメントを書く為にも、
ちょっこしお休みさせて下さいませ〜。

迅速にしてビュンビュンな復旧を目指します〜(+∀+;)!!!!

株式系有限会社 もとろん工業水産研究証券青果店
[PR]
by motoronron | 2013-07-06 11:01 | その他 | Comments(18)