ブログトップ

化石のはなし

motoron.exblog.jp

北海道で化石採取をしている motoron と Ryoのブログです。

2015年 3月上旬


その日は、ワタクシの誕生日でした。

毎年、自分でケーキや料理を作るのですが…。Ryoさんのお休みが短いので、

化石採取に行くことにしました。目指すは初山別!!


最初に初山別を訪れたのは2011年10月。

数日前に雨竜でイモートさんがカシパンウニを採取したのを見て、

その頃、大きめのカシパンウニを採ったことのないワタクシたちは羨ましかったのです。

「カシパンいいね…羨ましいね…(^ ^;)」「カシパンウニが出るのはドコでしょね(+∀+;)?」

本に”初山別で密集して出る”と紹介されていたので、早速、出かけましたが、

この時は波も高く、とても目的のゾーンには到達出来ませんでした。

その日の記事はコチラ


その後も初山別を訪れましたが、タイミングが悪くいつもウニに出会えませんでした。

今度こそは、とリベンジです。

朝に弱いワタクシですから、前夜のうちに全ての荷物を車に詰め込み、

起きて出発するだけの状態に準備を整えました。

しかし…いつも夜の遅いワタクシは寝ることが出来ません。

Ryoさんはあっという間に眠りにつき、横でスースーと寝息をたてています。

結局、ワタクシはほとんど眠ることが出来ず、目覚まし時計が鳴るや勢いよく止めたのでした。


行きの車中も寝ているRyoさん。

「そうか…遠出の時、Ryoさんはいつもより早く寝て、現地まで寝るのですから、普段以上に睡眠時間が長いのですよね…(+∀+;)いいな~…」

暗い車内、iPodに入れてきた落語がかすかに流れていました。


留萌を過ぎ、セイコーマート(北海道でポピュラーなコンビニ)で朝食を買います。

「あと1時間もあれば着きますよ」

「今日はどんなかな?いつもウニゾーンに行けないからな~」

「まぁ、ウニが採れなくても、化石は豊富なところですから何かありますよ」

「でも、もうクジラはいらね!!」

「骨はね~…よほどちゃんとしていないと、ですよね(+∀+;)破片ですと微妙ですし、大きいのはカッコイイのですが、想像以上に重くって持てませんでしたよね(笑)」


天文台のイラストをあしらった初山別のカントリーサインが現れました。

よいお天気で、空気はまだ冷たくとも、肌にあたる日光はすっかり春のものです。

いつも車を停める所を過ぎ、今回は逆側から歩くことにしました。

残雪も多くありましたが、運良く車を置けるスペースをみつけました。

早速、ウェーダーを履いて、一足ごと雪に埋もれながら海へ降りて行きました。

e0290546_03341658.jpg
e0290546_03300458.jpg

Ryoさんは海岸沿いをズンズン進み、テトラを乗り越え視界から消えてゆきました。

ワタクシは露頭に登ったり降りたり、地質を観察しながらゆっくり歩きます。

なかなかウニの化石はみつかりません。

露頭には大小沢山のノジュールが入っていますが、望来に比べ化石の含有は少ないです。

e0290546_03301125.jpg

南下してゆくと貝化石が多く見られる様になりました。

取り出すのは難しいですが美しい植物化石もありました。

e0290546_03311165.jpg
e0290546_03314330.jpg

「Ryoさんありましたか~?」

「ん~、無いね。どんな石にはいってるのかな~?」

「写真ではかなり粗めの砂岩に見えましたよ」

「そんなのばっかだけどね。大きさは?」

「直径5cmくらいだそうですから、大きくてもせいぜいワタクシの小指くらいじゃないでしょうか」

「でも、いつもの豆カシパンじゃないんだよね~」

「あ、それよりは、ずっと大きいのは間違いないです」

「ビッシリ入っているのが欲しいな~(^ ^)」


途中、二枚貝や巻貝の入ったノジュールを割ります。

河原石の様に硬く、表面もワタクシたちが普段見慣れたノジュールとは随分と違うので

化石が見えない状態で落ちていたらノジュールとは気づかないかもしれません。。

大きな岩を夢中で割っていると汗が噴き出してきました。

ワタクシは、コートを脱ぎ、フリースも脱ぎ、Tシャツになりました。

まさか、3月の北の海で、こんな格好で歩くことになるとは思いませんでした。

露頭の下部、波が侵食した洞穴がいくつもあります。

その中には鐘乳石のような大きなツララが出来、

内部に滴り落ちる水滴は、青白いぬらぬらとした物のけを作り上げていました。


「この中から見る海はいいですね」

「気持ちがイイよね~、風景がくっきり見える感じだね。...それにしても、なかなかウニがいないね~」

「石の雰囲気からしても、この辺りだと思いますよ。これまでワタクシたちが歩けなかったゾーンに入りましたし」


海へとせり出した大岩の縁を波の引くタイミングを見計らって乗り越えます。

もうひとつの岩を超えた時、足元にウニの痕跡を見つけました。

「Ryoさん!! これこれっ(+∀+;)!!見つけましたよ~!」

「あ、ホントだ。こんな感じなんだね~」

「似たような岩を探しましょう!!」

この後は沢山のウニ化石を見つけました。

美しい花模様を雌型に残して溶け去ってしまったもの、

細かく複雑な針金細工のような内部のみ残したもの、

一見まともそうに見えて、裏表の皮と内部の三つに分かれてしまうもの…。


随分粘りましたが、完全なものを得ることは難しいのがわかりました。

仕方が無いので少しでも状態の良いもの、観察しやすいものだけを採取しました。

「大きな岩に入っているので、どうしても小割りする時に壊しちゃいますね」

「簡単にバラバラになっちゃうから、復元も難しそうだよ」

「せっかく見つけたのに~(+∀+;)」

結局、3時近くまで化石採取をしました。

良い化石が沢山とれたとは言えませんが、念願のカシパンウニ化石を採取出来

思い出に残る良い誕生日となりました。


羽幌の街を過ぎる時…

「あぁーあ、また、この海鮮屋さんに入れなかった」

「11時~3時という営業時間、ホントどうかと思うんですよね~(+∀+;)!! ちょうど、そのくらいの時間は採取の真っ最中ですから、この先も食べることは出来なそうですね…」

「ま、帰ってなんか食べよ(^ ^)ケーキも食べたいな~」

「はい~(+∀+;)。作ります~。はぴばーすでぃ、とうーみー…」


帰りしな、苫前の露頭で植物化石を採取している最中、猛吹雪に会い、慌てて帰路につきました。


50mm

e0290546_03350238.jpg










[PR]
# by motoronron | 2016-02-23 03:36 | 道北 | Comments(18)
石狩市モーライで沢山の化石が採れるのは、これまでご紹介してきた通り。
崖の下に転がる化石を集めるだけでも結構な数と種類があり楽しいです。
ただ風化が進んでいることが多いのが難点です。
やはり保存の良さは、ノジュールの中に入っているものが一番です。
e0290546_02403802.jpg
ワタクシたちが「ノジュールの旬」と呼ぶ時期があります。
台風が過ぎた後の穏やかな日、初冬から厳寒の時期、春、凍った露頭が溶けて崩れ始める頃。
海水浴シーズンはあまり見かけません。もちろん全く無いわけではありませんから、
焼けた砂浜をふぅふぅ言いながら歩けば、
面白い化石と出会えるかもしれません。

9月下旬
家庭菜園の帰りにモーライに寄ってみました。
e0290546_02321377.jpg
e0290546_02321575.jpg
波は穏やかで水の中もよく見えます。
こんな時は、普段指をくわえて見ているだけの海中のノジュールも拾えるので狙い目です。

ノジュールの多いゾーンに来ました。もう見えています。白っぽく見えるのがノジュールです。
e0290546_02321753.jpg
e0290546_02321933.jpg

Ryoさんが片っ端から拾い集め、ワタクシがどんどん割ります。
わずか数分、十数メートルほどで、こんなに集まりました。
e0290546_02322114.jpg
e0290546_02322393.jpg
数歩進めばノジュールがいくつも拾えます。
そう珍しい化石は出てこないかもしれませんが、
割ってみなければ、探してみなければ、そんな化石にも出会えません。
長い北海道の冬ももうじき終わります。
春には、みなさまもお弁当をもって気軽に化石採取にお出かけになって下さい。

ただ、絶えず崩落している崖の下だということはお忘れなく。
e0290546_02322583.jpg
e0290546_02404020.jpg








[PR]
# by motoronron | 2016-02-22 02:43 | 石狩 | Comments(18)
昨日のアルビアンさんの記事とコラボ...?です。

2014年 7月中旬

大雨の中、アッシーベッシーのお月見の沢を歩きました。
どうにか川の入口までたどりついたと言うのに、橋が崩落していて渡れません。
すっかり当てが外れてしまいましたが、最下流では植物化石も出るようなので、
橋を降り、そこから上流へ向かいました。
e0290546_02312103.jpg
e0290546_02311881.jpg
荒々しい岩が続く景観が素晴らしく、とても気持ちの良い川歩きでした。
増水して河原を見ることはできませんでしたが、途中で大きなプゾシアの破片を拾いました。
e0290546_02313535.jpg
余分な部分を落としてクリーニングしたのが下の標本です。
欠け、変形もありますが、黒い肌に薄く金色をまとい美しい化石です。

160mm
e0290546_15453326.jpg


この時の巡検の詳細はコチラ(+∀+)!







[PR]
# by motoronron | 2016-02-21 02:35 | 芦別 | Comments(8)
昨年、最も歩いたオビラッチョの沢。
沢山の良きものを採取しました。
e0290546_02153859.jpg
この沢は新生代の化石がチラホラ落ちています。
アンモナイト採取の方は「三紀か!」と言って嫌うのですが、
ワタクシからしてみると、とってもお得な沢と言えます。

この三紀は「築別層」と呼ばれる、有名な中新世の層です。
かつて築別炭鉱があり、古くから調査されているため研究も進んでいると思います。
しかし、この層に注目して化石採取をしておられる方は少ないかもしれません。
ネットに出てくる化石写真の多くは、アマチュアの方のものですから、
検索してもあまりヒットしないのは必然です。

道北には築別層が広くあるので、ワタクシは白亜紀産地に行く度、
あわせて築別層の化石も採取しています。
いずれも珍しいものではないのでしょうが、
ワタクシにとっては新鮮で夢中になってしまいます。
産出化石リストにないものが出てくると嬉しいものです。

北のダイスキノ川の築別層は粗めの砂岩で礫が混じります。下部なのかもしれません。
下はホタテ系の化石です。
e0290546_02154102.jpg
保存状態が悪いのでなんとも言えませんが、
出た瞬間は「コシバニシキ(+∀+)!??」と思いました。
もし、詳しい方がいらっしゃいましたら、是非ご教示くださいませ。
ご要望があれば、違う角度の写真も追加いたします。
e0290546_02154470.jpg
e0290546_02154608.jpg

「今、築別層が超アツイ!! もんげーアツイ!! ワタクシの中だけでっ(+∀+)!!」
と、いうことで....今年はどんな化石にであえるか、今から楽しみなのでした。







[PR]
# by motoronron | 2016-02-20 02:17 | 小平 | Comments(6)

2012年9月


Ryoさん長期出張前日。

しばらく、どこへも行けないから…ということで、すこし遠出をしました。

久しぶりに小平にやってきましたが、あいにく連日の大雨の直後。

青空が見えても、川幅はすっかり広くなって河原の石を見る事も出来ません。

濁った川の中を右往左往。わずかにのぞいた石溜まりを渡り歩きます。

ワタクシは、ようやく綺麗なイチョウの葉を見つけたというのに、

トリミング中、まさかの川ポチャ…(+∀+;)。。。

なんとか拾い出そうと川底を探っていると、

Ryoさんが向こう岸からザブザブと川を漕いでやって来ました。

「コレと、コレ。何かな?」

「こっちは、ユーボですね。太いですが一部しかないと思います。もう一つはアナゴーですね。ほら、波打った肋のラインが見えるでしょ?」

「そっか~。欠けちゃってるけど、持って帰るでしょ?今日はあんまり採れないみたいだし」

「そうなんですよ~(涙)。今、やっと見つけたイチョウの葉っぱ、落としちゃったんです…」

「(笑)ムリムリ、こんな濁った川の中からなんて探せないよ。ここは諦めて、他の川に行こうよ」

確かに、化石採取が出来る状態ではありませんでした。

横沢を幾つかを歩き、結局毎度のミドメモを少し覗いて帰りました。

Ryoさんは、採取したアナゴーは石から見えている部分だけだと思ったのか、しばらくの間放置していましたが

当時、あまりコニアシアンを歩いていなかったワタクシたちにとっては割と良い標本だったので

「これ、もう少し続きあるみたいですから、きっとイイ標本になりますよ〜(+∀+)」と促しました。


115mm

クリーニングは完成したのですが、その写真はブログにUPされることなくお蔵入り。

…と、書いたところで思い出しました! 2012年大晦日企画で「民謡・化石節」を掲載しました。

あの歌詞の背景にあるのが、今回のRyoさんの白いアナゴーでした(笑)。


ところで「民謡・化石節」どなたか歌ってくださいませんか?

ちゃんとメロディーもあるのですぅ~(+∀+)!!

参照記事

「小平に行ってきました〜(+∀+)!!」

「大晦日おありがとうございました〜(+∀+)!!!」











[PR]
# by motoronron | 2016-02-19 02:40 | 小平 | Comments(16)

石狩市厚田区望来で産出する化石は、地質図の説明書にも記載されていますが、

60年近く前のものですから、さすがに情報が古くなってきました。

今は石狩市の公式リストを参照するのが一番です。

専門家の方が多くの資料を元に作った最新版です。


それでも、残念なことに何故かリストから外されている貝も多くあります。

今回、ご紹介する小さな小さな二枚貝「ハトムギソデガイ」もそのひとつです。

ネット検索したところ、望来に関するものは、先日ワタクシが書いた記事のみでした(涙)。


主にノジュールの中から産出するので、崖下で拾ったりはできません。

もし、あったとしても小さくて気付かないかもしれません。

こざこざ系の密集ノジュールを割るとかなりの高確率でハトムギソデガイが出てきます。

複数入っていることもよくあります。


望来の化石にしては珍しく分離も保存も良好です。

コロンと厚みのあるフォルムも可愛いらしく

肋と形も美しいので、出たら必ず持ち帰ってしまいます。

ハトムギソデガイの仲間はいくつかいるようですが、

キリリとした肋の感じからハトムギソデガイと同定しました。

(もし間違えていましたら、どうか御遠慮無くご指摘下さい。可及的速やかにソッコー爆速系で修正致します)


小さくて地味な二枚貝ですが、ワタクシたちのお気に入りの貝化石です。


ハトムギソデガイ Neilonella dubia

殻長13mm~14mm (図鑑には10mmとあるのでやっぱりちょっと大きい?)

水深100m~500m











[PR]
# by motoronron | 2016-02-18 01:45 | 石狩 | Comments(12)
2010年10月

三笠の沢を順に歩き、とうとう夕張ゾーンに到達しました。
小さな谷川に買ったばかりのロープを使って下りました。
化石はあまりなかったけれど、初めての沢を歩くのは楽しいものです。
ワタクシはキノコを採り、Ryoさんは「珍しいクモがいたよ〜(^ ^)」と
ロープにつかまったまま写真を撮ったり...。

そんなわけで、何を持ち帰ったか、さっぱり記憶にありませんでしたが、
箱を開けると少しだけ石が入っていました。
ものになるかわからないゴードリセラス...。
Ryoさんがコンコンとクリーニングをしている横で
ワタクシも並んで一緒に作業をしました。

「あまり状態の良いものではありませんが、こうしてみると、見られるものですね」
「うん、イイ感じよ。で、これ、どこの?」
「ほら、夕張の小さな沢で...ロープで降りた...」
「知らない、わからない、おぼえてない」
「え〜...(+∀+;)結構苦労して降りたんですけど〜」
「ぜんぜん記憶にございません」
「ほら、Ryoさん、クモの写真を撮ってたじゃないですか〜」
「あ、わかった(^ ^)!あそこか〜。」
「それは、覚えてるんですね...(+∀+;)。。。」

縦140mm
e0290546_01380250.jpg






[PR]
# by motoronron | 2016-02-17 01:40 | 夕張 | Comments(22)

石狩市厚田区の海岸沿いの崖下を歩くと沢山の中新世の貝化石に出会えます。

その中でもツノガイは最もよく見かける種のひとつです。


これまで「ヤスリツノガイ」と紹介されてきましたが、

石狩市の資料館のリストには「シンカイフトツノガイ」という種も加わっていました。

地質図幅説明書「厚田」(昭和31年発刊)には


Dentalium yokoyamai(ヤスリツノガイ)

Dentalium sp.


の、2種類が載っていました。

このsp.がシンカイフトツノガイ(D.horikoshii)を指すのか不明ですが、

ワタクシもDentaliumの仲間は2種しか確認していません。


この産地、産出数の割にツノガイの完全体は得られません。

露頭から直接出るものは風化してもろく、浜に転がっているものは寸断され磨耗しています。

「目玉のおやじ」よろしく断面が覗くノジュールは名物と言えるほど沢山拾えますが、

やはり短い上、ちゃんと化石を取り出すのは至難の技。

長い楕円形ノジュールに殻頂が少し覗いているものは

保存が良好かもしれませんが、ハンマーで叩くとほぼ間違いなく破損します。


シンカイフトツノガイの方が「太」というくらいですから、

やや、ずんぐりした印象がありますが、細切れになっていてはわかりません。

現地で少しでもマシな破片を見つけたら、縦肋を観察してみましょう。


比較表を見れば、違いは一目瞭然。

シンカイフトツノガイの方が圧倒的に肋の数が多いです。

半周程度数えることが出来れば十分でしょう。


つぎに断面の形状です。ルーペなどで観察すると下の様になっています。

(わかりやすい様に大げさに表現しています)


「ヤスリツノガイ」


平坦な印象です。

e0290546_02381834.jpg

e0290546_02173349.jpg

表面には縦肋と交わる微細な輪肋がはっきりと見えます。

(上の写真右側、光が反射しているあたりがわかりやすいです)

e0290546_02391560.jpg

「シンカイフトツノガイ」

幅広の肋は平で、細い肋は丸みを帯びています。

ヤスリツノガイの様な交差する線はやや不明瞭です。

e0290546_02391176.jpg

e0290546_02173007.jpg

少々判りにくいですが、ルーペなどで確認すると特徴が見えてくると思います。

学名のDentaliumは、dental 「歯」に由来します。
英語ではtusk shellやtooth shellというようです。tuskは「牙」toothは、やはり「歯」のことです。
いずれもイメージにピッタリですね。

最近の図鑑を見ると、Dentalium yokoyamai Fissidentalium yokoyamaiとなっていました。
確証はないのですが、fissiは「割れた」というニュアンスの意味の様です。
上の表、ヤスリツノガイの特徴の説明に「殻頂に長い切れ込み」とあります。
これに関係があるのかしらん?と思っています。
ただ、モーライで殻頂まで保存された化石を得るのは、奇跡のようなことですけれどね(+∀+;)!!
e0290546_02173517.jpg






[PR]
# by motoronron | 2016-02-16 02:45 | 石狩 | Comments(14)